今日の現場からdiary

古民家の改修 / 紀の川市

  • 改修
  • 平屋
  • 古民家
キッチンセット据付

キッチンセット据付

仕上

キッチンセットはシステムの既製品。
オールホーローの品物。天板が1メートルを超える奥行きを持つ。
天板の前に隔て板などはなく、大きな天板を食堂側からも一体になって使えるような仕様。

棚付け

棚付け

仕上

棚類が付き始める。写真はトイレのカウンター。
何かと収納が欲しくなる場所なので、このカウンター以外にも便器の後ろに棚を付けた。カウンター下の棚には扉も付く。
カウンターには陶器の手洗い鉢が着く。このカウンターは手すりの代わりでもある。

ポーチ・玄関床仕上げ

ポーチ・玄関床仕上げ

仕上

ポーチと玄関の床は真砂土モルタルを木コテで押さえたような風合いで仕上げた。
染料などは使わず、使用する土の色で発色する。だから、混ぜる分量が要となり、ここは左官の腕任せの部分となる。
表面は長の年月で使い減りもするし、細かなクラック(ひび)も入るが、それがまた味となる。

内壁コーナー

内壁コーナー

仕上

内壁のコーナー部分は、和紙の柔らかい表情に合わせてR(曲面)に仕上げる。
R(曲面)は既製品のコーナー役物とパテ塗りで形成する。
自然素材は厚みをしっかりと表現した方が本物っぽさを強調出来るように思う。

和紙貼り下地

和紙貼り下地

仕上

各部屋の主な仕上げは和紙貼り。
仕上げに先立って下地を調整する。ビス穴はパテで、ボードのつなぎ目にはメッシュを貼り込んで行う。
丁寧な下地造りが、きれいな仕上がりにつながるのは言うまでもない。

設備機器付け

設備機器付け

仕上

建築工事が順調に進んでいるので、出来る所から設備工事が始まった。写真はガス給湯器を付けた所。
オール電化にするお宅も多いが、エネルギー源にバリエーションを持てることや、料理はガスが好き・・・と言われる方には、給湯器もガスをオススメしている。実は私もこっち派。
この給湯器は通常の品物より高効率の品物。最近では給湯器などはなかなか手に入らないので、随分と前から用意を始めた。

ポーチ段鼻

ポーチ段鼻

仕上

玄関ポーチの段鼻は、母屋と同じように金錆石(黄色い御影石)のピンコロで積んだ。
一つ一つの形が微妙に違うが、これが味となる。
いかにも手づくり感が演出できるので、私はこの石をよく使う。

梁を仕上げる

梁を仕上げる

仕上

既存の真っ直ぐな天井を撤去して、新しく勾配天井を付けたことで、これまで隠れていた梁や束などが見えることになった。
そのままでも、既存の元からあった梁なので・・・と言うことでいけそうだが、今回は少しきれいに仕上げをした。
下に下ろすわけには行かないので、すべてが人力になり大変。しかし、一手間入れると見違えるようにきれいになる。

杉板張り

杉板張り

仕上

水廻りと、押し入れや収納などの湿気が気になるヶ所の壁は杉板張りとした。
杉板は調湿性能が高いので、このようなヶ所にはうってつけの材料である。
また、釘やビスなども効くので、壁に何かを付けたいようなときには自由度が高い仕上げ材である。

仕上げを選ぶ

仕上げを選ぶ

仕上

2期工事も順調に進行し、最終の仕上げを選ぶ段階に来た。
写真は和紙を選んでいるところ。素材の配合により微妙に色や風合いが異なる。
色見本ではそれぞれの違いがわりとはっきりと分かるが、現実にこれを現場に貼ると・・・とイメージしながらの作業はなかなかに難しいものである。