ブログblog

マツダ3に乗ってきました。
クルマの話題

マツダ3に乗ってきました。

オイル替えだけだと30分ぐらいで済みますよ・・・と聞いていたのですが、定期点検もそろそろ時期が来ています・・・ということで、もう少し時間がかかります・・・という話。その時に見つけたのが、新しくなったマツダ3・・・もう試乗車が来ていました。のぞき込んでいると、見てもらっても良いですよ・・・とキーを持ってきてくれました。調子に乗って、試乗できませんか?・・・と言うと、良いですよ・・・と気さくに答えてくれました。30分ほど走ってきてください・・・お言葉に甘えて・・・という訳で、最新のマツダ3に乗ってきました。
なるほどスタイルが良い。どこから見てもカッコイイ。乗り込んでみると室内の質感も良い。あまりゴテゴテしていないのに高級感がある。乗ったのはハッチバックのディーゼル車。いかにも前席優先のこしらえで、後席はチョッときつそう。運転席の囲まれ感も強いので、二人乗りを前提としてスタイル優先でスポーティーに仕上げました・・・という感じのクルマです。
エンジンを掛けるとディーゼル音。しかし、気にする人でないと分からないくらいの音。振動はまったく気になりません。走り出してしまうと、もはやガソリン車との差はほとんど感じません。軽快な回り方もガソリン車のよう。もう少しディーゼルの力強さが感じられるともっと良いのだけれど・・・。
足回りは上等。サスが良く動いて乗り心地はいい。しかし、低速では全体にゴムをねじっているようなねっとりした感覚がまとわりついて、操舵感はスッキリとはいきません。アクセル感覚もハンドルも、操作したとおりにキビキビと・・・という訳でもありません。どちらもワンテンポ遅れるように感じます。ZoomZoomだったり、人馬一体を標榜するメーカーの、しかもスポーツ寄りのクルマとしては物足りないところです。
オプションであろうBOSEのスピーカーから良い音が聞こえていましたから、クルマ自体の静粛性も良くなっているのでしょう。総じて出来の良いクルマであるがゆえにチョッとしたところが殊更に気になる・・・そんな試乗でした。
 
デミオ、オイル替え。
クルマの話題

デミオ、オイル替え。

デミオのオイルを新しくしてきました。いつもお世話になるのは田辺市新庄町の和歌山マツダ田辺店です。事前に予約を入れていましたので、朝の10時から一番乗りで作業にかかってもらえました。デミオは、半年又は5,000キロ走行ぐらいがオイル交換の目安です。ヨーロッパのクルマに比べるとやはり交換サイクルは速いようです。
帰りには、オイルが替わって大分印象も変わったか・・・と神経を研ぎ澄まして運転しましたが、違いは体感できませんでした。そのかわり、このクルマの乗り味を再確認することが出来ましたので少し感想を・・・。
あまり金も掛けられない量販車なのに、相変わらず乗り味は立派なものです。特に低速ではサスが良く動いていて、丸いタイヤがきれいに回っている感じがします。少し速度が上がっても車体はそんなに揺れませんから、単に柔らかいだけではなくて総合的にまとまりが良い・・・ということだと思います。この乗り味はガソリンエンジン車に顕著で、前の重いディーゼルでは得がたい感覚です。車体の剛性不足も気になりません。一体感を持ってクルマをスムーズに動かすことが出来ます。ただし、エンジンは気持ち良く走ろうと思えばパワー不足を感じます。CVTのクルマほどではありませんが、エンジンばかりが回って変速がくり返され、速度が付いてこないような感じがあります。マイナー後のクルマは1.5リッターのエンジンに積み変わっていますから、メーカーもその辺のところは良く承知していたのでしょう。とにかく小さなエンジンで燃費良く・・・と考えるよりも、クルマとしての総合性能を上げよう・・・という方向には賛成です。
現在2年目、約20,000キロの走行。調子が出てくるのはこれからです。以後、どんな様子か折に触れレポートします。
新型の320iに乗ってきました。
クルマの話題

新型の320iに乗ってきました。

オイル交換の間に、新しい320iに乗せてもらいました。外観上はそんなに変わったようには見えません。自動運転やコネクトビリティ強化などもそんなに興味はありません。走行感がどう変化しているか・・・私にはそこが大事です。
エンジンをかけてすぐ、静かでスムーズに回っていることに気付きます。一時停止しても、次の回り始めが滑らかです。聞いてみると、同じ2,000のターボエンジンですが、形式から新しくなっているのだそうな。私の乗っている型の後期から変わったのだそうです。
走り出すと、ハンドル操作に対するクルマの動きがとっても素直でスッキリしていて気持ち良い。車重も50キロほど軽くなっているのだそうですが、そんなことでは説明付かないほどの進化です。旧型が、しっとり・ドッシリ・・・と感じるほど軽快に動きます。ただし、タイヤのアタリは厳しい。オプションの19インチ(前40%・後35%の扁平率)を履いているのを考慮に入れても、路面の不整は拾いすぎ。ゴツゴツと来すぎます。もう少ししなやかな動きが欲しいところ。グレードがMスポーツだからそうなのか・・・スタンダードなサス設定のグレードも乗ってみたいところです。
エンジンは旧型と同じ184馬力、トルクは少しUPされているようです。力はこれで充分。少しアクセルを踏み込めば気持ち良く加速していきます。低速で感じたゴツゴツが高速ではどうなのか・・・街中でも気持ち良かったコーナーを曲がったときの気持ち良さが、高速道路ではどう影響するのか・・・ディーゼルエンジン車の走行感はどうなのか・・・ヤバイ!いろんな事が気になり始めました。
320iオイル替え。
クルマの話題

320iオイル替え。

320iのオイルを久し振りに替えてきました。前回のオイル替えが、ええ~と・・・昨年の11月、走行が63,000キロの時ですから、約半年ぶり、その間にちょうど15,000キロの走行です。不調ヶ所はどこもなく、それなりに調子良いです。年間30,000キロの走行ペース・・・よく走ったものだ。
燃費の方は15キロ/㍑~17キロ/㍑の間を行ったり来たり。7割が高速走行ですから、市街地中心の方よりは随分と良い数字です。それにしても2,000ccのターボ車で、省燃費運転などは特に考えず、時には追い越しで目一杯のアクセル・・・などと考えれば立派な数字です。これからエアコンの季節になりますから、少しはダウンするかも・・・。
ETCに何だか問題があったらしく、クレーム対応で新しいプログラムに更新したのだとか・・・どこでもETCには苦労しているようです。
 
スイフト定期ドック入り。
クルマの話題

スイフト定期ドック入り。

スイフト・スポーツが我が家に来てから1年足らず。相変わらず元気に走っていますが、定期点検にディーラーに入ることになりました。同時にETCの誤作動とオイル交換、それからリコール対応をしていただきました。
今回のリコールは、特に不具合ヶ所があって・・・というのではなく、検査資格のない人が検査をした・・・という最近流行の(?)リコールです。メーカーとしては、それなりに任せられる方に検査をさせたのでしょうから、私としてはたいそうにも思っていませんが、社会的には大変な問題なのでしょう。半日の日程ですっかり問題解決できて帰ってきました。
相変わらず走りの方は快調です。問題なし・・・と帰ってきましたが、リコール伝々の事よりも私はETCの事の方がよっぽど気に掛かる。ちょくちょく出入り口で反応のないことがあるようです。機械的な問題はなかった・・・とは言うものの、心配だなあ~。
特別先行内覧会。
クルマの話題

特別先行内覧会。

先日、表に大きく3・・・と書かれた封書が届きました。
BMWの3シリーズが新しくなったのは知っていましたが、とうとう和歌山のディーラーでも内覧会が始まったようです。内容は写真ばかりで特に読むものもなく、素っ気ないものでしたが、これを待っていた方々には朗報でしょう。私はというと・・・まだ初めての車検を受けたところですから、気持ちはそんなに踊りません。
このところの車社会の動向は、とにもかくにも安全性能・自動運転・コネクトビリティ強化の方向です。安全性能は高かったにこしたことはありませんが、度を超した自動運転やコネクトビリティ強化については、私は今のところあまり興味がないです。だって、自分の意志の通りに動かすことがクルマの楽しみの一つなのに、ほっといてもそこそこ大丈夫ですよとかこんなソフトが使えますよ・・・なんてクルマ、あまり楽しく感じない。
先日、X3を試乗した時にも、セールス氏が盛んに、ここのところは自動で、ここのところは放っておいても大丈夫・・・などと隣から口を出してきます。折角運転を楽しんでいるのに、君こそ放っておいてくれ・・・思わずそう言いたい気分でした。
クルマを、単なる輸送装置・・・とみた時には絶大なる恩恵をもたらす自動運転も、クルマ好きにはありがたくない場合や場面もあるものです。新しい3シリーズの売りは、自動運転に流れすぎる世間とは裏腹に、運転する楽しさを追求した・・・とのこと。冒頭に、気持ちはそんなに踊らない・・・と書きはしましたが、こんなに正面切って言われてしまっては、やはり試乗が楽しみになります。メーカが目指す、駆け抜ける歓び・・・はどの辺まで体感出来るのでしょうか。
MINIクラブマン・クーパーD。
クルマの話題

MINIクラブマン・クーパーD。

この度、320iが車検でディーラーに入庫しましたので代車が出ました。クラブマン・クーパーDというグレード。MINIにはこれまで何度か複数の車種(グレード?)に乗ったことがありますが、正直あまり良い印象は残っていませんでした。ところが、2.0Lのディーゼルエンジンを積むこのクルマは目から鱗の出来映えです。
まずはハンドリング。MINIらしく機敏ではありますが、過敏ではありません。軽いめの力で正確に操作出来、地面の様子も的確に伝えてきます。戻りの反力が少し弱いので、直進に気を使わされるのが惜しいところです。
サスペンションは大幅に良くなったように思います。これまではゴツゴツと小さな振動を絶えず伝えてきて落ち着きませんでした。しかし、このクルマのタイヤはとっても良く動き、ゴツゴツがコリコリとなり、フラットライド感が増して挙動に落ちつきが出ました。
ディーゼルらしく低回転で力を発揮するエンジンは、ほんの1500回転も回っていればたいがいのことは出来てしまいます。スタートから力強く、アクセルに加える小さな加減にもしっかりと反応します。一定速で淡々と走る時の気持ち良さはガソリンエンジンでは味わえないものです。走り出してさえしまえば音も気になりません。ただし、アイドリング時の音圧は鼓膜から脳みそを直接刺激するようで不快です。これさえなければ言うことなしのエンジンなのですが・・・。
夜には、ドアを開けると地面に、ゴッサムシティの警察がバットマンを呼ぶような絵柄が浮かび上がります。すごい・・・こんなところも、このクルマがプレミアムであることの証しなのでしょう。
総じて、1年ほど前とは比べものにならないぐらいに洗練されました。クルマにとっての1年は、私の1年より、よほど充実しているようです。
新しいタイヤの点検。
クルマの話題

新しいタイヤの点検。

昨年末に320iのタイヤを交換してから1ヶ月半ぐらい経ちました。相変わらず、乗り心地は少し良くなって運動性は少し悪くなった・・・の印象は変わりません。新しいタイヤを入れると、とりあえずこのくらいで一度点検しておかないと万が一が心配・・・という訳で、本日はタイヤの点検(主に空気圧)に行ってきました。早いものでその間にすでに3,000キロぐらい走っています。
結果は・・・特に悪いところはありませんでしたが、空気が少し減っていました。当初2.7kgf/cm2で揃えてもらっていたやつが2.5kgf/cm2・・・ほんの0.2・・・とお思いでしょうが、ほんの・・・が積もり積もって大変な事態を引き起こした例はひきもきりません。これまでの感覚で言うと1ヶ月半で0.2の減りは少し大きい。まずは当初の空気圧に戻してもらって様子を見ることにしました。減りが大きいままだと、空気の代わりに窒素などを入れることを検討した方が良いかもしれません・・・何ごともありませんように・・・と祈りながら、少しの間は空気圧に注意しておくことにします。
このクルマは・・・!
クルマの話題

このクルマは・・・!

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
当事務所は建築関係としては早めの本日(4日)からの営業です。本年も頑張ってまいります。
と言いながら・・・話題はお正月休みのこと・・・今年の幕開けも駅伝で始まりました。1日の実業団に始まり、2,3日の箱根・・・いやあ~、今年も熱の入った走りを堪能しました。特に3日の箱根の復路・・・連覇を重ねる青学を破って、東海大の見事な総合優勝・・・いやあ~ご立派です。感動ものでした。
ところで・・・私が気になったのは先頭を走るランナーのすぐ後ろにあったあのクルマ(白バイの後ろの白くて四角いセダン)のこと・・・そう、トヨタ・センチュリーのこと。最近20数年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタの最高級車。先日新しい御料車に採用・・・と噂になったあのクルマ。ほとんどが法人使用でおエライさんを乗せて走るのであまり一般の興味を引きませんが、押しも押されもしない日本の最高峰にあるクルマ。新型はV8を積んでいるらしいけど、旧型は日本で唯一のV12。何ごとかがあった時にも片側バンクの6気筒で窮地を脱することが出来るようにと配慮されているような特殊なクルマ。それが何で箱根を走っているの?どんなお偉いさんが乗ってるの?しかも、よく見ると標準車ではない。あちこちにチューンの跡がある・・・車高を落として、太いタイヤをはいて、空力パーツを付けて・・・一体何が起こっているの。
不思議に思っていたら、そんな人が多かったらしく本日のネットニュースでも取り上げられていました。センチュリーGRMNとか言う特殊な車両で世界に2台しか無いものなのだそうな・・・こりゃあトヨタも最近のクルマ離れに対応して、本気のイメージチェンジ戦略に乗り出したかな?
旅のお供はトヨタ・ノア。
クルマの話題

旅のお供はトヨタ・ノア。

福岡研修で最後にご紹介するのは、3日間の足として私たちと付き合ったトヨタ・ノアです。少し前の滋賀県・近江八幡の研修でもトヨタ・アルファードを借りました。最近はワンボックスにはあまり乗ってないので、今回のノアの印象はアルファードと比べて・・・といふうに、知らず知らずなっているかもしれません。
ノアはミニバンとしては中型、アルファードは大型です。扱いやすいのは当然としても、車体の剛性感もノアの方が高く感じます。アルファードでは時としてボディーがブルブルと震えるような不快な振動を感じましたが、ノアではそれを感じません。ハンドルを切った時もスッキリと方向を変えるのはノアです。ミニバンに乗っていても、運転手に専念・・・みたいな感覚が少ないのです。乗り心地は思ったよりもよほど良く感じました。大きな衝撃は伝えてきますが、細かな凸凹は随分とカットしてくれます。1,600㌔ほどの車重に150馬力程度の出力ですが、力不足はそんなに感じません。多くの人を乗せてはいても、走行はゆっくりですから当然かもしれません。
標準あたりのグレードだと思いますが、必要な装備はちゃんと付いています。中央席は両側スライドドアーでワンノッチで自動開閉します。床も低く、乗り降りに苦労はまったくありません。大柄で、乗りにくくて、走らなくて・・・みたいな一昔前の感覚はもはや見当たりません。最新の安全装置がてんこ盛りされてなくても、これで実用上は充分・・・最近のミニバンの実力を再認識したしだいです。