blogスタッフブログ

日記

堤防のお花畑



吹く風から、凍えるような冷たさがなくなりました。
木の家工房Mo-kuは紀の川のすぐ近くに建っています。川沿いの堤防では早くも若葉や綻んだ花が華やかに揺れていて、お出かけの際に見かけてはすっかり春の気分にさせてくれます。

中でもかわいいのが菜の花。
たくさん咲いていて、遠くからも輝くような黄色が目に鮮やかです。場所によっては本当に「お花畑」というような様子で群生していて、とてもかわいい……!
今年は桜の開花も早いようですね。気象庁によると和歌山市の予測日は3月19日。
もう数週間でお花見までできてしまう季節が到来するんですね。たのしみです。
日記

写真撮影。



年明けから、お家の撮影をさせていただいております。
中村伸吾建築設計室・木の家工房Mo-kuでは、冬は撮影の季節。
というのも、深い軒の出を確保し、方位と太陽を意識して計画する住まいでは、直射日光の厳しい夏場には室内へ日が差しません。あたたかい陽だまりが心地よい冬に最大限お日さまを取り込むよう建てるため、室内写真を明るく撮れる季節は寒い今の時期なのです。
カメラマンさんに来ていただき、日常のワンシーン・ワンシーンをカメラに納めてゆきます。
最近の写真は仕上がりまでに少し時間が掛かるので、完成はまだ見られていないのですが、素敵だった当日の空気を思い出すと、素晴らしい仕上がりに立ち会えそうなワクワクで胸が膨らみます。

先日ご協力をいただいた桜陰緑風の家では、ご家族がたくさんの物づくりに取り組まれていました。
タテ写真は玄関に飾られていた藍。こちら……「私が描いたんです」と奥さん。
なかなかこんなに上手にお花を描ける方も珍しいのに、「藍で染めて」。
染めるのもされたんですか!?「はい。染めるのに使った藍も、私の実家の庭に育ったものから」。
染料まで、手作りされたとのこと………!!!!ほ、本格的……!!!
インタビューにもお応えいただきましたので、いずれMo-ku通信にて、桜陰緑風の家のクリエイティブな暮らしをお届けしたいと思っています。
日記

旅行の波がやってきた!



友人から一報が入り、ネットを検索してみると……。
国内の主要観光地で、お宿の宿泊が軒並み大セールになっていました!!
老舗旅館や有名な高級ホテルも、2月あたまなどは60~80%オフに……!!!!!な、なんてラッキーなんだ!!!
お祭りキブンがたのしく、予約する宛てもなくしばらく様子を眺めていましたが、どんどん満了していく勢いがすごかったです。
どうやら中国からの観光の渡航に制限が発表されたため、それに伴う大規模なキャンセルが発生し、急遽このような国内へ向けたお得なセールとなったようです。
宿泊施設だけに限らず、テーマパークや各種人気サービスも同様の状態の様子。
近々、国内の飛行機や長距離移動にも空席のリセールがありそうな予感がします……。

和歌山にいると意識する場面はそんなに多くありませんが、こんなに沢山の中国の方々が、日本を訪ねて来られていたんですね。
セールには胸がときめきましたが、少しでもはやい非常事態の収束をお祈りしています。
日記

契約はプランを比べてから……?



定休をいただいている水曜のお昼にテレビをつけていたら、全国ネットの情報番組が宮崎市の建築基準法違反容疑事件について取り上げはじめました。
住宅建築のための「確認済証」が偽造されるなど、業者による悪質な計画倒産のようです。
建築業界の者としては内容があまりに衝撃的で、被害に遭った方々を思うと胸がいたみました。

ところが……画面がニュース映像からスタジオへ切り替わると、なんだかまたタレントさん達のコメントの雲ゆきもアヤシイのです……。
「契約はプランを詳細まで提案させてから結ぶべき」
「3社ほどにプランを募り、全社立ち会いの元コンペ形式で発表させる。その際、業者には相互に内容をチェックさせると良い。そうして問題を炙り出したあとで、採用の1社と契約をするのもオススメ」
これらは、おそらくハウスメーカーさんで家を買われる方や、工務店さんとの家づくりを念頭においてのコメントであろうと思われます。

設計事務所の、まさにそのプランを主な職分の一つとする身からすると………大変、残念なご意見でした。
プランを決める場面にこそ、すでにプロが必要なのです。
住まいは、家族が暮らす場所。時間や暮らしは、目に見えるものではありません。
何を大切に、どんな家を、どう建てるのか。
そこではどんな時間が流れ、家族はどう暮らすのか。
目に見える間取りや外観のカタチは、もっと基本的な目に見えないものを突き詰めた上で、充分な文化的要素や知的財産・技術がそそがれ、はじめて体を成すものです。
中身がしっかりと詰まっているために、その縁取りとして現れるカタチが価値を持ち、生き生きと輝きます。
3社でコンペをしても、業者さんたちの相互指摘で炙り出されるのは、価格競争や、よくて耐震や温熱の性能など技術的な点につきるでしょう……。そもそも、コミュニケーションが不十分な勧誘時点では、中身などまだ吟味できる段階にないのです。

手段は目的のためにあります。
私達の事務所を訪ねてきてくださる方々は、「こんな暮らしがしたい」「こんな家が夢だった」「我が家が完成したら」と、期待に胸を膨らませて戸をたたいてくださいます。想いが図面のカタチになるまで、平均でおよそ半年ほどの時間をかけます。願わくば、同じようにこれから家づくりをはじめられる方の多くが、安全で快適な……心弾む我が家と出会われますように。
プランは、ただの営業活動のパフォーマンス診断ツールとして使うには、勿体ないものです。
どうぞ皆さんの希望を、時間をかけて大切に結晶させてください。
日記

迎春



年賀のお便りには「迎春」と書いたりしますが、生花の売り場へもすでに春は届き始めているようです。
スイートピーやチューリップ……Mo-ku(モーク)にかざるものを求めに出ると、陽気を思わせる可愛らしい花々が並んでいました。

今年は暖冬だと言われています。確かに冷え込みはマシなような気もしつつ、強風つづきです。あの吹き飛ばされそうな北東の風に吹かれていると「いやいや本当に?」という気持ちになったりもします。
体感では実感は薄かったですが、もう春の足音も、すぐそこまで来ているのでしょうか。

ところで、チューリップはたくましいですね……!!!
花瓶にさして一晩。翌朝には、なんと数センチ茎が伸びていました。切り花なのに!
最初は一番背の高いチューリップが、ちょうど赤いガーベラと同じくらいの高さだったんです……。
冬の名残が去るのも待たず芽を吹く春の知らせは、さすがの生命力……!!!
日記

あけまして、おめでとうございます。



今年も宜しく、お願い申し上げます。

年末年始は、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
日記

見えるのは、ルークの幽霊だけ。



スターウォーズの最新作エピソード9(ep9)を見てきました。
最近の作品は、そのストーリーの期間に居合わせた一組の男女が必ず恋愛をしなくても良い風潮にあるので、フィナーレを飾った後の物語の広がりに、とても幅が出たと思います。
トラディショナルなスタイルでは、最後は主役やメインキャラクター達の恋の結末を描き、情感たっぷりの抱擁や別れが観客の期待するカタルシスでした。もちろん恋愛も素敵な要素ですが、それが大きなウェイトを占める必要がなくなったことで、友愛、家族愛、隣人愛など多彩な愛情の在り方を描く余裕が生まれ、キャラクターそれぞれの道の探求へ、より大きく扉が開かれてきました。
スカイウォーカーの始祖・アナキンは、元々父親はなく生まれてきた不思議な子供だったので、今回の開放的なエンディングは一族の結びに相応しかった気がします。

ところで、公開の早かった海外では、すでにいろんなファンアートが盛り上がってるんですね!
youtubeで見つけた他の映画の曲のSW版替え歌が面白かった……(ネタバレの可能性があるので、未鑑賞のファンの方はお控えください)。

気合いの入った細部が随所で腹筋を刺激してくるのですが、「求めていたものに気がついた」「for you」「for you」「でも見えるのは、ルークの幽霊だけ」で爆笑してしまいました。オチ!!!!伝説の偉大なるルーク・スカイウォーカーやぞ 笑!!!
すみません、つい地の言葉づかいが。