ブログblog

木材見学。
建築の話題

木材見学。

このところ急激に冷え込んで、途中道路が凍っているかもしれんで・・・と脅かされながら、先日は木材見学に龍神に行ってきました。住まい手さんと共に訪れたのは山本製材さん。天然乾燥の木材は欲しいからと言ってすぐに手に入るものではありません。そこで、山本製材さんに秋から冬にかけての切り旬に切り溜めたものを取り置きしてもらって天然乾燥で使っているのです。写っているのは山本社長、乾燥方法に工夫を凝らしながら木の家づくりの一翼を担ってくれています。
見せていただいたのはいずれも目込みの良材。天然乾燥独特のきれいなやさしい赤身、芯も材料の中心付近にあってあばれの少ない素直な木が多い。含水率も総じて優秀、桧・柱角で20%以下のもの、杉・梁材で30%前後のものがほとんどです。最近ではどんな品物もトレーサビリティが重視されますが、自分の住まいに使われる木が加工に廻る前に確認できるのは住まい手にとっても安心なことなのではないかと思います。
中には1年を超える乾燥期間を経てシルバーに色変わりしたような材料も混じっています。このぐらい置いていた方が乾燥も進み変形の心配も少なくてすみます。加工前にひと皮むくと見違えるような木肌が現れますから、ご心配なく。
そこかしこに端材が山積みになっています。聞いてみると、製材の過程でどうしても出てしまうものなのだとか。でもこれ、木工細工に色々と使えるのでは・・・燃してしまうだけだから、取りにさえ来ていただければ好きなだけ持って帰ってください・・・と山本社長も笑顔。足を伸ばすとお宝が転がっているものですね。
 
背割り部の処理は難しい。
建築の話題

背割り部の処理は難しい。

建物は、雨の侵入の可能性のあるところや隙間風の来そうな所(美観上気になるところも)は、隙間を塞いだ上にコーキングなどで防水・防風の処理をします。サイディングや金属面などは比較的処置の安定するところですが、木部については注意を要します。理由のひとつは木部の接着力が弱いこと。もう一つは、木材が乾燥によって動く(開いたり閉じたりする)ことがあるからです。
新築時には充分に乾燥していたのに、後の湿気で思わぬところに影響が出たり、逆に新築時から乾燥が進んで木と木の間に隙間が出来たり・・・木は時々の状況で色々な表情を見せます。
私たちが日常的に直面するのは、芯持ち柱の背割り部分(写真の丸太柱の縦割れのひびみたいに見えるところが背割り)の処理。柱には背割りという切れ込みを計画的にいれます。そこに力が集中することで、思わぬ所に発生する割れを抑制するためです。しかし、結果として背割れ部分の開き具合は状況によって変化します。ですから、新築時からこの部分をきれいに塞ぐことは難しい・・・落ち着いてくるのは築後3年を過ぎたぐらいから。
木の家工房Mo-kuの場合、通し柱の背割りが問題でした。1階が駐車場、2階に事務所の構成ですから、1階から2階までつながっている背割り部分から風が進入したのです。すぐに詰めても問題解決につながらないことは経験的に分かっていますので、いったんは発泡ウレタン(市販スプレー)で塞いでおいて、今回の補修(築9年目)でやっとコーキング処理(完全に塞ぐ)しました。
 
木の家工房Mo-ku、補修作業が終わりました。
建築の話題

木の家工房Mo-ku、補修作業が終わりました。

紀伊半島では、昨年秋の台風からすでに3か月ほども経つのに、いまだにブルーシートをかぶったままで復旧作業にかかれていないお宅がたくさんあります。和歌山市の当社ギャラリー、木の家工房Mo-kuもそのうちの一つでしたが、この度順番が回ってきてめでたく補修の段取となりました。
この際だからとコーキングと塗装も改修することにしましたので、足場は建物全体にかかりました。足場がかかってほぼ一月・・・忙しい職人が途切れ途切れの仕事となり、通常の2倍ほどの日数を経てやっとの出来上がりです。
まだ塗装のニオイは少し残っていますが、程なく室内は良い木の香りが戻ってくることだと思います。これまでどおり、火曜・水曜の定休日以外はだいたい開いています。第2と第4の日曜日にはMo-kuカフェと銘打って、無料の建築相談も受け付けています。そんな固いことでなくても、近くを通りかかったので見せてください・・・と寄っていただければ、美味しいコーヒーもお出しします・・・皆さんお気軽においで下さい。
レディ・プレイヤー1。
本・テレビ・映画の話題

レディ・プレイヤー1。

最近はあまりブログには上げてないのですが、相変わらずDVDは時間を見つけては観ています。その度に全部を紹介・・・というわけにもいきませんので抜粋で・・・。
作風が、子供だまし・・・と感じたのであまり興味なかったのですが、それでもスピルバーグ監督の作品なら・・・と思い返して観てみました。近未来のとっても優れたVR(バーチャルリアリティ)ゲームの話。
日本通で知られるスピルバーグ監督のこと、微に入り細に入り日本のアニメ・サブカル文化が取り込まれています。ゲームのどこかにすべての遺産を残してきた・・・なんて設定はワンピースそのものだし、アキラのバイクは出るはメカゴジラは出るは忍者は出るはガンダムは出るはで・・・そんなことをちょっと知っている方ならとっても楽しめる映画だと思います。
いずれのコンテンツも好意的に取り入れられていて、嫌味な感じはしませんでした。それどころか、出た出た・・・的な面白さ満載で、最初に感じた、子供だまし・・・にすっかり騙されました。スピード感もあって見事な画面。さすがにスピルバーグの作品です。
出来てきた、田辺西バイパス。
その他の話題

出来てきた、田辺西バイパス。

春を迎えて土木工事はどこも予算消化すべく活況です。田辺では市内山側を走るバイパスがいよいよ最終区までつながるようです。これまでは新庄(白浜の入り口)から高速の出口(入り口)まで・・・だったところが、やっと芳養まで(暫定の2車線ですが)伸びるのです。なんと長い道のりだったことでしょう。計画ができてから50年ぐらいは経ったでしょうか。
しかし、国体対応で稲荷近辺が整備されてから・・・と考えると、芳養まで伸びるのは案外と早かったのかもしれません。今更この2キロ足らずが通ったところで・・・と思うことなかれ。道が通るということは、すべからく地域に大きな影響を与えるものです。
聞くところによると、本年・夏あたりが開通の時期だとか・・・楽しみな・・・早くこいこい全線開通。
MINIクラブマン・クーパーD。
クルマの話題

MINIクラブマン・クーパーD。

この度、320iが車検でディーラーに入庫しましたので代車が出ました。クラブマン・クーパーDというグレード。MINIにはこれまで何度か複数の車種(グレード?)に乗ったことがありますが、正直あまり良い印象は残っていませんでした。ところが、2.0Lのディーゼルエンジンを積むこのクルマは目から鱗の出来映えです。
まずはハンドリング。MINIらしく機敏ではありますが、過敏ではありません。軽いめの力で正確に操作出来、地面の様子も的確に伝えてきます。戻りの反力が少し弱いので、直進に気を使わされるのが惜しいところです。
サスペンションは大幅に良くなったように思います。これまではゴツゴツと小さな振動を絶えず伝えてきて落ち着きませんでした。しかし、このクルマのタイヤはとっても良く動き、ゴツゴツがコリコリとなり、フラットライド感が増して挙動に落ちつきが出ました。
ディーゼルらしく低回転で力を発揮するエンジンは、ほんの1500回転も回っていればたいがいのことは出来てしまいます。スタートから力強く、アクセルに加える小さな加減にもしっかりと反応します。一定速で淡々と走る時の気持ち良さはガソリンエンジンでは味わえないものです。走り出してさえしまえば音も気になりません。ただし、アイドリング時の音圧は鼓膜から脳みそを直接刺激するようで不快です。これさえなければ言うことなしのエンジンなのですが・・・。
夜には、ドアを開けると地面に、ゴッサムシティの警察がバットマンを呼ぶような絵柄が浮かび上がります。すごい・・・こんなところも、このクルマがプレミアムであることの証しなのでしょう。
総じて、1年ほど前とは比べものにならないぐらいに洗練されました。クルマにとっての1年は、私の1年より、よほど充実しているようです。
焼き鳥・鳥彦(TORIHIKO)。
食べ物の話題

焼き鳥・鳥彦(TORIHIKO)。

和歌山市の国体道路を岩出方面に折れると太田の地下道を抜けてほどなくの交差点。ここを右に曲がって100メートルも入らないところにこのお店はあります。週末に和歌山市に来る私たちのために娘が探してくれた焼き鳥屋さんです。
早速オーダーを入れます。揚げた皮の入ったサラダとネギマとココロ、カワにおろしセセリ・・・ひと通りのものを頼んで私はコーラ、家内と娘はウーロン茶でお疲れ様の乾杯。ふと顔を上げると目の前に、店長おすすめの鶏だし醤油のラーメン・・・とあったのでそれも追加で。
お酒を飲まない私たちの特徴は、白いご飯で出てきたものをおかずにひたすらに食べること。話をしながら優雅に・・・なんてあまりありません。もちろん会話はありますが、あくまで食事がメイン。
焼き鳥屋さんなのにラーメンがいけます。これならラーメン目当てで訪れる方が結構いらっしゃるかもしれません。そうそう、最後にひと品・・・のつもりで頼んだつくねが大きい。小さなハンバーグほどもあるのが二つひと串で・・・美味しくはありましたが、量を加減しておかないと大変。不用意に頼むとなかなかに腹に堪えます。
雪景色。
その他の話題

雪景色。

今日あたりは少しマシですが、週末は紀伊半島も結構な寒波に包まれました。土曜日の昼過ぎに田辺を出て、高速を北上・・・写真は川辺あたりの山の景色です。この時外気温は2度ほどしかありませんでした。和歌山の海岸沿いで雪を見ることは本当に珍しい。2センチも積もると街はすっかり交通マヒします。あちこちで制御が利かなくなったクルマが事故を起こしたり立ち往生したり・・・雪国の人が見たらあきれることでしょう。
そんな具合ですから、たまの雪景色はごちそう。雪で困っている地方の方には不謹慎に思われるかもしれませんが、見ているだけでドキドキものです。この時もあわてて取り出したカメラで記念撮影(?)。馴染みのない私には、遠くの木々がうっすらと雪化粧しているさまは特別で、神聖にさえ感じてしまうのです。
幻想的な景色とは裏腹に、現実には寒波とともにインフルエンザが襲来して、まれにみる流行だとのこと。雪に喜ぶばかりでなく、寒さにも十分対処してこの時期を乗り切りたいものです。
美味しいパン見つけました。
食べ物の話題

美味しいパン見つけました。

この度、美味しいパンを(家内が)見つけましたのでお知らせします。
お店の名前はモボ・・・昭和初期のモダンボーイのような懐かしい名前でしょう。場所は田辺市新万・・・そう、中村設計のすぐ近くです。私の住んでいる新万団地は50年ほど前に開発されました。ここは、田辺の友達なんかには、中学時代に犬を連れて遊びに来ていた山・・・だったと聞いています。今は高台人気もある上に、街(旧田辺市街)とは反対側にバイパスや高速道路が通って、さらには紀南病院や消防署なんかも近くに移転してきて、なかなかに人気のある住宅街です。
この住宅街に旧市街から上がってくるととっかかり・・・ぐらいの分かり易い所にあるのがこのお店です。古民家を移設した風情のある建物で、長いこと新万という名前の喫茶店でしたが、その後に軽食屋になり、居酒屋になり・・・今はパスタやピザなどのイタリアンぽい料理を提供するお店になっています。
このお店が週3回不定期に焼いているパンが写真のパンです。今回は食パンとバケットを買い求めてきました。これがなかなかにいけるのです。あまり手を加えない自然な風合いと味・・・私は好きだなあ~。週3回不定期に焼く・・・となると、買い手に親切とは言えませんが、一度試してみて下さい。運の良い方は焼きたてに当たります。
良い香り。
食べ物の話題

良い香り。

日に何回もコーヒーを飲むものですから、職場にはコーヒーの買い置きが必須です。以前にはお気に入りのショップから豆を買っていましたが、いかんせん量が量なもんで手間も経済的にも大変・・・ということから、このところはスーパーに出かけて挽いたものを大量に買ってきて置いています。鮮度が落ちないように保管は冷凍庫です。
色々試して・・・コクが深くて・苦みと酸味は控えめで・・・安くて・・・となると品物は限られてきます。しかし、鮮度の良いうちに使い切ればたいがいの物は充分に許容の範囲です。
コーヒーをいれていて(飲んでいて)一番気持ち良いのは、濾紙に粉を入れる時に、香りが拡がりあたりに立ちこめた時。あるいは豆を挽いている時のあの香り・・・あれが、芳醇でかぐわしくてなんとも言えず好ましい。飲まなくていいんかい・・・と言う批判は脇に置いておいて、湯を注がずにズッと身近にそのまま置いておきたいぐらい。その辺のアロマなどでは太刀打ち出来ないぐらいのリラックス効果が(私には)あります。
さて、今日も朝のコーヒーの香りを楽しみながら仕事に精を出しましょう。そうそう、和歌山市の木の家工房Mo-kuでは、第2、第4日曜日の午前中に、Mo-kuカフェと銘打って、朝のひとときコーヒーを飲みながら全力で建築相談に応じます・・・というイベントを開いています。一緒にコーヒーを飲んでいただける方は連絡ください・・・よろしく。