blogスタッフブログ

日記

夏期休業のご案内



太陽のまぶしく輝くこの頃、皆様いかがお過ごしでしょう。
日頃より格別のお引き立てをいただき、ありがとうございます。
さて弊社では、下記の日程で夏期休業をいただきます。
 
・夏期休暇期間:8月10日(土)~8月15日(木)

木の家工房Mo-ku(モーク)の公開は、16日(金)午後より再開いたします。
宜しくお願い申し上げます。
日記

食欲の夏。



あまーーーい!

おそまきながら、梅雨も明けました!いよいよ、夏本番……照りつける太陽の容赦のなさが、「そうだ……最近の夏って、こんな感じだったんだっけ………」と、ここ数年の酷暑を朦朧と思い出させてくれます。
みなさん、どうか、水分をたくさんとってご自愛くださいね。
私はというと………昼下がりに、美味しい夏を堪能しております。

ご近所さんと地元の友人から、ブルーベリーと桃をいただきまして!
これが、蜜のような甘さと瑞々しさ……!!!ゲンキンなもので「美味しい美味しい」と喜んでいる間は、日差しと湿気を忘れておりました。
「ありがとう!!夏!!!!!」猛烈な暑さが、この実りをもたらしてくれたのだと思えば、このまま乗り切れそうな気も……………一瞬だけ、しますね…………。
幸せを胸に、明日からもがんばってゆけそうです!!!
日記

ニーズをガッチリつかむ。



バレエ観劇の会場が渋谷のオーチャードホールだったので、前日は新宿で泊まりました。
タピオカブームがすごいですね……!!!!!
駅の周囲には、タピオカや台湾スイーツを提供するお店やスタンド、ワゴンがいっぱい!人気店には長い列ができています。………ミーハーなので、私も食べました。
タピオカ入りのお茶も、芋圓(里芋のお団子のようなもの)と豆花(豆乳プリンのようなもの)も美味しかった~。ヘルシーであっさり食べやすいですね。
ところで、おりしも時節は選挙の投票日直前。タピオカスタンドの建ち並ぶあたりで、列を成す若者たちをターゲットに、候補者を乗せた選挙カーが来ていました。
「私たちは、台湾のこともきちんと考えています!!」「台湾やアジアと共に……!」と、スピーカーからは台湾と日本を取り巻く政治のお話が。
そ、そんな論点があったんだ……なんて新鮮な気持ちで聞いていたのですが、いかんせん、ただのミーハーでしたし………。。
選挙演説も、場所が変われば内容も変わるのですね。
そろそろ投票日だと、しっかりリマインドしていただいたので、もちろん選挙にはちゃんと行ってきました。
日記

英国モダンバレエの『スワン・レイク』


東京で、バレエの公演を見てきました。
マシュー・ボーンというイギリスのコンテンポラリー・ダンス演出・振付家が手がける、新解釈の『白鳥の湖』です。
照明や舞台美術・衣装も素晴らしく、隅々まで夢見るように美しい舞台の上で堪能できるバレエでした。
主人公は、母である王妃に愛されない孤独な王子です(王は不在)。
身分違いのガールフレンドができるのですが、彼女は上流社会の気風に馴染まず、女王に拒まれてしまいます。ある時ガールフレンドを追ってナイト・クラブへ入った王子は、彼のためを思って身を引こうとするガールフレンドとうまくいかず、酔って他の客と問題を起こしたところをパパラッチされてしまいます。
………ずいぶん現代的。
しかし、世をはかなんで身を投げようとした湖で、野生の白鳥たちと出会い、自由で力強い姿に、気持ちを解放されるのでした。
 
スワンはすべて男性ダンサーが踊ります。
群舞も圧巻なのですが、メインを踊るダンサーが花形で、今年は英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパルと、イングリッシュ・ナショナル・バレエの元ソリスト、ミュージカルの世界からオーディションで見出されたダンサーの3人がキャスティングされています。
主役の王子役も2人いらっしゃるので、毎日多彩な王子&スワンのペアが観られると好評でした。
私の回は、フレッシュな王子役とイングリッシュ・ナショナル・バレエの元ソリストのマックスさんのペア。
ピュアで端正な王子と野性味溢れるスワンを堪能……!
白鳥たちの群舞も大迫力でした。
白鳥たちのいななきは、ダンサー達の深呼吸や強く吹き出す呼気で表現されるのですが、何羽もの白鳥たちが一気に鳴くと、空気がずんと重く震えるんです……。肺の気泡が大きく膨らんでギュン!と収縮する様子まで、まるで目に映るよう……見えるはずのない内蔵まで見せてくれるなんて、一流のダンサーはすごい……と感動しました。
日記

アジサイの植え替え


今年は、とても美しいアジサイをたくさんいただき、華やかで嬉しい初夏を過ごさせていただきました。
咲き初めの頃は鮮やかなピンクで、深みを増して深い茶色へ変わり、キャラメル色になった後……「もうそろそろ咲き終わるのかな……?」と思っていたら、またキレイな緑になりました。
こんなにめまぐるしく表情が変わるお花ははじめです。魔法みたい。

ドキドキしながら様子を見守っていたのですが、花弁がチリチリと波打ってきたので、いよいよ今年のお花は終わりでしょうか。
地植えの植物が梅雨を満喫している今の時期なら、初心者にもアジサイにも優しいかな……と期待を込めつつ、大きな鉢植えに植え替えてみました。
 
花から1節目の葉っぱとはサヨナラし、更に下の脇目が出ている節の辺りでカットしました。
来年もキレイに咲いてくれるでしょうか。
日記

夏の花だより


雨「今日の水やりは、オレにまかせな!!!」
私「雨ーーーーっ!!!!!!(歓声)」

Mo-kuで小さいとはいえ、緑の植わった庭を手入れするようになり……ザーーーーッという雨脚を知らせる音へのイメージはずいぶん変わりました。
今や、最高にうれしいチャイムです。
6月以降は、よほど時間をかけてしっかり水撒きをしなければ、はつらつとした木々の様子は見られません……。こんなに水を撒くものなのかなぁ……と、植えてくださったプロの方へ伺うと、出荷する苗を育てる業者さんも、やはりかなりしっかりやるのだとか。
「土の上に見えている枝や、葉のすみずみまでたっぷり行き渡る量をイメージしてやってください」とアドバイスをいただきました。
しかし、1時間も雨が降れば、水道からの水やりなんて比ではないくらい、てきめんに緑が青々します。
自然の力は偉大ですね……!
元気のみなぎる様子がなんとも力強く、すっかり緑と一緒に雨を待つ梅雨を過ごしています。
 
そういえば、ひまわりなど夏の花は色合いも華やかで瑞々しく、飾ると部屋が明るくなりますね。
この時期は、いろんなところにあらわれるコケも風情があって大好きです。
梅雨がこんなにうれしい季節なんだと、緑が教えてくれたおかげで、最近は毎日とってもルンルンです。
日記

ご近所へお散歩



京都大学 白浜水族館へ行ってきました!
生まれ育った地元のすぐ近くで、小さい頃から存在は知っていましたが……物心ついてからは、すっかり足を運んだことがなかった気がします。
旅行で行く遠くの町のことは熱心に調べたりしますが、地元は意外に知ってるようで知らなかったりしますね。
思い立って訪ねてみると、記憶にある古い建物は一新されており、とてもキレイな施設になっていました!
入り口は小さなロビーになっており、券売機と受付カウンター、荷物を預けるロッカーが少し並んであります。
中の様子は、チケットをもぎってもらい両開きの自動ドアが開いて初めて見えるのですが、突然正面に大水槽が視界いっぱい広がり、大きな近海魚たちが悠々と泳いでいて、とてもインパクトがあります。
展示はめずらしい生き物より、地元で食卓へよく上がるお魚さんたちや馴染み深い生き物が多いです。親近感があり、興味がわきました。生きている姿をこんな近くで改めて観察できる機会というのは滅多にありませんし……!!!

甘辛いお酒のあてや、コラーゲンたっぷりとお鍋などで人気のウツボたち………たくさん居ると…すごくコワイ!!!
笑顔のかわいいエイ。
魚たちには特別、すごんでも笑ってもいないのでしょうけれど、なんだか姿に表情が感じられて、とっても楽しい鑑賞時間を堪能しました。