今日の現場からdiary

市ノ瀬の家

  • 住宅
  • 2階建て
金物固定

金物固定

基礎

基礎立ち上がり部に設置するアンカーボルトやホールダウンなどの金物は、コンクリート打設時に動いてしまわないようにしっかりと固定しておくことが肝要です。
固定の方法は施工する業者によっていくつかの方法があるようですので、それぞれが経験を踏まえて自信のある方法で行えば良いと思っています。
金物は基礎の配筋の中にちゃんと絡んでいることも確認します。

浮き型枠

浮き型枠

基礎

スラブと立ち上がりを一体にコンクリート打設すると、片方(内側)の型枠が地面に着いていない浮き型枠となります。片方だけなら、もう片方に支えてもらう施工が出来るのですが、時として両方の型枠を浮き型枠で施工しなければならない場面が生じます。
施工が難しい両方の浮き型枠も出来れば実現したいところです。今回は南の広縁部分でこの施工に挑戦していただきました。施工は難しくとも、雨水の浸入を防ぐには一番良い方法だと思います。

型枠工事

型枠工事

基礎

配筋が終わると型枠を建て込みます。
スラブと立ち上がりの間に打ち継ぎがあると(スラブと立ち上がりを別々にコンクリート打設すると)その部分から雨水の浸入リスクがありますので、型枠工事に少し手間がかかってもそこは一体施工とします。

基礎立ち上がり貫通部間隔

基礎立ち上がり貫通部間隔

基礎

基礎立ち上がりを貫通する開口部には、一定以上の大きさのものに補強筋施工をすると共に、その部分の強度が落ちないように必要な間隔を確保します。
基礎立ち上がりは地中梁と見なしているので、強度の確保には特に注意を払う必要があると思っています。

配管貫通部の補強

配管貫通部の補強

基礎

基礎の立ち上がりで排水配管が貫通する箇所については、一定の大きさ以上の配管に補強筋を設置します。
配管同士の相互の距離も近くなりすぎないように一定の距離を確保します。
室内から室外へ出る各種配管を全くなくすことはできないので、『どこにどれだけだすか』を事前に検討し、基礎強度に影響がないよう監理することを心がけています。

基礎配筋検査

基礎配筋検査

基礎

鉄筋が組み上がったので、現場にて基礎配筋検査を実施しました。
鉄筋の規格、種類、ピッチ(間隔)等を現場にて検査を行います。
鉄筋はコンクリートを打設すると外部から全く見えなくなるため、コンクリート打設前に入念に検査を行います。

基礎配筋

基礎配筋

基礎

基礎配筋が組み上がりました。
配筋の周囲にある木の柵のようなものは遣方といって、建物の位置や高さを現場で設定する際に使用します。
今回は地盤改良の上にベタ基礎形式の基礎を施工します。
ベタ基礎形式はスラブ(底面)があるので、上部荷重を受け止める面積が大きくなるため、比較的地盤が弱いところでも施工することができます。

土工事終了

土工事終了

基礎

土工事が終了しました。
この時点では基礎(特に地中梁)の形状・寸法などを主に確認します。
また捨てコンクリート形状、防湿シートの様子、墨出しの様子なども確認項目です。
この次には配筋・型枠・・・と進んでいきます。

杭頭

杭頭

基礎

分かりにくいかもしれませんが、写真中央部の砕石が周囲と少し違うことがお分かりでしょうか?この部分は地盤改良杭(砕石杭)の頭(最上部)の部分です。
建物の重みがしっかりと地面に伝えられるように、コンクリートの直下までこの部分が到達している様子を、コンクリート打設前のこの時点で確かめます。

捨てコンクリート打ち

捨てコンクリート打ち

基礎

基礎コンクリートの形に合わせて地盤を成形し、敷き砂利を入れて締め固めた後には、防湿シートを敷き込んで捨てコンクリートを打設します。
捨てコンクリートには正確な基礎の形状を造り出す上で大切な墨出し(地面に直接形状を描く)の下地としての役割もあります。