今日の現場からdiary

家族と成長する家

  • 住宅
  • 2階建て
枠付け造作

枠付け造作

造作

この住まいでは玄関建具が大型の木製引き込み戸となっている。
だから、サッシとは違い、大工の造作工事で敷居・鴨居を取り付ける。
写真は鴨居の様子。枠共に地元の桧材。引き込みのガラス戸が2枚、網戸が1枚、雨戸が2枚なので結構な見込み(奥行き)となる。
タレがないように上部は金物で補強してある。

システムバス据え付け

システムバス据え付け

造作

住設機器で一番早くに取り付くのがシステムバス。
屋根や外壁廻りの雨仕舞いができるとすぐに段取りをする。
内壁や間仕切りなどの、内部の工事が進んでからだと、大きな部品を組みあげるシステムバスは施工がきつくなる。

換気棟

換気棟

造作

棟(屋根の一番高いところ)には熱くなった空気を排出するための換気棟を付けた。
屋根そのものが熱くなってしまうと、その熱を遮断するのに大量の断熱材が必要となる。
屋根面で熱くなった空気を速やかに排出してしまえば、断熱材は節約できる。

大屋根葺き

大屋根葺き

造作

大屋根は(下屋共に)ガルバリウム鋼板の素板をタテハゼ葺きとした。
軽量で地震に強い上に、上から下まで継ぎ目のない板なので雨漏れもしにくい。
切り妻の屋根形状と共に守りの堅い屋根となった。
さらに加えて、素板であるので、カラー鋼板のように色落ちの心配もない。

電気配線・配管

電気配線・配管

造作

構造材あらわし(柱や梁の見えている意匠)の木の家では、設備の配線・配管などの取り廻しが大変。
すぐ近くの照明器具からスイッチまでの経路も、柱や梁で遮られて最短で結べないことが多い。
事前に準備して計画的に配線・配管するが、線や管は一般の大壁の家の倍の量を超えて必要になることもあるので、工事には熟慮と共に慣れが必要である。

防水テープ

防水テープ

造作

透湿防水シートの端部は丁寧に防水テープで補強する。
梁などの外壁(防水層)貫通部は特に注意が必要なところ。
梁に割れなどが発生した場合にも、奥(室内)まで続いているようならコーキング処理をしておくこと。

雨仕舞い

雨仕舞い

造作

屋根の防水シートが張られ、壁の透湿防水シートが張り上がって、最低限の雨仕舞いが出来た状態。
この時点で、屋根面ではすでに断熱・通気の工事と共に、天井仕上げが出来上がっている。
壁面は防火の処置と外壁断熱が出来たところ。この住まいの断熱は、この外壁断熱と壁内の充填断熱を合わせて性能が発揮できるように設計している。

設備工事

設備工事

木組

本格的に室内の大工工事が始まる前に、設備工事が入る。
写真は給排水工事。後のメンテが楽なヘッダ管方式で給水・給湯管を施工する。
この時点で、床下の主な排水管や追い炊き配管なども仕込む。

持ち出し梁補強

持ち出し梁補強

木組

外壁面の持ち出し梁(室内につながっていない梁)は、ボルト止めだけが頼りとなる事が多いので、万全を期して杉厚板を加工した補強を施す。
古民家などではよく見かけるが、最近の建物ではとんと見なくなった方法である。
補強(ほおづえ)の有ることで梁の安心感は飛躍的に高まる。

サッシ取り付け

サッシ取り付け

木組

外壁廻りのサッシもこの時点で取り付ける。
紀南地方ではサッシの取付職が専門で入るが、紀北では大工が取り付ける。
網戸や雨戸は竣工時に美装が終わった最終の段階で取り付ける。