今日の現場からdiary

古民家の改修 / 紀の川市

  • 改修
  • 平屋
  • 古民家
大屋根 断熱材

大屋根 断熱材

造作

大屋根に使用する断熱材はパーフェクトバリアのボードタイプのもの。
パーフェクトバリアはペットボトルのリサイクル品。衣料のフリースなどに使用されるポリエステル繊維で出来ているので人には何の害もない。さらに、ビニールなどに包まれていないので、透湿抵抗が低い。湿気の外部排出に妨げとならない断熱材を使うことは、快適な室内環境を造りたいときにはとても大事なこと。

化粧野地板 Ⅱ

化粧野地板 Ⅱ

造作

玄関庇は痛みが激しかったのと、もう少し奥行きがほしかったので骨格から新しくした。
梁・垂木・化粧野地板などは杉材。
元の古民家に使われていた材料類と違和感がないように、きれいすぎる材料は意図して使っていない。

化粧野地板

化粧野地板

造作

大屋根の下に天井板を張る部分、現況の化粧野地板を再使用する部分とともに、一部の野地板はこの際に張り替えて仕上げ(天井)とする。
大屋根は野地板の上に外断熱となるので、新たに化粧野地板を張る部分では雨仕舞いの前のこの時点で施工することになる。
新築のように垂木に精度が出ていないようで、大工は手こずっている様子。

洗いを掛ける

洗いを掛ける

木組

改装の手が入る前に、現況の古材に洗いを掛けて汚れを落とす。
100年を過ごした色・汚れであるので、新しいもののようにはならないが、この時点でひと手間掛けておくのとそうでないのとでは、出来上がりに大きな違いが出る。
新しいものは新しい色。古いものは古い色。このコントラストを楽しみたい。

束を足す

束を足す

木組

外壁の土塗り壁の下部は、そのまま土塗りで地面に達していたが、今回の改修で新たに土台を加え、束を足す。
束の下部には基礎パッキンを挟んで湿気対策とする。
このように土台を新しくして束を足したところは、金網張りとして大きな通風口にしようと思う。床下の換気は充分な方が良い

玄関ポーチ束石

玄関ポーチ束石

基礎

玄関のポーチの束石は金錆石(黄色御影石)の割り肌のものを選んだ。
きれいに成型されすぎていて、ツルッと仕上げられたもの(磨き仕上げのもの)は手造り感が薄い。さりとて、丸石のようなものでは凝り過ぎにも感じる。
建物全体で、そこはかとない本物感を醸したい。

土間コンクリート打ち Ⅱ

土間コンクリート打ち Ⅱ

基礎

床下土間と一緒に、玄関土間も施工する。
床高さは現況の物に合わせた。改装前の床と玄関床の高さは、時代を反映して少し差が大きかったので、ポーチをコンクリートでかさ上げして、使いやすい高低差とした。
段鼻は金錆石、床は昔のタタキ土間の風情を生かして真砂土モルタルで仕上げる予定。

土間コンクリート打ち

土間コンクリート打ち

基礎

土間のコンクリート打ちが出来る。コンクリート下部には防湿シートも敷き込んでいる。
これで、地面の湿気は随分と遮断できると思う。後は床下の風通しの確保である。
出来たところから床組みをはじめる。

解体終了

解体終了

基礎

解体工事がほぼ終了した。
今後は大工工事の準備を進めながら、基礎部分・土間コンクリートの打設をする準備にかかる。
新しい柱なども必要になるヶ所があるが、新しい土間の上に据えようと思う。

新しい野地板

新しい野地板

基礎

既存の竹野地板の撤去に伴い、新しく施工された杉の野地板。
この部分の野地板は化粧で見えることはないが、見えてもおかしくないほどの仕上がり。
新しいものと古いものは、互いに特徴を際立たせて良いバランスで存在する。何もかも無理に揃えてしまうことはないと考えている。