ブログblog

自家製蜂蜜。
その他の話題

自家製蜂蜜。

緑風桜陰の家の住まい手さんから蜂蜜を頂きました、正真正銘の自家製蜂蜜です。早速味見させて頂くと、スッキリとした味わい、混じり気など全くない冴えた感覚・・・こいつは美味い!
緑風桜陰の家は、太地町の中でも太平洋に張り出した半島状の土地に有り、黒潮の恩恵を受けて夏に涼しく冬に暖かい。台風の時には少し大変ですが、普段は家に居ても遠くに波の音が聞こえ、少し歩いたところからは波荒い磯が一望できるところに位置しています。大きな敷地に2階建ての木の家。付近には住宅もたくさんあるのに、緑豊かで、鹿や猪が来るので・・・と敷地の周囲にフェンスを張り巡らしたほど。一角はそのままの緑、一角は畑として耕して、一角はバーベキューコーナーなどがある遊べるスペースとして活用されています。
以前、この家に写真撮影に伺ったところ、その庭先に養蜂箱が二つ置いてありました。その時にはすでに蜂が入っていたのかそうでなかったのか・・・今となってははっきりと覚えていません。あの時のあの箱の蜜蜂の蜜・・・そう思うと、なんと感慨深いことか。
時間があるときには家に居る・・・とおっしゃるご夫婦。家に居て、畑を耕し、蜂を飼い、住まい方に自分たちなりの創意工夫をこらし、造れるものは自分たちで造る・・・そんな自然体の生き方がそのまま蜜になったような純粋な蜂蜜の味。お二人の笑顔が浮かんでくるような蜂蜜をありがとうございました。
三連休では・・・。
その他の話題

三連休では・・・。

三連休には外出自粛して欲しい・・・と国や自治体が言っていましたが、世間ではどこも結構な人出だったようです。新聞にはごった返す京都の様子が出ていました。写真は田辺の高速の入り口付近のもの、連休を紀南で過ごされた方々の帰りのクルマで混雑しています。密を避ける・・・という意味では公共の交通機関よりも自家用車が選ばれているのかもしれません。
人出に比例するようにコロナ患者は増え、連日過去最高を更新したとマスコミは大騒ぎ。ワクチンも特効薬もない状況下では仕方のないところですが、それにしてももう少し冷静な報道が望まれます。毎年のインフルエンザ関連による死亡者数をみてみると、だいたい年間1万人前後なのだそうです。この数字を見ると、日本はコロナとの戦いに善戦していると言えます。そろそろコロナの分類を2類(結核・SARSなど)から5類(インフルエンザなど)に引き下げるべきだ・・・との意見も出ているようです。
多くの鬱患者や自殺者がコロナの重傷者(死亡者)を上回る勢いで出ている現状では、感染を抑えるために・・・一辺倒の対策では到底追っつきません。早く薬を開発して、一般風邪と同じ扱いにしたいものですが、たいそうなのはマスコミばかりで、ひょっとすると世間の感覚はとうにそちらにシフトしているのかもしれません。とにもかくにも、皆さんもう少しのご辛抱、くれぐれもご自愛ください。
ディーゼルは燃費が良い。
クルマの話題

ディーゼルは燃費が良い。

燃費が良いのはディーゼルエンジンの美点です。Q5 TDIも例外ではありません。高速道路を走ることが全走行距離の7割ほどを占める私の使用状況下では、ディーゼル車は特に長所を発揮します。
先日、2回目の給油を行い、はじめて満タン法で燃費計算をしてみたところ17.33キロ/L(市街地走行を含む)でした。写真は高速道路を走った後なのでもう少し良い数字を記録しています。この後、驚くことに22.4キロ/Lほどの数字になりましたから、高速道路を専門に走ると、たぶん20.0キロ/Lを超える実燃費を記録するのでしょう。軽油価格はガソリン(ハイオク)に比べると2割5分ほど低価格です。これに燃費向上分を足し込むと、燃料費は4割以上安くなることになります。環境にもおサイフにも優しいクルマと言えるでしょう。
安全装置は至れり尽くせりだと思いますが、使い方が今ひとつ分かっていませんので、ありがたみもそれほど感じていません。と言うより、諸々の装置に守られて何も知らないうちに無事に過ごせているのなら、それはそれで知らなくても良いことのような気もします。車載のコンピューターを知り尽くして使い倒そうと思うと大変です。特にアウディのそれは、色々なことが出来るのでしょうけれど、使い方が複雑でもう一つ気持ち良く使えません。BMWのように、出来ることは決まっていても直感的に使いやすい・・・であるとか、メルセデスのようにとっても優れたお話しの出来るAIのようなものが乗っていれば良いのですが。
アウディQ5 40TDI 1500キロ走りました 。
クルマの話題

アウディQ5 40TDI 1500キロ走りました 。

納車されてから1500キロほど走りました。相変わらずエンジンは小気味よく回っています。ディーゼルであるが故の辛抱はなにも強要されません。ただし、気持ち良く回ることが前に出て来て、ディーゼル特有の低速での力強さ・・・というところがあまり目立ちません。
車体や操作系の剛性感は高く、スポーツサス仕様だということも手伝って、操作に対する応答遅れや妙な振動などもなく、ハンドルを切ったときには1.9トンもある車重が気にならず軽快に向きを変えていきます。小回りも効き、操作系には特段の不満はありません。
踏ん張りの利くサスは道路の凸凹をよく吸収し、スポーツサス仕様のわりには乗り心地も良い方だと思います。欲を言えば、もう少しストローク感豊かにサスを動かしてくれればさらに気持ち良いのに・・・というところです。
シートはアルカンターラ表皮で、滑らず、冷たくなくて良いのですが、造形が平たくホールドが思ったよりも弱く、色々に調整してみるのですがもう一つフィットせず、期待したほどは長距離が楽しめません。もっとしっかりと体を捕まえてくれるタイプの方が私は好みです。1900ミリも車幅がありますので、室内はそれなりに広いです。しかし、中央には大きなドライブシャフト用のトンネルがあって、後席は実質2人乗り・・・とってももったいなく感じます。
このクルマになってからやたらにACC(オートクルーズコントロール)を使うようになりました。もちろん、使いやすくて安心感も結構高いので使っているのですが、320iに乗っていたときにはなかったことです。体が無意識に、運転する楽しみより楽ちんな方を選んでいる・・・又はそういう選択をさせるクルマである・・・ということでしょうか?
約束のドジョウ。
その他の話題

約束のドジョウ。

寒い思いをさせたドラゴン(エンドリケリ)に、罪滅ぼしのドジョウを買ってあげました。今回のは少し大きすぎたかなあ~・・・と心配しましたが、頑張って捕まえているようです。日頃は、いつ捕まえているのやら、どんなふうに捕まえているのか、はたして本当に捕まえているのか良く分からなかったのですが、上手くいっているようです。
この光景を努々、可哀想・・・とかの言葉で片付けてはなりません。喰わなければドラゴンに明日はない。これは私たちも同じです。少々残酷に思えても、生物界はこのように回っているのだ・・・としっかりと理解しない限り、どんな話も理屈も上滑りなものになることでしょう。見渡せば、隙あらばと狙っているものたちのなんと多いことよ・・・願わくば、喰われないように、ちゃんと食べていけますように・・・と頑張って日々を過ごすのみです。
名残を惜しむ。
その他の話題

名残を惜しむ。

野放図に伸びてしまった枝を切り縮めて樹形を整えるには今がちょうど良い季節。和歌山市の木の家工房Mo-kuでは先日この作業をやって来たのですが、田辺の事務所までまだ手が回っていません。一念発起して中庭に出てみると・・・写真のような蝉の抜け殻。そうか・・・先日までの暑い時期にここから旅立ったのか・・・庭の木々もよく馴染んで、我が家の一部であるのはもちろん、自然の一部としても立派に役立っているのだなあ~・・・と思うと、いさぎよくその枝を切り落としてしまうことに抵抗が生まれてしまいました。
そうは言っても、切り縮めも庭の緑を健全に保つためには必要な作業、人が関与するところである以上、なにもしないでおくのが一番良いとは言い切れません。手つかずの自然は強いものだけが生き残る弱肉強食の世界。日本の里山のように、人と共に生き、たくさんの命を養った豊かな緑の例もあるのです。
さて、気を取り直してチョッキン・チョッキン・・・この作業はいったんやり始めてしまうと気持ち良い。ついつい切りすぎてしまうのが問題です。
 
アウディQ5 40TDI クワトロスポーツ Sライン。
クルマの話題

アウディQ5 40TDI クワトロスポーツ Sライン。

BMW320iがそろそろ5年で10万キロを走破して、色々なことが気になりはじめた頃に出会ったのがこのクルマです。高速道路が中心という使用状況から、次はディーゼルも良いな・・・と思っていたので、試乗から購入までは衝動的に・・・と言えるぐらいのスピードで進んでしまいました。
以前にクルマ好きの勝浦の先輩から、Q5はよかった!・・・という話を聞いていたので、元々気にはなっていたのです。よかったのがガソリン車かディーゼル車かは今となっては判然としませんが、決め手になったのはエンジンの出来の良さです。ディーゼルという言葉から連想される騒がしい・煙吐く・どんくさい・・・といったような事柄はほとんどこのクルマからは感じられません。エンジンがかかった当初の外部で少し音が大きいぐらいで、中に居る人は、告げられなければディーゼル車だということには気付きにくいと思います。走り出しても同じです。特に振動や音が大きい訳ではなく、ガソリン車と変わらない感覚で吹け上がり、回転の落ちもよく、軽快に走っていきます。
まだ納車されたばかりで500キロ程しか走ってないので、これからじっくりと乗り込んで、このクルマの出来具合をお知らせします。お楽しみに・・・。
水槽にもヒーターを入れました。
その他の話題

水槽にもヒーターを入れました。

寒くなったのは魚も一緒です。このところドラゴン(エンドリケリ)の動きがもう一つ鈍い・・・と思っていたのですが、暖かいところの魚なので寒さが堪えていたのかもしれません。という訳で、水替え・水槽掃除をしたきっかけでヒーターを入れました。毎年この時期に入れて、半年ぐらいは水槽を暖めます。ついでに、水揚げポンプも二つのうちの一つを新調しました。ここ何ヶ月は音がうるさいので一つしか動かしていなかったのです。そのせいか、藻類も結構発生していました。
少し経ってから覗いてみると、ドラゴンが動き始めました。想像した以上に堪えていたようです。掃除の成果もあって水もきれいです。腹も減らしていたようで、動き出したものを下から見てみるとお腹がへっこんでいます。少し横着しすぎましたか・・・彼にとって私は生命線。もう少し気を付けてあげるべきでした・・・寒くひもじい思いをさせてゴメンね。お詫びのしるしにどじょうを買ってあげます。
暖房を入れました。
建築の話題

暖房を入れました。

あんなに暑かった時期も過ぎて、秋だ!紅葉だ!・・・と騒ぐ間もなく、北の方から雪の便りがちらほらと。日本で1~2に暖かいといわれる当地でもそろそろ暖房を考える時期になってきました。
我が家の暖房器具は、レンガを深夜電力で温める蓄熱暖房機・暖吉くんです。一度スイッチを入れたら寒さに合わせて大まかに蓄熱量を調整するだけの手間いらずな暖房器。まずは30%からのスタート。今の時期ならこれで結構暖かい。室内の空気も汚さず、一度タイマーを設定したら後はなにもしないでも朝の一番から暖かい、よく出来た暖房機です。
そんなですからこれまで、オススメの暖房器具は・・・と聞かれたら、薪ストーブか床暖房か蓄熱暖房機です・・・と答えていたのですが、最近ではチョッと様子が変わってきました。理由は電気料金の料金体系が変わったからです。これまで、深夜にあまる電力をお得に販売していた深夜料金の設定がなくなりました。出力調整が効きにくい原発が止まって、比較的簡単に調整が出来る火力発電が中心になって深夜の電力を安く売る必要がなくなったのでしょう。住まい手としてはこれは痛手です。良い暖房機だったのに。
ダイハツ・ブーン。
クルマの話題

ダイハツ・ブーン。

ブーンは、軽をのぞいてダイハツでは一番小さなクルマ。チョッと見ただけでは軽と見間違うほどの大きさのクルマです。トヨタからはパッソという名前で出ています。
3気筒の1Lエンジンを積んでいますが、必要な力はしっかりと発揮してるうえ、気になる振動などもなく、排気量や3気筒のネガは感じません。車重が900キロほどと軽量なことも効果的なのでしょう。
ハンドリングはおだやか。元々シャカリキに走りたいというクルマではないのでこれで充分です。逆に言うと、車体剛性がゆたかで思いのままの引き締まった操作感・・・などとという感じのクルマではありません。速度が速くなると、落ちつきのない操作感に不安を覚えるかもしれませんが、街中ではちょうど良いくらいのあんばいです。
特筆すべきは乗り心地。小さな凸凹を見事に吸収して室内はとってもスムーズ。縦や横の車体の揺れは相応にあっても、それを補ってあまりあるほどの美点です。
シートの造り、室内の使い勝手から価格までしっかりとターゲットを見据えた開発。優先順位がはっきりとしたクルマづくりには好感が持てます。長距離は二の次、近くに出かけるときのクルマが欲しい・・・という方にはオススメできるクルマです。