今日の現場からdiary

市ノ瀬の家

  • 住宅
  • 2階建て
設備工事

設備工事

造作

和紙の下地を付けはじめる前に、スイッチボックスなどの設備工事を先行します。
ラス板などの欠損が大きくなりそうなヶ所には補強もしながら進めていきます。
工程ごとに入る職人が違うので、意思の疎通・それぞれの連携が大切になってきます。

コーキング打設

コーキング打設

仕上

変成シリコンのコーキングは色幅が豊かです。
木部のコーキングは木の色に良くあったものを探して施工します。
木部は乾燥や経年変化でよく動くので、施工には細心の注意が必要です。

コーキング養生

コーキング養生

造作

外壁のコーキング養生が始まっています。
何ごとも、本番の前には準備が大事。
特に木部はコーキング(防水材)が付きにくいので、正確にしっかりと・・・を心がけながらのお仕事です。

雨戸内部

雨戸内部

造作

南の壁は桧の板張りですが、雨戸の内部はどこからも見えないところなので、サイディング張りで仕上げます。
開口部はアルミサッシを入れていますが、戸袋の鏡板は外壁に合わせて木で仕上げます。
ですから、南面は全体的に木の風合いで仕上がります。

外壁サイディング

外壁サイディング

造作

遅くなっていた外壁のサイディングが張れました。
塗り壁に見えるように仕上げたいので、大判の板で目地をつぶして、継ぎ目のない一枚の壁のように仕上げます。
仕上げはリシン吹きです。

天井下地

天井下地

造作

水廻りなどの天井は和紙仕上げです。和紙の下地はプラスターボード。天井面のプラスターボードの下地にもラス板を使います。
ラス板は12ミリ×90ミリの杉の板です。原木から、柱や梁などを取ったときにでる端材で色々な羽柄材を作りますが、色々なものを作った後の最後の端材で造ります。ですから、あちこちに丸みが残っていたりすることもよくあります。
天井に空いている穴は、2階に上がる(2階から下げる)設備の配線・配管類の点検用のものです。

壁下地

壁下地

造作

珪藻土や和紙の下地にプラスターボードを使う場合には、プラスターボードの下地に300ピッチのラス板(下地板)を施工します。
壁に何かを付けるときや、大きな力が加わったときにはこの下地板が壁の補強になります。
壁内に何かの設備を仕込むときやエアコンなどを吊るときにも下地として役立ちます。

気密処理

気密処理

造作

建築工事でしっかりと気密の処理をしたつもりでも、時期が遅れて始まる設備の工事などではついつい気密に対する気づかいが弱くなったりすることがあります。工事の進捗に合わせて、各工程でもれなく注意を払ってこそ抜かりのない建物が出来ます。
写真は床の気密層を貫通する電気の配線・配管の気密処理の様子。後で入る工種は責任を持ってその部分の気密処理を行います。

床養生

床養生

造作

造作工事の終わったところから床を張っていきます。
床は小さな面積のところでも、張り上がったところから順次養生をしていきます。折角の化粧板も、小石などが入り込み痛んでしまうことがあるからです。面倒くさく感じても、都度都度の手間がきれいな現場を作っていきます。

造作工事続く

造作工事続く

造作

造作工事が続いています。写真は畳間廻りの鴨居の様子。
室内のドビラ類は基本的に引き戸を採用しています。
引くヶ所や引き枚数によっては壁内に収まりきらないこともあるので奥行きが大きくなります。そんな時には柱に付け物をしないで、柱そのものを大きくして納めています。その方がきれいに納まります。