今日の現場からdiary

本脇の家

  • 住宅
  • 2階建て
電気工事

電気工事

造作

雨仕舞いが大体片付いてきた頃から室内の設備工事が始まる。
写真は電気の配線工事。
電動の設備機器が多いのは最近の傾向、最終的には驚くほどの配線の量になる。
電気屋は基礎にかかる前の仮設の段階から、竣工前の照明器具などの取り付けまで、最も長い間家づくりに関わり続ける。

開口部枠

開口部枠

造作

外壁のアルミサッシ取り付きヶ所には木製の枠を付けることが多い。
一つには、外壁に断熱や通気の層を取っていくとサッシの見込み(奥行き)が足りなくなるからである。もう一つの理由は、枠を取り付けることで単調な外壁面に立体感が出て、木の家らしい味わいが出るからである。

外壁下地

外壁下地

造作

外壁の下地は木毛セメント板。
防火と断熱の役目を果たす、かんなクズをセメントで固めたような板。
この板と断熱材(パーフェクトバリア)でこの家の外壁の断熱層とする。
サッシの建て込みは大工の仕事。

屋根工事(下屋)

屋根工事(下屋)

造作

下屋も大屋根と同じようにガルバの着色板でタテハゼに葺く。
外壁との取り合い部には、大屋根の棟排気と同じような役割の仕組みを仕込む。
屋根の下には通気層、その下には断熱層を持つ仕組みも大屋根に同じ。

屋根工事(大屋根)

屋根工事(大屋根)

造作

大屋根はガルバ鋼板の着色板をタテハゼに葺いた。
軽量なので、地震などの外力には強い。その上、上から下まで継ぎ目がないので雨漏れリスクが少ない。さらに、経済的な屋根葺き材料である。
棟部には換気棟を仕込んであるので、屋根面で熱くなった空気は上に登り、最上部から排出される。

屋根通気

屋根通気

木組

屋根面には効果的な通気層を組み込むことが重要。
屋根下の熱気を抜いてしまうと、室内への影響は少なくてすむ。
通気層無しでは倍程の断熱材を充填しなければならない。
通気層に手をかざしてみると、晴れた日にはドライヤーで熱したほどの熱気を含んだ空気が登ってくる。

建築金物

建築金物

木組

地震や台風時などで建物に外から力が加わったときの柱の引き抜き力に応じて柱と梁、柱と横架材、柱と基礎などは必要な金物で止め付ける。
金物と木材は桁違いに強さが違うので、金物を使用するヶ所や取り付け要領には細心の注意が必要である。

筋交い

筋交い

木組

屋根の防水が出来るまで工事が進めば、次は壁である。
壁の剛性は筋交いと面材を適材適所で組み合わせて確保する。筋交いの寸法、方向、数量などは全体を見ながら決定する。方向としては、強い金物を多く入れなくても良いように、建物全体にバランス良く間配る事を心がけている。

屋根工事

屋根工事

木組

上棟後一番に済ませるのは屋根工事である。
写真のように防水シートの施工が出来れば一息を付ける。この時点で屋根の断熱工事と通気工事は出来ている。野地板も化粧であるから出来ている。後は屋根材(ガルバ・タテハゼ葺き)の施工を残すのみである。

屋根断熱

屋根断熱

木組

屋根面は外壁の3倍程の太陽熱を受けるヶ所であるので、断熱には特に気を付ける。
断熱層の上には外壁からつながる通気層。ここの空気をスムーズに流せれば室内の断熱効果は高まる。通気層はクルマのエンジン冷却用のラジエターの役目である。
通気層の空気の移動を利用して室内の湿気を排出できるように、断熱層は透湿抵抗の低いもの(湿気の移動に妨げが少ないもの)を選ぶ。