ブログblog

WEB内覧会

WEB内覧会~外観からアプローチ~

WEB内覧会~外観からアプローチ~
今回から何回かにわけて、WEB内覧会と称して、中村設計のギャラリー兼和歌山事務所である木の家工房 Mo-kuの各部をご紹介していきます。初回は玄関アプローチです。
 

外観と石積み

まずは外観から、、、
 
  • ▲木の家工房 Mo-kuの外観
Mo-kuの外壁でまず目につくのはやはり黒い部分でしょうか。黒い部分は焼杉板の南京下見板張りという張り方で、下から順に板を張り上げていく張り方です。下から順に施工していくので、雨に強く、台風被害が多い和歌山県では昔からよく採用される工法です。焼杉板には焼きの具合によって幾つか種類があり、Mo-kuでは表面の炭化の具合が少ない種類の板を採用しています。表面の炭化の具合が少ない板を採用してわかったのが、やはり焼杉は表面をしっかりと炭化ものの方が耐候性に優れる、、、、ということです。今では焼杉板を採用する際にはしっかりと表面が炭化したものをおすすめしています。ギャラリー棟(写真右側の棟) 1階部分の外壁はサイディングに吹付塗装を施した仕上で、あまりのっぺりとした質感にならないように下地と仕上材の組み合わせを少しアレンジしています。
 
建物の形式としてはそれぞれのフロアが半階分の高さでつながるスキップフロア形式を採用しています。通常の住宅では1階分の高さで1階と2階を分けているところを、1階と2階の間に中2階を挟んでいるので、半階分の階段で空間がつながり、変化に富んだ空間構成となります。Mo-kuの場合は写真左側の事務所棟が中2階に該当します。スキップフロア形式とする場合には接続部分の剛性(硬さ)が重要となるので、構造的な検討をしっかりと行う必要があります。

では玄関の方へ行きましょう。
 
  • ▲玄関の石積み
玄関アプローチでは壁、階段の段鼻ともに錆御影石を採用しています。
表面仕上は『こだたき』という、少し粗めの仕上で、石の表面に陰影が出て質感が良いため、よく使う仕上です。さらに専門的な話になってきますが、写真の壁に使っている材料の方が階段の段鼻に使用している材料より粗めに仕上げています。気持ち壁の材の方が表面のでこぼこがあります。でこぼこが多いと水がたまったりすることがあるため、階段の段鼻などに使用する場合は慎重になります。Mo-kuでは壁はでこぼこ優先。階段段鼻は実用優先として、それぞれの材料を調整しました。
 
  • ▲壁の石は粗めに調整
石の仕上については『割肌』、『こだたき』、『バーナー』、『ぴしゃん』、『磨き』など表面の仕上具合によって数種類あり、ひとつの物件内でも場所によって仕上を適宜指定しています。
 

割栗石と天井

割栗石

玄関アプローチ階段の両脇には大きめの荒々しい石を並べています。この大きめの石は割栗石といい、少し前までは基礎下の地盤の調整にも使用される材料でした。  (現在は砕石を用いることが多くなっています。)
 
  • ▲荒々しい質感の割栗石
割栗石の表面の質感は砂利と似ていますが、黄色みが強く出るなど、色にバラツキがあります。大きさも砂利と比べると一目瞭然で大きく、荒々しい質感を出したい時に採用します。色については産地によってかなり違いがあることもあり、割栗石を採用する場合は必ず事前に確認を行うようにしています。

アプローチ天井

アプローチの天井を見上げると、赤い天井が見えます。天井の下地は『Jパネル』という杉を3層に重ねたパネルを採用し、屋外用の天然塗料で仕上げました。モデルハウスということで、少し思い切った色(赤)を採用し、施工途中は気を揉んでいましたが、仕上がりはかなりしっくりなじみました。    
 
  • ▲玄関アプローチの天井
赤色は弁柄などの染料に代表される日本古来の色で、日本建築ではよく使用されており、木部の色との相性は良さそうです。『Jパネル』の良いところは板材で仕上げたような表面の質感を持ちつつ、構造的な強度を兼ね備えているところで、さらに板材を一枚ずつ張っていくよりも施工性にも優れます。ただ、価格面で板材よりは高かったりするので、設計時に必要な床の剛性(硬さ)や要求される性能、施工者の得手不得手を勘案し、採用・不採用を決めています。