今日の現場からdiary

古民家の改修 / 田辺市新庄町

  • 改修
  • 2階建
  • 古民家
左官工事

左官工事

仕上

吹き抜け部分に新しく足場を組み直して、壁・天井の仕上げ工事に入ります。
ほとんどの壁は珪藻土塗りです。現在はその下地を造っているところ。
土塗り壁部分は、下地用のプラスターで塗り起こし、新しく造った壁部分は下地板の継ぎ目部分をメッシュで補強し、材料に応じた下地ごしらえをします。
最近はお手軽な乾式のクロス貼りばかりが増え、湿式の塗り仕上げがとんと少なくなったため、左官さんは大変のようです。
室内の湿気調節には、もちろん湿式の広報の方が有利です。

階段

階段

仕上

階段が付きました。居間に露出のストリップ階段です。
材料は桧の無垢板、隣の柱は杉の磨き丸太です。無垢の板は、室内の湿度や経年変化で少しずつ動きますから、製作は大工の腕の見せ所です。
少し勾配が急にも見えますが、旧の階段よりは随分と上りやすくなっています。

仕上げを決めます

仕上げを決めます

仕上

内壁は珪藻土、屋根面は和紙貼りが主な仕上げ材です。
一口に珪藻土と言っても、色はもちろん仕上げの風合いまでたくさんの種類があります。出来るだけの見本を用意して、住まい手と慎重に決めていきます。
和紙もたくさんの種類がありますが、最近ではビニールクロスと同じ様に施工が簡略化されていますので、材料が特殊でも現場の扱いは随分と楽になっています。

塗り壁下地

塗り壁下地

造作

大工仕事が片付き、足場の良くなったところから壁の補修に入ります。
見えるところの壁仕上げはほとんどが珪藻土塗りですが、下地がプラスターボードのところ(新しく造った壁)と土塗り壁のところ(古い壁を再利用するところ)がありますので、それぞれに適した下地を造っていきます。
写真は土塗り壁部分です。塗り厚が厚くなりますので補強の網を塗り込みながら塗り重ねて下地にします。

内部足場

内部足場

造作

吹き抜けの整形が出来あがり、床張りもほとんどが出来ましたので、壁塗り・天井仕上げ用の足場に組み直しました。
仮設の足場などは、仕事の段取によって何度か組み替えながら工事を進めます。
特に、改装工事などで吹き抜けの位置などが変わると必須の作業となります。

外部庇

外部庇

造作

外部の庇も新しくしました。
最近では軒の出や庇のない建物も増えてきましたが、陽差しを調節し、雨・風・紫外線から建物を守るのに大事な部品です。
住宅金融公庫などの調査によると、軒の出や庇のある建物とない建物では雨漏れの危険性も随分と違うようです。

外壁工事

外壁工事

造作

外壁は上部が塗り壁風、下部は焼き杉板の縦張りです。
上部のサイディングが張り上がりました。この上に塗料を吹付けて塗り壁のように仕上げます。
新しく取り付けた木部は透明の木材保護材塗りの仕上げです。

上がり框・式台

上がり框・式台

造作

上がり框、式台ともに地元の桧の耳あり(丸みを活かしたもの)の材料で設えました。
角に成形してしまうと何だか味気なくなる部材も、山に生えていたときと同じ丸みを活かして使用すると、どの材料も表情豊かで馴染みやすいものになるような気がします。
節は少しありますが、生き節(抜けていない節)なので個性的です。

縁側床板張り

縁側床板張り

造作

畳間の外側にある縁側は、伝統に則り桧の無垢の縁甲板で仕上げました。
地元の桧で節もなくきれいな目(年輪)をしています。
杉と同じく桧も針葉樹で、断熱・調湿の性能は高く、その代わりに広葉樹よりは少し傷つきやすい特性を持っています。

造作工事

造作工事

造作

室内では敷居・鴨居の造作工事が床張りと同時に急ピッチで進んでいます。
材料は地元の桧。いずれも柾目の節のないきれいな材料です。
大工さんも手袋をして、扱いには細心の注意を払います。