今日の現場からdiary

古民家の改修 / 田辺市新庄町

  • 改修
  • 2階建
  • 古民家
水廻り壁

水廻り壁

仕上

トイレや脱衣場などの水廻りの壁は杉板を張っています。
杉板は湿気の調整に優れ、作業中に体や荷物が当たっても傷つきにくく、実用的な部屋の壁には適した材料です。
赤味のところと白太のところが入り交じっていますが、これも天然の無垢材の面白さだと思っていただければ・・・。

和紙貼り

和紙貼り

仕上

天井の和紙が貼り上がりました。
屋根の形状のままの勾配天井に、自然な風合いの和紙が良く馴染みます。
継手のところは2センチほどの重ね継手で、和紙の伸び縮みに配慮しています。

外壁仕上げ

外壁仕上げ

仕上

建物上部はサイディングの上に吹付け仕上げをして塗り壁風に仕上げました。
湿式で(モルタルなど)下地を造ると割れが心配なのでサイディング下地としています。
サイディングや目地のコーキングなどに経験をいかして下地造りをしていますので、このぐらいの距離ではまるで塗り壁のように見えると思います。

杉板張り

杉板張り

仕上

主要な部屋の壁は珪藻土仕上げですが、押入・物入れなどの内壁は杉板張りを採用しています。
湿気調整が良く出来る材料なので、カビなどが繁殖することがありません。
収納する荷物などが触れても破損することがなく、こんな場所には適材だと思います。

木部見え掛かり

木部見え掛かり

仕上

古民家の改修なので、至る所に写真のような梁掛かりが見えてきます。
茶色に変色しているのが元々の古材、白く見えるのが改装に伴って新しい木で補修されたところです。
梁も真っ直ぐではなくて、山に生えていたときのままの曲がりを活かして組まれています。仕上がってくるにつれて古材の存在感・面白さが際立ち、仕事にもやりがいが出て来ます。

左官工事

左官工事

仕上

吹き抜け部分に新しく足場を組み直して、壁・天井の仕上げ工事に入ります。
ほとんどの壁は珪藻土塗りです。現在はその下地を造っているところ。
土塗り壁部分は、下地用のプラスターで塗り起こし、新しく造った壁部分は下地板の継ぎ目部分をメッシュで補強し、材料に応じた下地ごしらえをします。
最近はお手軽な乾式のクロス貼りばかりが増え、湿式の塗り仕上げがとんと少なくなったため、左官さんは大変のようです。
室内の湿気調節には、もちろん湿式の工法の方が有利です。

階段

階段

仕上

階段が付きました。居間に露出のストリップ階段です。
材料は桧の無垢板、隣の柱は杉の磨き丸太です。無垢の板は、室内の湿度や経年変化で少しずつ動きますから、製作は大工の腕の見せ所です。
少し勾配が急にも見えますが、旧の階段よりは随分と上りやすくなっています。

仕上げを決めます

仕上げを決めます

仕上

内壁は珪藻土、屋根面は和紙貼りが主な仕上げ材です。
一口に珪藻土と言っても、色はもちろん仕上げの風合いまでたくさんの種類があります。出来るだけの見本を用意して、住まい手と慎重に決めていきます。
和紙もたくさんの種類がありますが、最近ではビニールクロスと同じ様に施工が簡略化されていますので、材料が特殊でも現場の扱いは随分と楽になっています。

塗り壁下地

塗り壁下地

造作

大工仕事が片付き、足場の良くなったところから壁の補修に入ります。
見えるところの壁仕上げはほとんどが珪藻土塗りですが、下地がプラスターボードのところ(新しく造った壁)と土塗り壁のところ(古い壁を再利用するところ)がありますので、それぞれに適した下地を造っていきます。
写真は土塗り壁部分です。塗り厚が厚くなりますので補強の網を塗り込みながら塗り重ねて下地にします。

内部足場

内部足場

造作

吹き抜けの整形が出来あがり、床張りもほとんどが出来ましたので、壁塗り・天井仕上げ用の足場に組み直しました。
仮設の足場などは、仕事の段取によって何度か組み替えながら工事を進めます。
特に、改装工事などで吹き抜けの位置などが変わると必須の作業となります。