ブログblog

MINIクラブマン・クーパーD。
クルマの話題

MINIクラブマン・クーパーD。

この度、320iが車検でディーラーに入庫しましたので代車が出ました。クラブマン・クーパーDというグレード。MINIにはこれまで何度か複数の車種(グレード?)に乗ったことがありますが、正直あまり良い印象は残っていませんでした。ところが、2.0Lのディーゼルエンジンを積むこのクルマは目から鱗の出来映えです。
まずはハンドリング。MINIらしく機敏ではありますが、過敏ではありません。軽いめの力で正確に操作出来、地面の様子も的確に伝えてきます。戻りの反力が少し弱いので、直進に気を使わされるのが惜しいところです。
サスペンションは大幅に良くなったように思います。これまではゴツゴツと小さな振動を絶えず伝えてきて落ち着きませんでした。しかし、このクルマのタイヤはとっても良く動き、ゴツゴツがコリコリとなり、フラットライド感が増して挙動に落ちつきが出ました。
ディーゼルらしく低回転で力を発揮するエンジンは、ほんの1500回転も回っていればたいがいのことは出来てしまいます。スタートから力強く、アクセルに加える小さな加減にもしっかりと反応します。一定速で淡々と走る時の気持ち良さはガソリンエンジンでは味わえないものです。走り出してさえしまえば音も気になりません。ただし、アイドリング時の音圧は鼓膜から脳みそを直接刺激するようで不快です。これさえなければ言うことなしのエンジンなのですが・・・。
夜には、ドアを開けると地面に、ゴッサムシティの警察がバットマンを呼ぶような絵柄が浮かび上がります。すごい・・・こんなところも、このクルマがプレミアムであることの証しなのでしょう。
総じて、1年ほど前とは比べものにならないぐらいに洗練されました。クルマにとっての1年は、私の1年より、よほど充実しているようです。
新しいタイヤの点検。
クルマの話題

新しいタイヤの点検。

昨年末に320iのタイヤを交換してから1ヶ月半ぐらい経ちました。相変わらず、乗り心地は少し良くなって運動性は少し悪くなった・・・の印象は変わりません。新しいタイヤを入れると、とりあえずこのくらいで一度点検しておかないと万が一が心配・・・という訳で、本日はタイヤの点検(主に空気圧)に行ってきました。早いものでその間にすでに3,000キロぐらい走っています。
結果は・・・特に悪いところはありませんでしたが、空気が少し減っていました。当初2.7kgf/cm2で揃えてもらっていたやつが2.5kgf/cm2・・・ほんの0.2・・・とお思いでしょうが、ほんの・・・が積もり積もって大変な事態を引き起こした例はひきもきりません。これまでの感覚で言うと1ヶ月半で0.2の減りは少し大きい。まずは当初の空気圧に戻してもらって様子を見ることにしました。減りが大きいままだと、空気の代わりに窒素などを入れることを検討した方が良いかもしれません・・・何ごともありませんように・・・と祈りながら、少しの間は空気圧に注意しておくことにします。
このクルマは・・・!
クルマの話題

このクルマは・・・!

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
当事務所は建築関係としては早めの本日(4日)からの営業です。本年も頑張ってまいります。
と言いながら・・・話題はお正月休みのこと・・・今年の幕開けも駅伝で始まりました。1日の実業団に始まり、2,3日の箱根・・・いやあ~、今年も熱の入った走りを堪能しました。特に3日の箱根の復路・・・連覇を重ねる青学を破って、東海大の見事な総合優勝・・・いやあ~ご立派です。感動ものでした。
ところで・・・私が気になったのは先頭を走るランナーのすぐ後ろにあったあのクルマ(白バイの後ろの白くて四角いセダン)のこと・・・そう、トヨタ・センチュリーのこと。最近20数年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタの最高級車。先日新しい御料車に採用・・・と噂になったあのクルマ。ほとんどが法人使用でおエライさんを乗せて走るのであまり一般の興味を引きませんが、押しも押されもしない日本の最高峰にあるクルマ。新型はV8を積んでいるらしいけど、旧型は日本で唯一のV12。何ごとかがあった時にも片側バンクの6気筒で窮地を脱することが出来るようにと配慮されているような特殊なクルマ。それが何で箱根を走っているの?どんなお偉いさんが乗ってるの?しかも、よく見ると標準車ではない。あちこちにチューンの跡がある・・・車高を落として、太いタイヤをはいて、空力パーツを付けて・・・一体何が起こっているの。
不思議に思っていたら、そんな人が多かったらしく本日のネットニュースでも取り上げられていました。センチュリーGRMNとか言う特殊な車両で世界に2台しか無いものなのだそうな・・・こりゃあトヨタも最近のクルマ離れに対応して、本気のイメージチェンジ戦略に乗り出したかな?
旅のお供はトヨタ・ノア。
クルマの話題

旅のお供はトヨタ・ノア。

福岡研修で最後にご紹介するのは、3日間の足として私たちと付き合ったトヨタ・ノアです。少し前の滋賀県・近江八幡の研修でもトヨタ・アルファードを借りました。最近はワンボックスにはあまり乗ってないので、今回のノアの印象はアルファードと比べて・・・といふうに、知らず知らずなっているかもしれません。
ノアはミニバンとしては中型、アルファードは大型です。扱いやすいのは当然としても、車体の剛性感もノアの方が高く感じます。アルファードでは時としてボディーがブルブルと震えるような不快な振動を感じましたが、ノアではそれを感じません。ハンドルを切った時もスッキリと方向を変えるのはノアです。ミニバンに乗っていても、運転手に専念・・・みたいな感覚が少ないのです。乗り心地は思ったよりもよほど良く感じました。大きな衝撃は伝えてきますが、細かな凸凹は随分とカットしてくれます。1,600㌔ほどの車重に150馬力程度の出力ですが、力不足はそんなに感じません。多くの人を乗せてはいても、走行はゆっくりですから当然かもしれません。
標準あたりのグレードだと思いますが、必要な装備はちゃんと付いています。中央席は両側スライドドアーでワンノッチで自動開閉します。床も低く、乗り降りに苦労はまったくありません。大柄で、乗りにくくて、走らなくて・・・みたいな一昔前の感覚はもはや見当たりません。最新の安全装置がてんこ盛りされてなくても、これで実用上は充分・・・最近のミニバンの実力を再認識したしだいです。
宣伝カー。
クルマの話題

宣伝カー。

バブルの時代にはちょくちょく見かけたこの手の宣伝カーもこのところはめっきりと見かけなくなりました。今回、和歌山市内で見かけたのはレッドブルの宣伝カー。母体はMINI・・・なるほど、コマーシャルに使おうと思ったら、素材からオシャレなやつでないと・・・良く分かってらっしゃる。
運転していたのは若い女の子。最近の子は、こんな車イヤ!・・・などと仕事でも平気で言うのかと思っていましたが、しっかりと区切りの付く子も当然居るわけで・・・安心しました。
それにしてもクルマの出来がとてもきれい。Bピラーから後ろの部分をトランクと共にとってしまって、商品の缶を模したものを上に乗せ、ちゃんと防水出来るように覆いを作り直して被せている・・・今時、こんな手の込んだ仕事が出来る事業者が生き残っていたのだなあ~。
ここまでやると特殊車両か?と思いきや通常ナンバーが付いています・・・全高まで変わっているのにどういうこと?
ポテンザ S001 RFT。
クルマの話題

ポテンザ S001 RFT。

ディーラーからは、もうそろそろですよ・・・とは言われていましたが、貧乏性故まだ溝が残っているように思えてなかなか踏み切れなかったタイヤ交換。このたび意を決して入れ替えてきました。入れたタイヤはブリジストンのポテンザ S001 RFT(ランフラットタイヤ)。ちなみに元々入っていたのはコンチネンタルのスポーツコンタクト5こちらもRFTです。
実は、次に入れ替えるならレグのなどの乗り心地の良いタイヤで魔法の絨毯のような乗り心地が欲しい・・・と密かに思っていたのです。ところがネットを色々に検索してみると、元々がRFTの入っていたクルマにノーマルタイヤを入れると乗り心地がぶよぶよに・・・なんて書いてあったものですから、弱気な私はつい二の足を踏んでしまって・・・そんなことなら・・・と仕方なく今回の選択となったわけです。
さて、換えてみての感想です。比較はスポーツコンタクト5の残り山2部ほどのものと、ポテンザ S001の新品、いずれもRFTです。
乗り心地は確実に良くなりました。相変わらず地面の不整はよく拾いますが、ゴンゴン来ていたやつの角が取れてコツコツぐらいにはなっていると思います。その代わり、ステアリングの初期応答があきらかに鈍くなっています。逆の言い方をしますと、ハンドルの小さな動きにあまり敏感に反応することがなくなったので、気楽になった・・・と言えば、そう言えるかもしれません。激しく攻めたわけではありませんので絶対性能までは語れませんが、舵の効きといい、接地感といい、スポーツするという観点からは純正のコンチネンタルのスポーツコンタクト5の方がマッチングが良い(スポーツ性能が高い)かもしれません。同じスポーツのジャンルにあるタイヤでも生まれた国の事情によって求める性能の優先順位が違います。絶対速度の速いヨーロッパでは、快適性よりも運動性能の方が優先されるようです。
いつも隣に乗る家内からは、見違えるほどに乗り心地が良くなった・・・という好評価です。私も、ポテンザ S001 の方が自分の使い方には合っていると思います。ひとまずは今回のタイヤ乗り換えは成功・・・と言っておきましょう。
320i 燃費が伸びています。
クルマの話題

320i 燃費が伸びています。

661キロ走って37.5㍑の燃料消費。ですから17.62キロ/リッターの燃費・・・これ、なかなかに良くないですか。車載の燃費計は16.2キロ/リッターを示していますから、満タン法とは少し数字が違っていますが、いずれにしても優秀な数字です。
先日、オイル交換や点火プラグの交換をしたばかりなのでそんな影響もあるのでしょうか?大阪・豊中の現場通い(高速道路走行)が燃費に効いているのでしょうか?はたまた、エアコンが必要ない季節になりましたから、これが響いているのでしょうか?・・・実は少し前から車載の燃費計では16キロ/リッター、満タン法では17キロ/リッターをコンスタントに越えています。諸々の燃費に都合良い環境や状況が重なったとはいえ、排気量2リッターのターボ車を気持ち良く走らせてこの燃費は立派なものです。
だいたいどの車も、3万キロ~7万キロぐらいの走行距離の間はいろんなところの調子が良くなるものです。願わくばこのまま好調を維持したいところです。
MINIクロスオーバーに乗りました。
クルマの話題

MINIクロスオーバーに乗りました。

当初、オイル換えだけの予定でメンテに入った320iですが、プラグの交換まで必要になったことで待ち時間が長くなり、それならこれを代車に・・・と貸してくれたのがMINIクロスオーバーです。一口にMINIと言っても信じられないくらいにバリエーションがあります。中でもクロスオーバーは一番大きな車体のSUVチックな車種。もはやMINI(ミニ)と呼べないほどに大きいです。
最近ではディーゼルも評判が良く、クロスオーバーなどは、そちらの方が人気かなあ~・・・とも思いましたが、お預かりしたのはガソリンモデル。1.5リッターの3気筒のターボ車でした。
実は、走り始めからどうもガソリン車に乗っているという自信が持てず、給油口を開けてハイオクの表示を見てはじめてガソリン車だと確信した次第。それほど最近のディーゼル車は音も振動も静かです。逆の言い方をすれば、このクルマが1.5リッターのわりには力強くて、その代わり振動や音はガソリン車としては気になる方だった・・・ということでしょうか。路面の不整も結構拾っていました。
音はエモーショナルに聞かせて、振動は心地よく伝える、足回りはスムーズよりもキビキビを優先して・・・例え大柄なクロスオーバーといえど、これがMINIの味・・・ということでしょうか。そう思いながら走れば、なるほどBMWで造られていてもBMWとは明確に違い、個性はとてもストレートに表現されています。
320i オイル換え。
クルマの話題

320i オイル換え。

320i がオイル換えの時期を迎えました。納車から2年と8ヶ月しか経っていないのですが、すでに63,000㌔近く走っています。今回が3回目のオイル換え(フィルターとも)ですから、21,000㌔ごとの交換サイクルということになります・・・長すぎて少し不安になるくらいのサイクルです。
走行距離も伸びているので・・・ということで、この際エアフィルターやエアコンフィルターと共にプラグ(4本とも)まで換えました。このままだと、5年乗ると10万を優に超えるペースです・・・まずい・・・しかし、好きで買った車ですから、下取りのことなど考えて加減するよりは、思い切って好きなだけ走ろうと思っています。
色々換わった後の走行感は・・・音が少し小さくなったように感じるのと、心なしかエンジンもスムーズになったように感じます。このところ、高速中心では燃費も16㌔/リッターを越えていたのですが、この調子だともう少し伸びそうな気もします。
メンテスペースに入れてもらうとボンネットを開けてエンジンカバーをはずしたところでした。このクルマのエンジンを見たのははじめてです。私が青春の頃には、エンジンスペースは所々から下の地面が見えたものですが、最近では複雑なパイプが縦横無尽に走って何が何だかさっぱり分かりません。キャブレターの調整バルブを触っては回転の調子を整えていた頃が懐かしく思えました。
はじめてのオイル換え。
クルマの話題

はじめてのオイル換え。

スイフト・スポーツが7月の初めに納車されてからはじめてのオイル換えを迎えました。現在走行は2,700㌔ほど・・・3ヶ月と少しの期間では標準的な走行距離でしょうか。実は1,000㌔点検の時にすでにディーラーからオイル換えの話はあったのですが、さすがに1,000㌔では早かろう・・・と、今回まで待ってもらったのです。
だいたい日本車はオイル交換のサイクルが短すぎます。3,000㌔も走っていればもう交換を進められます・・・それ、早くないですか?出来れば1年、又は10,000キロあたりが加減の良いところかなあ~・・・と思っているのですが、難しいことなのでしょうか?今回も、同時にフィルターも替えて下さい・・・と言ってみたところ、最近の日本車は良く出来ているのでフィルターはそんなに替える必要はありません・・・とのご返事。ならば・・・と、オイル換えについても先ほどのような考えが浮かんでしまうのです。
ところで、オイル換えの時には写真のようにオイルパンのドレンボルトをはずして行う下抜きと、上からポンプで抜く上抜きとがあります。印象では、ディーラー関係は下抜き、ショップでは上抜き・・・が多いように思います。金属はオイルより重い、下に溜まって当然ですから・・・私は断然何もかもがきれいに抜けそうな下抜き派です。