blogスタッフブログ

日記

うれしいいただきもの



久しぶりに『屋根下空間を楽しむ家』の住まい手さんが、Mo-ku(モーク)へお越しくださいました。平成26年に竣工されたので、4年ぶり…!
お車から降りていらっしゃる様子が懐かしく、お兄ちゃんはすっかり大きくたくましくなられていました。
そして、素敵ないただきもの……

自家栽培のズッキーニと、同じくイチゴのジャム……息子さんがお医者さんへご自身お一人で受診をされた勲章のキャンディを分けてくださいました!
ズッキーニは、こちらの奥さんにいただくまで自宅で調理する機会のなかなかなかった野菜です。 でも彩り美しく、野菜炒めにスープにと、いろいろな味付けでいただけるズッキーニはとっても重宝する野菜で、今では我が家のレギュラーメンバーになりました。最初に食べたのが、手間暇かけて育てられた新鮮で美味しいズッキーニだったという幸運も、新習慣には大きく影響したと思います。

キャンディの柄は、「はぜはら整形外科クリニック」の先生の似顔絵です。
すごく似ていらっしゃいます 笑。
「うちと一緒で、中村設計のOBさんでいらっしゃいますよね!」と奥さん。
建て主さん方は情報がなくとも、街並みから不思議と同窓の皆さんを見つけてくださいます。
お子さんがお一人で症状をお話しになり受診されると、このキャンディを1つもらえるのだそうです。
「4回くらい行ったから」と分けてくださったのですが、4個しかないうちの1個をいただき、胸が熱くなりました。

1階の土間ギャラリーでお茶をさせていただいていると、数年前には毎週こうして何度も打ち合わせをさせていただいていたのが、最近のことのように感じられました。
またこうして訪ねてきていただけて、とっても嬉しい出来事でした。
 
日記

ニオイバンマツリ



毎年4月末からお盆くらいまでは、にわかに花が気になってしまいます・・・。
もともとそんなに土を触ったことはありませんでしたし、どちらかというと億劫がって水やりも途絶えがちなくらいの性分なのですが、毎日次から次へと姿を変え、花を咲かせる植物たちを見ていると、どうにも心が浮き立ちます。
先日、街で良い匂いに引かれて振り返ると、紫と白の花が賑やかな低木がありました。
ニオイバンマツリというそうです。
1本の木に2種類の花が咲いているように見えて「フシギだなぁ」と帰って調べてみたのですが、咲く花は1種類なのだそう。咲いてからの時間経過によって、紫から白へ花色が変化するのだと書いてありました。
ますますフシギな植物です!
4月~7月が開花期と長く、さわやかな芳香もあって、常緑で育てやすい・・・・・・ちょっと、植えてみたい気持ちになっています。
見た目が可愛いし・・・。
ふと空を見上げると、ウロコ雲が出ていました。 空は一足早く、もう夏なんですね。
日記

梅雨の声



連休明けの月曜早々、ニュースでは「奄美地方が梅雨入り」とのニュース!季節はめまぐるしく過ぎていきます。初夏も、もう折り返しにさしかかろうとしているようです。

ここ数日の雨で、木の家工房Mo-Ku(モーク)の前庭では、ヤマボウシがグンと大きくなりました。雨を恵みとばかりにみるみる葉っぱが大きく開き、花が色づいていきます。特によく陽がさす東南側には、一面に白い花が咲き誇っています。

可憐さよりもたくましさが全面に・・・・・・・・・・・元気なのは良いことです!!
しばらくは、この花が溌剌と皆さんをお迎えしていると思います。

これからの梅雨時は、木の家の真骨頂ともいえる湿気の処理能力、呼吸する住まいの爽やかさが感じやすい季節でもあります。
ぜひ実際の過ごし心地を体感に、Mo-Ku(モーク)へはお気軽にお越しください。
日記

懐かしの潮味



皆さんGWはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は実家の田辺でまったりと過ごさせていただき、浜辺へ出かけて久々に磯物を拾ったりしました。
1時間ほど過ごす間の戯れにひとつかみほどの量を持ち帰ったのですが、海水で一煮立ちさせると、フワッと懐かしい香が吹き上がってきます。
特に味付けもしないまま、針でほじった身をたべてみると美味しい・・・。
これでお腹がいっぱいになるワケではありませんが、ささやかなレジャーついでの嗜好品としては充分かもしれません。

そういえば、遺跡から見つかるものとしてメジャーな「貝塚」。
人類は19万5000年前から約7万年もの間つづいた氷期の絶滅の危機を、アフリカ南端の海岸で貝を食いつないで切り抜けたのだとか。
今の人間はその時に一度、数百人まで激減したところから再拡散して世界中に散らばったのだという説もあるそうです。
ご先祖様も、こういう風味を味わっていたのでしょうか。

ともあれ私のこの懐かしさは、そんな遙か太古の遺伝子の記憶ではなく、小さい頃、身内に磯で遊ばせてもらった時分の記憶でしょう。

人間の脳は、ぼーーーっとしている時と、すばらしいひらめきをした時に活性化する部分がまったく一致するのだそうです。
太平洋の水平線を眺めながら、ひらめきへのスタンバイに余念のない休日を過ごしました。
日記

GWのおしらせ


- - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - -
弊社では、誠に勝手ながらGW(ゴールデンウィーク)休暇を下記の日程で休ませていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いします。
 ・田辺事務所:カレンダー通り
 ・木の家工房Mo-ku:5/1(火)~5/6(日)
- - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - -

連休を迎えましたが、皆さんいかがお過ごしでしょう。
Mo-kuでは連日の晴天をうけ、庭の植物たちがいよいよ満開です。この週末は営業しておりますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください!

花が咲いていると、ぱあっとそこだけ明るく感じます。朝一番からすっかり陽気な気持ちで仕事につけるのはありがたい限りです。事務所の中にも、少しお花を飾ってみました。
​​​​
もうヒマワリの時期なんですね!
思い立って産直市場へ行き、沢山ならんでいたので驚きました。季節の巡りは早いものです。 週間天気予報を見てみると、今年のGWは谷の平日2日間以外は、おおむね行楽日和が続きそう。
皆さん充実のお休みをお過ごしください。
日記

庭の花々



あたたかくなって季節変わりの雨天が一家すると、木の家工房Mo-ku(モーク)の庭では、次々に花が咲きはじめました。
じっと冬を耐えたそぞろ寂しい茎から、芽が出て、葉が開き、蕾が膨らむ……花びらが陽射しをツヤツヤと照り返すトコロまで…。
大きな変化が、あっという間に進んでいくのを目の当たりにすると、命の力強さを感じます。
   
家づくりイベント

紀州材のベンチづくり、ありがとうございました!

 
  • ▲ベンチは紀州材のヒノキでつくりました!
  • ▲ご家族に1台づつ、トントントン。
お越しくださった皆さん、ゲスト講師の中西さん、ありがとうございました!!

前日。夕方からのお天気下降はノンストップの勢い……とうとう深夜、暴風を皮切りに警報が発令されてしまい……。明日は車庫でベンチづくりの予定なのに~~~~~ドキドキドキドキ……と、私のドキドキもノンストップでした。
心配をよそに、当日は朝から雨脚が収まり、お集まりいただく2時の頃にはすっかり晴天となりました。
よかった~~~~~~~!

実際に手で触れ、金槌で叩く感触を確かめながら木と向き合ってみると、改めて気がつくことも多いですね。
「地味に、木を叩くのは人生で初めてかもしれません…」
「意外に金槌が弾みます・・・!こんなに弾力があるものなんですね」
といったご感想や…
「あーーーー!!!失敗して、何もないトコ叩いちゃった!!木が凹んだ!!」と焦る方へ、お水を沢山吸い込んだ布をお渡しし「!!膨らんで目立たなくなりました!」と胸をなで下ろす一幕などもあり、臨場感いっぱいの家づくり教室となりました 笑。
 
  • ▲木の特徴を活かす家の在り方についても、皆さんと一緒に考えました。
  • ▲講師の中西さんから皆さんへプレゼントが。お子さんのパズル遊びにピッタリな、何度でも組み立てられるヒノキの小イスでした。