今日の現場からdiary

土間のベンチでくつろぐ家

  • 住宅
  • 2階建て
2階床

2階床

造作

2階床は杉の厚板パネルで床剛性を確保した上で、仕上げの床板の下地を造ります。
根太は縦・横両方向に2段に施工して床の荷重の均等化を図ります。
2段根太の隙間は設備の配管ピットとしても使いますので、配線や配管が縦横に行き交います。。

家具製作

家具製作

造作

現場とは別のところで家具の製作が進んでいます。
使用している材料は全て紀州・龍神産の杉・桧材です。
使い勝手から寸法まで、完全にオリジナルの家具類は、裏で見えなくなる板や引き出しの底板まで完全に無垢の板で造られています。
開け閉めしても木の香り以外、一切の薬品臭がしない家具です。

外壁下地

外壁下地

造作

外壁は外張り断熱の通気工法となりますので、全体にかなり厚くなります。まず下地づくりからです。
横の桟の間に断熱材を仕込みます。その外側に防水層があって、さらに外側が通気層、一番の外側が外壁です。
そんな訳ですから、外壁の開口部は壁つくりの前に枠を建て込みます。写真は玄関引き戸の枠です。

床暖房Ⅱ

床暖房Ⅱ

造作

床暖房は床下からの冷気の影響を受けやすい1階の部屋に敷設されます。
2階は下に部屋があるので冬場でも、底冷えがして・・・という環境にはなりにくいからです。
下地板の下部にあって、見えない根太の間隔を丁寧に調べて位置決めをします。写真は台所部分です。

床暖房敷設

床暖房敷設

造作

床暖房パネルを敷き始めています。
この住まいの床暖房は温水式です。電気ヒーター式に比べて強力な暖房効果が期待できますが、その分無垢の木と組み合わせるときには使い方に注意が必要です。
稼働させるときには上に敷物などを置かないこと、床下の底冷えを止める補助暖房・・・ぐらいに考えて、あまり高温で使用しないことなどです。
本当に屋外が寒い時にはエアコンなどと併用し、無垢のエンコウ板に対しての影響を加減しながら使いましょう。

外装材料をきめる

外装材料をきめる

造作

材料や色決めを行うときには、そのもの単体で決めるのではなく、隣り合う材料のかね合いや全体の雰囲気を確かめながら決めていきます。
写真は外部の木部の色と、塗り壁のかね合い(コーディネート)を確認しているところです。
見本は色が分かり易いように白い台紙に貼られていますが、現場では陽当たりや周囲の色の映り込みなどの加減がありますから印象が見本とは違うこともあります。よくよく吟味しながら・・・選択の難しいところです。

材料選択

材料選択

造作

日常の進捗状況の確認などとは別に、住まい手には時期を見て使用材料などの選択・確認をしていただきます。大きいのは上棟前、次が下地が出来た段階、そして終盤の最終決定の3回です。
今回は2回目の段階で、外壁・内壁・タイルなどの仕様を見ていただきました。特にタイルなどはカタログでの決定が難しいと常々感じているので、候補を選んで本物見本を取り寄せて・・・という段階を踏みます。

換気棟

換気棟

造作

屋根は壁の3倍の日射量を受けると言われています。夏を迎えると、屋根は素手で触れないほどに熱くなってしまうこともあります。ですから、屋根の断熱対策は重要です。
ひとつはもちろん断熱工事、もう一つは通気工事です。断熱層の上にしっかりと通気層を構築し、熱くなって上に昇ってくる空気を、一番高い棟部分で効率的に排熱することが重要です。
熱いままに断熱しようと思うと、想定以上の断熱材が必要になります。ただ断熱材を厚くするだけでは不経済ですので、屋根があまり熱くなりすぎないように・・・の配慮が必要になる訳です。通気層内の活発な空気の動きは屋根の加熱を防ぐばかりでなく、建物内の湿気の排出にも大いに役立ちます。

床下地張り

床下地張り

造作

床下断熱工事が出来たところから床板の下地材を張り始めます。
いつもは断熱材が見えている状況のまま、根太に直接エンコウ板を張っていくのですが、この住まいでは床暖房を仕込みますので、合板の下地を造ります。
床が自由に歩けるようになると内装工事が加速します。連休が明けると、いよいよ本格的な内装工事です。

床断熱工事

床断熱工事

造作

床断熱は大引き間と根太間に2重に入ります。
使用している断熱材はパーフェクトバリア。フリースなどの生地に使われる、人に優しいペットボトルのリサイクル断熱材です。床・壁・天井共にこの断熱材で外断熱の通気工法としています。建物全体の外皮性能(断熱等級)は、最高の等級4です。