ブログblog

WEB内覧会

WEB内覧会~タイルと真鍮目地~

WEB内覧会~タイルと真鍮目地~
玄関アプローチに続いて、室内をご紹介していきます。
木の家工房Mo-kuの1階は土間のギャラリースペースとなっており、各種イベントの開催や打ち合わせなどもこの1階の土間スペースで行います。今回は土間の床仕上げをご紹介します。
 
  • ▲1階のギャラリースペース。室の両側に引き込みの木製掃き出し窓を備える。

床タイル

土間の仕上はタイルと金錆砂利洗い出しを併用した仕上となっており、床の外周を金錆砂利洗い出し、室の中央部分に外部用床タイルを採用しています。
 
  • ▲屋外用床タイルによる床仕上げ。
タイルは赤め、かつ、少し色のバラツキがある品を採用しています。ムラのない均一なタイルも良いのですが、バラツキがあるタイルの方がより自然な風情に仕上がります。
また、土間を蓄熱体として利用した蓄熱式土間床暖房を採用しており、真冬に裸足で歩いても暖かく感じます。

真鍮目地

金錆砂利洗い出しとタイルの間は真鍮の目地を埋め込み、見切っています。
 
  • ▲タイルと金錆砂利洗い出しを見切る真鍮目地
金属目地に関してはアルミやステンレスなど色々種類がありますが、真鍮で製作されたものはとりわけ赤めの色や木の色と相性が良く、よく使用する材料です。