column家づくりのマメ知識

木製造りつけ作品集

オリジナルの木製キッチン

オリジナルの木製キッチン
中村設計の木の家では、オリジナルの木製キッチンを造りつける方と、システムキッチンを購入される方が、ちょうど半数づつほどに分かれていらっしゃいます。
建て主さんと一緒にプランを練りつつ造りあげる木製キッチンは、世界にただ一つの、家族にジャストフィットのキッチンです。今回は、その実例を3例ほどご紹介します。 
オリジナル・キッチンのいろいろ

壁つけ型

省スペースなキッチンで落ち着いて料理をしたい
  • ▲天板:人工大理石
  • コンパクトなワークトライアングル
    シンク・コンロと、食事をするダイニングテーブルを結ぶ三角形が小さく、動きが少なく済む機能的な動線がデザインされています。
【特徴】
すべての機能を壁に接して造ることで、部屋内にまとまったスペースを広く残すことができます。
人の視線のない方向へ向いて調理できるので、キッチンの独立性が高く、じっくり調理に集中したいという方にも向いています。
正面側への水や油のハネが、お掃除しやすいというのも利点かもしれません。
 

 

セパレート型

みんなでわいわい楽しく。使い勝手の自由さが魅力!

  • ▲天板:人工大理石
  • コンロ側とシンク側で違う高さを設定
    Mo-Kuの場合は、コンロ部分だけアイランド。上で火を使うコンロと、凹みの中へ物を入れて洗うシンクでは、適した高さが違います。
【特徴】
シンク・コンロを2ブロックへ分けて配置します。
半分アイランドで、アイランドの隣にテーブルなどを隣接すれば、広いワークトップも得られ、多方向から自由に使える形式となります。
大人数で同時に利用でき、このタイプも動線がコンパクト。
室内空間との一体感があり、「調理の場」としてだけでなく、日常的にラフに使える点が魅力。 


 
 

対面型

ダイニングと会話を楽しめつつ、手元はしっかりとカバー。

  • ▲天板:ステンレス
  • シンク下はあえてフリースペースに
    生ゴミなど調理中に意外と出る廃棄物。ゴミ箱をすっきり収納できるスペースは重宝します。車イスなどでも使用しやすいシンクです。
【特徴】
人がいる方へ向いて調理しながら、家族の様子に気を配ることができます。
フルオープンでは少し心もとないけれど、解放感も大事にしたいという場合にぴったり。壁の立ち上がりで手元もしっかり隠せます。
 

 

我が家にぴったりなキッチンを考える

① イメージを膨らませ、優先順位をきめる。
「自分が使いたいのはどんなキッチンか」「計画中の住まいのプランにふさわしいキッチンって・・・?」まずは、一番大事にしたい優先事項を1つ2つ決めましょう。
解放感なのか、広さ・省スペース性なのか、大人数で一度に調理できること?、収納量の豊富さ?・・・おのずと、方向性がしぼられてきます。

② 具体的な使い勝手を考える。
造りつけでは一緒にイチから、全てを決めていきます。
方向性が定まったら、次は細かいところを詰めていきましょう。
【シンクやコンロの高さ】【ガス?IH?】【天板は人工大理石?ステンレス?】【引き出し?開き戸・引き戸?】【収納したいものはどんなもの?】など、建て主さんに伺いつつ、最適なプランを提案させていただきます。

 

メンテナンス

木製のキッチンには、木の家の雰囲気に馴染みがいい。調湿作用が働いて、中が湿気にくい。など、木の特性が生きた良さもあります。
一方で、木ならではの気遣いも必要です。
最初の数年は、季節ごとの湿度の違いによって、多少、木が膨らんだり縮んだりして、扉が固くなったりすることがあります。
職人のメンテナンスをうけながら使用し、そのうちに年間の使い心地が安定してきます。
表面には蜜蝋ワックスを塗り、それでほとんどの水ハネなどは弾くことができます。
水や油で汚れたら、できるだけ手早く拭き取るようにしてください。そのほかは特別な手入れなど特になく、皆さん普通に使っていらっしゃいます。

 

オリジナルでキッチンをつくる良さ

ご家族の生活スタイルや、具体的なご要望に細やかに対応することができます。
「おふくろの味」という言葉もあるように、ご家庭によって食生活は多様です。
奥様が取り仕切られるのか、ご夫妻お二人で調理に立たれるのか…。親子や家族みんなで……時には、お客人も交えた大人数で…と言った具合に、どんな特徴の方が何人くらいで使われるのか。入れ替わりながらなのか、同時になのか。といったことも大切な点です。
使用状況を細やかに洗い出し、丁寧な検討を重ねることで、ニーズにぴったりとマッチした調理空間を実現することができます。
また、設計段階で、住まい全体と同時に繋がりをもって計画することができるのも強みです。
隣接するリビング・ダイニングはこういう場所にしたいから……というイメージに沿って、キッチンのタイプや調理者が立つ側の反対側の面を、ではどうしようか。など、総合的に考えることができます。
お客さんを迎えることが多い場合などでは「洗い場などの手元をどこまで見せても平気か」というラインが人によって違います。オープンさ具合も、自在に調整可能です。
 
  • ▲開放感とリビング・ダイニングとの一体感を重視した、オープンなアイランド
  • ▲大容量の引き戸付収納をキッチン裏へ
    トースターや炊飯器・食器・食材ストックまで、すべて1箇所にまとめてしまえる。普段はオープンで気兼ねなく使うこともでき、客人を迎える際には、引き戸を閉じてしまえば全てがスッキリと収まる。
  • ▲食卓からの視線は手前の棚で適度に遮りつつ、ダイニング側から完成した食事を受け取るなど、配膳は手伝える。
  • ▲釣ってきた大きなお魚をさばける長いマナ板を置きたい。家族みんなの多人数で同時に調理を楽しみたいというご要望。みんなで取り囲める広くフラットな天板と間口の広いシンクを用意した。
  • ▲奥さんの反対正面には、跳ね上げ式のテーブルカウンターを備え付けた。普段は降ろしておくが、朝食や軽食の際はこれを持ち上げ、簡易の食卓として活用する。跳ね上げテーブルの近くにはコンロもあり、ここで揚げ物や鍋を炊きつつ、家族でそれを囲むこともできる。
  • ▲キッチンのみで個別に独立した空間とすることもできるが、リビングダイニングと一体に、幅広い用途や生活スタイルを実現していくことができるのは、オリジナルキッチンならではの良さといえる。