今日の現場からdiary

大島の平屋

  • 住宅
  • 平屋
大島の平屋 完成予想図

大島の平屋 完成予想図

計画

コンセプトは、木の素材感豊かでメンテナンスの楽な家。
当座は別荘のような用途に使われるようで、ご家族の方々のニーズはそれぞれに具体的で個性的。全ての夢を一度に実現するのは難しいが、敷地形状に合わせた平屋のプランをいくつかご提案した。お気に入りいただいたのは、南に大きな開口部を持つLDKがあり、そこにつながる畳間(茶の間)のあるプラン。空間はあまり小さく区切らず、大きなワンルームに寝室がくっついたような空間構成。ご希望だったワンちゃんの部屋(玄関脇の土間)も取れている。天井面は屋根形状に則して梁・タルキなどの構造材をあらわしにした(見えるようにデザインした)勾配天井。屋根の高さを生かして、ロフトも2ヶ所に造ることが出来た。室内の壁などは基本、木と珪藻土で仕上げている。床には無垢の唐松のエンコウ板を張った。
掲載のパースは、道路から玄関に向かってのアプローチ方向から見たもの。開放的な大きな窓がある方向とは逆の方向。(伸吾)

大島の平屋 敷地を訪ねる

大島の平屋 敷地を訪ねる

計画

お声掛けいただいたのは今年の年明け。これから農地転用の段取をして、工事は秋頃からの予定とのこと、それまでの間が設計期間。
クライアントは現在海外にお住まいのお医者さん。近畿一円はあちこちに出かけて行きますが、海外在住の方は初めて。
現場は串本の大島。黒潮の関係か、年間の気温差があまりなく、冬に暖かく、夏に涼しい。住まうには絶好の所だと思う。串本から大島に橋が架かったのは20年ほど前、離島だった頃の風情があちこちに残り、ここで磯釣りでもしながら過ごせるならそれに越したことはない・・・釣り好きの私には心からそう思える。敷地は南北に長く、東の境界に沿って道路が付く。西は一段下がっていて、陽当たりはどの方角も良好。イノシシが出没するらしく、草が茂った敷地の四方はフェンスに囲まれていた。
現地調査の当日は、冬の陽が暖かく、厚着で出かけた我々には汗ばむほどの陽気。土地柄・・・この地での穏やかな住まいのイメージが目に浮かぶような日だった。(伸吾)