今日の現場からdiary

古民家の改修 / 田辺市新庄町

  • 改修
  • 2階建
  • 古民家
防水テープ

防水テープ

造作

換気扇の配管や梁など、透湿防水シートを貫通する部分については防水テープで養生します。
これにより外気の空気が内部に侵入することを防ぎ、外壁の気密を確保します。

透湿防水シート

透湿防水シート

造作

外壁は断熱材の上から透湿防水シートで全体を覆います。
透湿防水シートは外部からの水分をシャットアウトしますが、湿気の移動は阻害しません。
この性質から室内湿気を外部へ排出する事に役立ってくれています。

2階梁補修 挟み梁

2階梁補修 挟み梁

造作

食害を受けた梁の補修が完了しました。
予定通りに既存梁を両側から新規梁で挟み込み、ボルトでこまめに固定しています。

2階梁加工

2階梁加工

造作

梁補修に向けて既存梁の加工を始めています。
食害部分を斫っているのですが、かなり中の方まで食べられている部分もちらほら…。
徹底的に食べられている状況を見て、シロアリの怖さを改めて痛感しました。

2階梁補修

2階梁補修

造作

シロアリの食害を受けた梁の補修に向けて準備を始めています。
食害を受けた梁は内外から新しい梁で挟み込んで補修する予定です。
まずは梁の仕口加工から。

外断熱

外断熱

造作

断熱方式は外断熱です。柱や梁の外側を断熱材でスッポリと覆います。
通常の内断熱(壁の中に断熱材を入れる方式)では、柱や梁の部分がヒートブリッジとなって断熱にムラが出来たりすることがありますが、外断熱では家全体を包み込むので、そんな心配がありません。

断熱材

断熱材

造作

断熱材として採用したのは、ペットボトルなどのリサイクル品であるポリエステル製のパーフェクトバリアという商品です。
通常のグラスウールと遜色ない断熱性能を持つ上に、フリースなどとして衣料にも利用されるほど人に害がない材料です。
人に害がないのでビニールに包まれてはいません。ですから、透湿抵抗が低く、室内の湿気を外に排出できる・・・という利点も持ちます。床・壁・天井ともにこの断熱材を使用します。

蓄熱層

蓄熱層

造作

この住まいでは、元々あった土塗り壁を室内側の蓄熱・調湿の材料として最大限に利用します。
断熱層は新たに柱の外側に設けます。その外側に通気層、さらに外側に外壁仕上げ面・・・となる訳です。
通常の外断熱では、断熱性能は確保出来ても蓄熱や調湿の性能は足りないことが多いものですが、土壁がそれを補っているので、断熱だけの住まいより快適に過ごせることだろうと思います。

サッシ取付

サッシ取付

造作

構造体や壁下地の施工が出来たので、サッシ取付を行います。
田辺市近辺では専門業者が取り付け工事を担当します。

壁下地

壁下地

造作

外壁の下地ボード張りを行っています。
下地ボードの材はどんな物でも良い…というわけにはいきません。
透湿性能の低い材を使ってしまうと、室内の湿気が外部へ排出できず、壁の中で結露を発生させる原因になりかねません。
そんなことにならないよう、十分注意しながら下地材を選定しています。