ブログblog

デミオ車検受け。
クルマの話題

デミオ車検受け。

奥さんと長男が主に乗っているデミオが2回目の車検を受けました。5年で買い替え・・・とも考えましたが、走行が4万キロと少し、それに気に入って購入の決め手になった特別仕様の内装と装備に未だに不満がない。走りに特段の不足がない・・・などの理由で、続けて乗ることにしました。
バッテリーとワイパーゴム、オイルとフィルターなどが車検を機に新しくなりましたが、走ってみて特段の変化は感じません。それよりも、当然のように、車検前に替えたタイヤの影響が一番大きいように思います。当初はエコタイヤからレグノに替えたことで、グリップの良さばかりが目立ち、乗り心地や静粛性にはかえって良い評価が出来ませんでしたが、少し時間が経ってやっと少し冷静になり、走りに落ちつきが出て来たように思いはじめています。タイヤの転がり感も以前よりは確実に上質に感じますから、レグノの真価をやっと感じはじめた・・・といったところでしょうか。
車検も取った、タイヤもバッテリーも新しくなった・・・こりゃあこのクルマ、長くなるなあ・・・デミオ、今後ともよろしく!
アウディQ3。
クルマの話題

アウディQ3。

Q5のタイヤの空気圧警告灯が付いたのでディーラーに行ってみると、何やら電気系統の不具合らしい。そんなことで、又代車が出ました。今回はアウディQ3。モデルチェンジして新発売になった直後に試乗したことがあります。その時にはあまり良い感じを持てなかったのですが、驚くことに今回のクルマは雰囲気がずいぶん違いました。
室内の各部の造りは変わりません。あらゆるボタンがなくなって、すべて画面のタッチ操作・・・しかし、私的には日常使う最低限の操作はアナログで残っていたほうが遙かに使いやすい。座り心地の良いシートも1年前と変わりません。変わったのは足回り。
衝撃の角を見事にとって伝えるサス。上屋が必要以上に動かされることもありません。初期の型からこれだけ変わっただけで、印象は全然違って乗っていて気持ちいい。使いやすい大きさと、思った通りに動かせる操作系・・・日常的に気持ちよく使える馴染みの良い車のように感じます。
ただし、2000ccのディーゼルエンジンはあまり好印象ではありませんでした。音も振動も大きい上に、150馬力で340Nmもトルクを発生する割には数字ほどの力強さは感じさせてくれません。燃費も思ったほどには延びていない様子だったので、私だったらガソリンエンジンを選ぶかな・・・と思いながら車を返した次第です。そうそう、Q5の方は調査の結果故障ではなく、センサ-の先が汚れていただけでした。
こいつはスポーツカーだ、ダイハツ・コペン。
クルマの話題

こいつはスポーツカーだ、ダイハツ・コペン。

クルマ好きの先輩から、新しく車を買った・・・と連絡が有りました。先輩は趣味と実益の、憧れのクルマ2台持ちになったわけです。なんというクルマか教えてくれませんでしたので、楽しみに待っていたところ、向こうの方からボボボボボ・・・という何やら不穏な音が、こんな音を出すクルマは実用車には無い。はたして、姿をあらわしたのはダイハツのツーシーターのオープンモデル、コペンだったのです。
タイトな室内に滑り込むと、レカロのシートにモモのハンドル、走り出すといかにも硬いサスペンション。ちなみに、ビルシュタインが標準で組まれているのだそうです。トレッドもホイールベースも短いはずなのに、見事な直進性。腰に振動がゴツゴツくる代わりに、コーナーはロールもしないでスイスイ回っていきます。エンジンは軽規格ながらターボ付き、ミッションがCVTでも違和感はなく、私にはちょうどいいくらいの力加減と加速力。
4輪のバイクみたいや・・・と言う先輩の感想そのままに、とても気持ち良く山坂道が走れそう。ああ~、こんなのに乗せられると欲しくなるなあ・・・しかし、当分はじっと我慢の毎日です。
 
レグノに替えた。
クルマの話題

レグノに替えた。

デミオのタイヤにスリップサインが出ました。今年で2回目の車検を迎える5年目、走行距離は43,000キロ弱のところです。このクルマは特別仕様の内装がまだまだシャキッとしている上に、乗り味も良く街中でも扱いやすいので、乗り換えることなく車検を取って引き続き乗ることにしてタイヤだけ替えることにしました。
登録時に履いていたのは省燃費タイヤのエコピア、今回は少し頑張ってレグノを入れました。消音や乗り心地に有利なタイヤなので、そっち方向の効果を期待していたのに、走ってみると少し印象が違います。低速で小さな凸凹を結構拾ってきて、期待したほどの乗り心地を提供してくれません。そのかわり、ハンドルの手応えがしっかりとしてブレーキの効きも良くなった・・・これはタイヤのグリップが良くなった証拠です。入れ替えたばかりなので、一皮剝けると印象が変わるかもしれませんが、今のところは乗り心地の良いタイヤを入れた・・・というより、スポーツタイヤを入れた・・・というような印象の方が強く感じます。
以前のエコピアが、走行性能よりも燃費最優先の性格付けだったので、相対的にそう感じてしまうのでしょう。なにはともあれ、これからはレグノの本来の性能を楽しみながら、長く乗っていくつもりです。
アウディA1。
クルマの話題

アウディA1。

Q5がドックに入っている間に代車で出たのがこのA1。先日借りてレポートしたのは旧い方、今回は最新の現行型です。エンジンは1Lの3気筒、これにターボが付いて95馬力・17.8kgmの力を発揮します。
乗ってみての第1印象は、旧型とはまるで性格が違う・・・というもの。旧型は、小さいながらに長距離を走る性能が強調され、いかにもヨーロッパのクルマらしく感じましたが、新型は街中で格段に扱いやすい。ハンドルが急に軽くなったのもそんな印象を際立たせる要素のひとつでしょうか。
剛性感の高い車体に良く動く足。小さな凸凹は良く吸収しています。でも、この程度は国産のBセグメントのクルマでもしっかりと発揮している性能。このクルマは、ここから先の速度域で本領が発揮されるのだろうと思います。エンジンは極低速で少しもたつき、振動も多い目。変速機が流動体使用のATでなく、DCT(機械的に直結の変速機)である影響が強いかも。
全体にキビキビ走って、小気味良い。問題は価格。しかし、国産車も新しいのは随分とお高くなっていますから、充分に比べられるところまで来ているようにも思います。
Q5 リコール修理。
クルマの話題

Q5 リコール修理。

Q5にリコールの知らせが来ました。後ろのサスのリンクを止めているボルトに、破断の心配があるのだとか・・・そりゃあ大変じゃないか!詳しく聞いてみると、塩害を受けやすい地方などで長年使っていると中にそうなるクルマもある・・・とうことらしく、だからすぐにどうということはない、と言う。
そんな訳で、持ち上げられてしまった我が愛車の当該ボルトを見てみても、まだピカピカで、とても錆び付いて破断・・・が心配されるような状態ではなく、一安心。同時にアドブルー(アンモニア水)も補充してもらって、本日は一件落着です。
走行は現在15,000キロを少し過ぎたあたり。サスの当たりも付いて、かたい目のサスにやっとしなやかさが出て来たところ。これから50,000キロぐらいが一番美味しいところでしょうか。
ドライブにはちょうど良い季節。ちょっとどこかに行ってこようかなあ~・・・なんて思わせる今日の天気です。
Q5 1年点検を終えて。
クルマの話題

Q5 1年点検を終えて。

Q5が1年点検を終えて帰ってきました。まだ1年、走行13,000キロですから、本当はそんなに見るとこないんでしょう・・・と思いますが、購入時に入ったサービスパックでワイパーブレードやオイル、オイルフィルターなどを交換してくれています。専門的な所は他にも色々見てくれたようで、特に悪い所はない・・・とのことでした。
オイルやフィルターが変わっても、走ってみて特に体感できるような変化はありません。カタカタ鳴りかけていたワイパーがおとなしくなったか?・・・程度の変化。そう言えば、ワイパーは自動車部品の中では最も進化の少ない部品なのだそうな。昔も今も、棒を窓のガラス面であっちにこっちに動かすばかり。圧縮空気で雨粒を飛ばすとか、とっても水切れの良いガラスを開発するとか・・・素人的には何なり考えられに思えても、本職的には難しいのでしょう。
最近は電気・電気で電化が唯一の進化・・・みたいなところがあるみたいです。でも、本当の進化は、もっとずっと身近で小さなところから・・・なのかもしれませんよ。
アウディA1(旧型)。
クルマの話題

アウディA1(旧型)。

Q5が1年点検に入ったので、代車が出ました。A1だとは聞いていましたが、とっても懐かしい個体でした。このクルマは8年か9年か前にA5に乗っていたときに、やはり定期点検時の代車に出てきたクルマだったのです。走行距離は9万キロ弱。あれからずっと試乗車や代車として活躍してきたのでしょう。9万キロを走って・・・と言うことで、今回改めてレポートします。
A1はアウディで一番小さなクルマです。前の席は運転するのに何の支障もありませんが、後ろは大人が充分に座るには少し無理があります。日本では、小さいクルマはロングツーリングより街中向き・・・の割り切りがわりとしっかりされていて、乗り降りがしやすかったり、ハンドルが軽かったり、小回りがきいたり、低速で乗り心地がよかったり・・・でもこのクルマは小さいからと言ってそのようには造られていません。ホールドのよいシートに収まるには少し体をひねりながら、重いハンドルをよっこらしょと切っても小回りなど効かず、その代わり動き始めるとどっしりと車体が落ち着いてまっすぐに進みます。小さな凸凹は忠実に拾って体を揺すりますが、コーナーは気持ちよく曲がっていきます。9万キロ走っていても、車体はしっかりとしていてあまり経年変化は感じさせません。
見た目にかわいいこのクルマは、街中でお買い物に使うより、後ろの席に荷物をたくさん積んで長い旅に出る・・・そんな使い方がしっくりとくるクルマです。
メルセデスベンツ・B180。
クルマの話題

メルセデスベンツ・B180。

友達が、リコール処理のためCクラスを入庫したところ、代車にB180が出た・・・と言いながら遊びに来ました。
ベンツの中でもBクラスはこれまであまり意識したことはありません。私の中ではファミリーユースのミニバンに近いクルマ・・・ぐらいの解釈。ザッと紹介しておくと、Bクラスという名前ではありますが、Cセグメントの車。1,300ccを少し超える排気量でターボ付き、136馬力で200N・mの出力です。変速機は7速のDCT、長さが4.4メートルほどで幅が1.8メートルほど、高さが1.6メートル弱とまさにファミリー車としてドンピシャの諸元です。
第一印象は、なんてラインがきれいなクルマなのでしょう・・・というものでした。そもそもメルセデスのクルマはみんなきれいな造形をしていますが、なんてことはないファミリー車(失礼!)でもこんなにきれいなラインを持っていることに改めて驚きです。
走り出しても、エンジンは静かでスムーズ、必要なところで必要な力をスッと出してきます。ハンドリングも素直、適度にロールを許しながら、小さな凸凹も見事に吸収します。着座位置もそれなりに高く見晴らしも良い。シートは少し硬めでしたが乗り心地は上々。高速や急加速は試せませんでしたが、総じて、街中では大変まとまりが良く扱いやすい。見事なファミリーカーだ・・・と感じました。
4~5人のご家族や、少しゆったりと乗りたい私たちのような年頃には、注目すべき価値のあるクルマだと思います。
ホンダ グロム。
クルマの話題

ホンダ グロム。

先日久しぶりに会った友達が、バイク買ったぞ!と言っていました。この年になって・・・なんて全く思わないのが私の友達連中の特徴です。どんなの、どんなの・・・みんな興味津々。どちらかと言えばうらやましい・・・この感情が勝っています。高校時代から心の成長が止まってしまったかのような仲間たちです。
何日かして見せに来てくれました。ホンダグロム、125cc単気筒の街乗りタイプのバイクです。見ているだけではもったいない、早速に試乗させてもらいました。跨がると胴長短足の私でも足つきに無理がなく、いかにも扱いやすそうです。最近はやりのスポーツバイクのように、むやみに姿勢が前傾しないのも好感が持てます。エンジンの吹き上がりは穏やかで、扱いに困るようなことはありません。走り出しからとっても軽快で思いのままに動きます。大きさ的にも、これなら日常的に乗る機会が増えそうで、もったいないお飾りになるようなことはないでしょう。大きなバイクにも魅力はありますが、友達の現実的な選択には賛成です。
ああ、こんなのほしいなあ~・・・治まっていた虫が、心のどこかでムズムズと動き出しそうです。