今日の現場からdiary

土間のベンチでくつろぐ家

  • 住宅
  • 2階建て
開口部には紙障子を入れます

開口部には紙障子を入れます

造作

アルミサッシの開口部の主なヶ所には紙障子を入れます。写真でサッシの内側の敷居・鴨居に障子溝が切られているのが見えるでしょうか?
タタミの間では普通にサッシの内部に紙障子を仕込みますが、この住まいでは板の間にも同じ様に紙障子を仕込みます。部屋内に柱や梁の見えた意匠なので、違和感なしに仕上がると思います。
紙障子はカーテンなどよりも、開口部廻りの空気の動きを効果的に止める、非常に優れた断熱部材です。

木製の壁下地

木製の壁下地

木組

この住まいは外壁の一部が杉板張りとなります。
外部に木材などの可燃物を張って仕上げる場合には、その下地に建築基準法で決められた防火のための下地をつけることが義務つけられています。今回、防火下地として選択したのは木毛セメント板というカンナくずをセメントで固めたようなボードです。接着剤にセメントが使われているので、防火性能が高く断熱性能も有しています。大事なのは透湿抵抗が低いことです。ですから、湿気はこの板を素通りして屋外に排出され、清々しい室内を造るのに役立ちます。

配線多数です。

配線多数です。

木組

最近は電源を必要とする設備が多くなってきましたので、配線も大変な量です。
それでも、大壁(柱が見えない壁の構造)で天井のある家は簡単に隠せますが、水道工事と同じく、電気設備も計画的な配線・配管の経路を確保することが必要です。
あらわしの家の設備の施工には、大壁の家には必要ない技術(熟練)が必要になってきます。

屋内配管

屋内配管

木組

屋内の水道設備の配管工事は、床のコンクリートスラブの上に転ばして行います。
床コンクリートの下に打ち込んでしまうと、後のメンテの時に難儀するからです。
柱や梁の見えている構造材あらわしの家では、設計時から計画的にルートを決めておかないと、きれいには収まりません。

サッシ搬入

サッシ搬入

木組

外壁の下地ボードの施工が進んできました。サッシも搬入されています。
サッシは外部がアルミ、内部が樹脂のハイブリッドな品物。ガラスはもちろんペアのものを入れています。
色はアルミ素材がいきるように、過度に着色したものは避け、自然なアルミに近い色をオススメしました。

耐震・耐風・断熱・気密

耐震・耐風・断熱・気密

木組

外断熱壁の下張りには耐震・耐風・断熱・気密の役目を果たすインシュレーションボードを貼ります。
黒い物は上記4つの性能を有するもの。茶色い物は断熱・気密の専用ボードです。使用する位置は構造計算によって適材適所に定めます。木の繊維を固めた物で、段ボールを圧縮した様なイメージの品物です。
大事なことは、湿気を良く通すこと。構造用合板のような湿気を遮断する品物では室内が蒸れたり、結露したりする心配がありますが、この品物ではその心配が少なくなります。

2階構造床

2階構造床

木組

確認申請では特に求められていなくても、2階床や屋根面の剛性は建物の耐震・耐風性能を確保する時には要となる性能です。この建物では2階床の剛性を36ミリ厚の杉のパネル( Jパネル)で確保しました。
12ミリ厚の杉板を3層に重ねたこのパネルは、杉そのものの持つ調湿・断熱の性能をスポイルすることなく持ち合わせた優れものの品物です。剛性確保のためには、決められた規格の釘を決められたピッチで施工しなければなりません。

込み栓

込み栓

木組

写真は室内の化粧束ですが、束の上下に仕込まれた丸いチョボのようなもの(込み栓)が見えるでしょうか?
柱や束などと梁はほぞ(柱側)とほぞ穴(梁側)で組まれていますが、通常の機械加工(プレカット)では60ミリほどの短い細工になっています。これを90ミリほどの長ほぞにして、仕口部分を込み栓で止め付けると建物に粘りが出ます。機械加工(プレカット)と手加工の協業でなくては出来ないチョッとした細工が、建物の安全性を高めます。

結露対策

結露対策

木組

外壁面に接する金物は、室内にあるものよりも温度差が大きいところに有りますので、それなりに結露のリスクにさらされます。もちろん断熱材はそれを緩和してくれますが、写真のように金物を発泡ウレタンのようなもので保護してしまうのが効果的です。
掛けた手間に応じて建物の耐久性は高まります。ひと手間・・・これを惜しみたくないものです。

建築金物

建築金物

木組

建築基準法は、得たい建物強度に応じた金物の設置を義務付けています。つまり、古民家のように、釘1本も使わないで建てる・・・様なことは最近では出来ない訳です。ですから、必要に応じて金物は設置しますが、金物があまり強くなりすぎないようにバランス良く建物全体で力を分散するように心がけています。ただし、台風時などの突然の風に対応すべく、通し柱や出隅の柱などの要の柱には計算外で少し強い目の金物を用意します。適材適所でメリハリを利かせて・・・がモットウです。