今日の現場からdiary

市ノ瀬の家

  • 住宅
  • 2階建て
竣工

竣工

完成

師走の良き日に無事に竣工しました。
おかげさまをもちまして、木の香り豊かな清々しい住空間を持つお家が出来上がりました。
根気強くお付き合いいただいた住まい手ご夫婦、誠意を持って丁寧に現場に当たってくれた各職方の皆様に心から感謝します。ありがとうございました。

見学会

見学会

仕上

住まい手のご厚意で、見学会を開催させていただききました。
木の家は、同じ様に見えても中身が違えば快適性は異なる・・・と所長が力説しています。
快適に生活するために組み込まれた数々の工夫を知って欲しかったのでしょう。
百聞は一見にしかず・・・機会を見つけて是非現場を訪ねてみて下さい。これまでの常識が変わってしまうかもしれませんよ。

トイレ手洗い

トイレ手洗い

仕上

トイレは少し面積を大きく取って、専用のカウンターを設け、その上に陶器製(美濃焼)の手洗い器を設置しました。
桧の無垢板で造ったカウンターは、物が置けると同時に手すりとしての役目も果たします。
特徴的なガラスブロックの窓ともきれいに取り合いました。

薪ストーブ

薪ストーブ

仕上

大きな玄関土間には薪ストーブが据わります。
これまではヨーロッパ製のものが多かったのですが、今回は同等の規格を通った国産品。遮熱板などはこちらの方がしっかりしているように感じます。
これ1台でこの住まいを温めるために、風の道はしっかりと設計されています。これからの季節には心強い暖房器具です。

美装工事

美装工事

仕上

ほとんどの工事が終わっていよいよの仕上げです。最後に行われるのは美装工事。写真は唐松の床板に蜜蝋ワックスを掛けて養生しているところ。
無垢の床板には石油由来の樹脂ワックスを掛けずに、蜜蜂の巣から採れた蜜蝋ワックスで仕上げます。蜜蝋ワックスは無垢板独特の木の呼吸や湿気の調節機能を邪魔することなく、表面を保護します。

シーリングファン

シーリングファン

仕上

吹き抜けのあるお住まいでは、暖房時に暖気が上に上がってしまって底冷えがする・・・ということが起こりえます。
そこで、天井面にシーリングファンを付けました。これで上がってきた暖気をもう一度床面まで押し戻す訳です。
扇風機みたいに勢いよくは回りませんが、大きな羽根がゆっくり回って結構な風量で部屋全体の空気をかき混ぜます。

木製外部デッキ

木製外部デッキ

仕上

南の掃き出し窓には木製のデッキを付けました。材料は桧、仕上げはトーメイの木材保護材です。
このデッキがあることで室内と屋外の行き来が楽になり、使い勝手が格段によくなります。
冬場のお天気の良い日には、気持ち良いひなたぼっこが出来る場所でもあります。

住設機器

住設機器

仕上

仕上げ工事も一段落付いて、住設機器などが付き始めています。
写真はエコ給湯。オール電化仕様のお家によく採用される給湯器具です。
深夜電力がとっても安かった時代には、一気に広まりました。
最近では、光熱費の観点より、直接火が出ない・・・ことの方が重要視されているような気がします。

外部流し

外部流し

仕上

この住まいには玄関横の足洗いの他にもう1ヶ所、ステンレスの外部流しが付いています。
泥の付いた野菜を洗ったり、釣ってきた魚を捌いたり、室内では汚してしまうのが心配で出来ないような仕事もここで出来ます。
給水栓には蛇口が2つあり、庭の水まきのホースもつなぎっぱなしに出来ます。

エコカラット

エコカラット

仕上

エコカラットはリクシルの内装タイルです。
調湿性と脱臭性に優れているので、トイレや脱衣室などの水廻りの部屋に使うことが多いです。
数年前に登場して以来、爆発的な人気で、びっくりするぐらいバリエーションが増えました。性能を買われて、いまでは至るところの壁仕上げ材料として使われています。