今日の現場からdiary

海の見える家

  • 住宅
  • 2階建て
和紙貼り下地

和紙貼り下地

仕上

2階の各室の壁・天井は布クロス仕上げ。
和紙よりもはるかに豊富なバリエーションから選択が可能なうえに、通気性の面からも問題がない。
ただし、高級品なので価格は和紙よりも高くなる。
現況は下地の調整・パテ埋めが終わったところ。

2階手すり

2階手すり

仕上

2階ホールの吹き抜けに面するヶ所の手すりはスチールの鋳物製である。
住まい手に欲しい雰囲気を聞き取りして、製作してもらった。
デザインも寸法もこの住まい専用の手造りである。

階段

階段

仕上

屋内の大工工事で最後になったのは階段である。
基本は鉄骨で造っておいて、その上に桧材で段板・蹴込み板・ササラの各部材を取り付ける。
鉄骨工事と大工工事では精度が違うので、細かい寸法調整をしながらの工事になる。

屋外設備工事

屋外設備工事

仕上

外部足場が撤去されたので、屋外の設備工事が始まる。
建物から出ているのは給水・排水などの給排水設備配管。
床下には埋め込まずに、基礎スラブの上に配管し、基礎の立ち上がりを貫通して、外部に出てから土に埋設とする。
こうしておくと後のメンテが断然容易になる。

防水工事

防水工事

仕上

外壁面の防水工事(コーキング)。
外壁に似た色のコーキング材で徹底的に。
もちろん壁内の通気層の中では防水処置をしているので、この部分とで2重の備えとなる。

外部足場撤去

外部足場撤去

仕上

外部足場が撤去されて、外部の工事はいよいよ大詰めを迎える。
この時点では、外装と共に防水工事・樋工事などが出来ている。
今後は屋外の設備工事と外構工事である。

バイオエタノールの暖炉を据え付ける

バイオエタノールの暖炉を据え付ける

仕上

この暖炉は壁内に埋め込む形で据え付ける。
手前の部屋からも、奥の部屋からも炎が楽しめる趣向である。
本体だけでも数十キロになるので、据え付けにはしっかりとした下地が必要になる。
現在見えている黒い鉄板の枠部分は、仕上がるとほとんど見えなくなり、ガラス越しに炎が見えるのみとなる。

通気桟と枕棚

通気桟と枕棚

仕上

収納(クローゼット)の内部は無垢の板張りで仕上げて、突き当たりの壁には荷物が満載されても通気が確保できるように30ミリ角の通気桟を取り付ける。
枕棚も、床板はスノコ状にしている。棚の前框に洋服を吊るす用のステンレスのパイプを取り付ける。

外壁面コーキング

外壁面コーキング

仕上

コーキング工事が始まる。丁寧に養生して、サイディングの継ぎ目を埋めていく。
防水工事は地味ではあるが、万が一の雨漏れを防ぐ要となる工事。
細心の注意が求められる。

車庫内部

車庫内部

仕上

これまで合板の下地が見えていた車庫内にも、ケイカル板が張られた。
下地合板は仕上げ板を安定させるためである。ケイカル板は不燃の材料であるので、車庫内の万が一にも安心感が高い。
最終の色付け仕上げは水性のAEP塗料で行う。