今日の現場からdiary

海の見える家

  • 住宅
  • 2階建て
ストーブを仕込む

ストーブを仕込む

仕上

居間と寝室の取り合い壁に仕込まれたバイオエタノール燃料のストーブ。
枠が見えないので本当にスッキリと仕上がる。
下部スペースは燃料置き場。
ちなみに、ストーブではあるが温度はさほど発生しない。
暖房器具というより、炎を見て楽しむのためのストーブ。

エコカラット貼り

エコカラット貼り

仕上

トイレや脱衣などの水廻りの壁仕上げ材はエコカラットを使う。
珪藻土よりさらに調湿性能や脱臭性能が高い。
最近では優れた性能が認められて、大ヒットし、大変種類が豊富になった。
この住まいでは、岩の割り肌のような目をした白っぽいものが選ばれた。

珪藻土の下地塗り

珪藻土の下地塗り

仕上

1階の主な部屋は珪藻土の塗り仕上げ。
現在はボードの下地調整が出来て、下地塗りをしているところ。
珪藻土は調湿性や脱臭性が高く透湿抵抗も低い。
清々しい空間を造りたいときには適した材料。

折り上げ天井

折り上げ天井

仕上

1階の寝室の壁は珪藻土塗り、天井は折り上げ天井。
一般部分は銘木板張り、折り上げ部分は和紙貼り。
折り上げ天井の4隅には調光が出来る間接照明を仕込んでいて、明るいけれどもまぶしくはない。

和紙貼り下地

和紙貼り下地

仕上

2階の各室の壁・天井は布クロス仕上げ。
和紙よりもはるかに豊富なバリエーションから選択が可能なうえに、通気性の面からも問題がない。
ただし、高級品なので価格は和紙よりも高くなる。
現況は下地の調整・パテ埋めが終わったところ。

2階手すり

2階手すり

仕上

2階ホールの吹き抜けに面するヶ所の手すりはスチールの鋳物製である。
住まい手に欲しい雰囲気を聞き取りして、製作してもらった。
デザインも寸法もこの住まい専用の手造りである。

階段

階段

仕上

屋内の大工工事で最後になったのは階段である。
基本は鉄骨で造っておいて、その上に桧材で段板・蹴込み板・ササラの各部材を取り付ける。
鉄骨工事と大工工事では精度が違うので、細かい寸法調整をしながらの工事になる。

屋外設備工事

屋外設備工事

仕上

外部足場が撤去されたので、屋外の設備工事が始まる。
建物から出ているのは給水・排水などの給排水設備配管。
床下には埋め込まずに、基礎スラブの上に配管し、基礎の立ち上がりを貫通して、外部に出てから土に埋設とする。
こうしておくと後のメンテが断然容易になる。

防水工事

防水工事

仕上

外壁面の防水工事(コーキング)。
外壁に似た色のコーキング材で徹底的に。
もちろん壁内の通気層の中では防水処置をしているので、この部分とで2重の備えとなる。

外部足場撤去

外部足場撤去

仕上

外部足場が撤去されて、外部の工事はいよいよ大詰めを迎える。
この時点では、外装と共に防水工事・樋工事などが出来ている。
今後は屋外の設備工事と外構工事である。