ブログblog

昼食は糸島牡蠣小屋で。
食べ物の話題

昼食は糸島牡蠣小屋で。

岐志漁港に立ち寄って牡蠣小屋で腹ごしらえ。農業ハウスのような牡蠣小屋が10軒を越えて並んでいます。のぞいてみると、材料と料理法が似ているのでどこもメニューに工夫を凝らしているようです。どちらも美味しそうでなかなかお店が決まりません。ところが、似たようなお店が続いているのに集客に差があります・・・不思議な現象です。
どこに入ろうかと思案していたら娘が、今日はバスが止まっていない、ということは地元客が中心、だったら一番客数の多いところが美味しい・・・ということじゃない・・・と一言。この言葉を信じて、手前から3件目あたりの一番お客さんのたて込んでいるお店に入りました。
牡蠣を中心に貝・エビなどを注文。凝った料理には目もくれずひたすら炭で焼くのみ、そしてどんどん頬張るのみ・・・こんなに貝類を一度にたくさん食べたのも、それだけで満腹になったのも初めてだ・・・次男の感想がそのまま一同の感想でした。
腹ごしらえもしっかりと出来たので、この勢いで唐津に走ります。
安納芋。
食べ物の話題

安納芋。

先日、備長炭の残り火で炭化したのがこのお芋です。種子島の安納芋。とっても甘くて焼き芋に最適です。糖分が多すぎるのか、他の芋のように芋けんぴなどを作るとボロボロともげてしまってその手の料理には向きません。
このお芋が気に入った家内は、毎年時期が来ると嬉々としてお取り寄せ・・・私も御相伴にあずかっています。あまり大きなものは、うちの家では焼き芋には向きません。チョッと小腹が空いた時に気軽に手を出せる大きさ・・・これぐらいのサイズが丁度良い。
最近は野菜でも果物でも甘いものが流行です。昔ながらの苦さや酸っぱさなど、そのもの独特の風味はどうも敬遠され気味。味が単調になるのは人間が単調になっているからか?・・・あまり良い方向ではないのかもしれません。そうは言っても手を出しやすいのは・・・美味い!と感じやすいのは甘みの強いやつであることも事実です。
そう言えば先日、南端密姫というお芋をいただきました。これがまた、安納芋に負けず劣らず甘くて美味しい。しかも、南端・・・と言う名前が付いているぐらいですから紀南の特産品らしい。どうも潮岬あたりで採れるようで・・・体重が気になりながら、食べ物には目のない私。こりゃあ当分スッキリお腹とは縁がなさそうです。
備長炭の威力はすごい!
食べ物の話題

備長炭の威力はすごい!

このところBBQにはまっていた長男が、炭はやはり備長炭だ!・・・と一念発起(?)とうとう備長炭を買ってきました。家庭の七輪ぐらいは安い消し炭でも竹炭でもなんでも良さそうなものなのに。
早速の火起こし。先日買ってきたキャンプの火起こしグッズ。安い炭には抜群の効果を発揮したこのグッズを使っての火起こしでしたが、さすがに備長炭となると手強い。1度目のトライでは充分に火が付かず、2度目のトライ・・・やっとの思いで火付けした備長炭を七輪に移します。網の上に食材をのせると、あまり赤くなっている様子もないのに、見事に焼けていきます。安い炭のように派手に火を上げることもなく、すごい火力です。
ひと通りのものを焼き終わっても火力が弱まる様子がありません。このままでは折角の備長炭があまりにももったいない・・・そんな訳で、アルミホイールに芋を包んで入れておきました。レンジでは20分もかかる焼き芋も、この火力ならほんの数分で出来上がるはず・・・私はそう強く主張したのですが、そんなはずはない・・・と言う家内の意見が家族に採用されて、待つこと15分ほど・・・取り出してみると、見事に炭化して食べられるところは真ん中に少しだけ。ほら、だから言ったじゃないの・・・どうして私を信用しないの。
 
すさみの磯で捕れたクエ・・・いただきました。
食べ物の話題

すさみの磯で捕れたクエ・・・いただきました。

先日、すさみの磯で上がった・・・というクエをいただきました。クエは磯の荒い潮岬からすさみまでの間で上がったものが一番美味しいと言われています。夕方に活け締めしたばかり・・・と言っていたとおり、私がいただいた時にはまだ魚は硬直が始まっておらず、柔らかいままの新鮮そのもの。こいつを今日はいただきます。
捌いてみると、なるほど締めが良く出来ていてほとんど血が出ません。骨が硬いわりにまだ肉が柔らかいのでどうも扱いづらい・・・大格闘の末やっとお鍋用に捌き終えました。
早速のお鍋・・・我が家では何でも良くお鍋にします。これが一番美味しくて、早くて、みんなでつつくのに良くて、お手軽で、間違いない。
魚のおいしさは皮ぎし(皮と身の間のところ)で決まります。ここのところの油の善し悪しがうま味を左右します。このクエは・・・美味い、間違いなくの上物でした。ありがとうございました!
便利グッズ。
食べ物の話題

便利グッズ。

あれから早くも2回BBQをやりました。美味しくはあってもやはり火起こしが大変だなあ~・・・と話していたら長男が、これで解決できる・・・と自信満々にキャンプなどで使うBBQの火起こしグッズを買ってきました。
一番下に紙を詰めて、次には着火剤、その上に炭を入れます。コツは炭を縦に積み上げることなんだそうで・・・ハイハイと聞いていたら準備も程なく終わり、いよいよの着火です。
数分もしないうちに写真のような見事な火柱。慌てて近くの可燃物を片付けにかかる始末です。何でも縦に長い形状が煙突効果を生み、炭の火起こしの効率を上げるのだとか。それにしても見事な火付け・・・通常の3分の1、いや4分の1ぐらいのスピードで炭の準備は整います。いやはや専門道具というのは恐ろしい。当然、本日も美味しくいただきました。
加減が分からなかったので、少し炭をたくさん使いすぎ、食事が終わっても火の盛期を迎えた炭がたくさん残ってしまったのが玉にきず。次回はその辺も調整しながら・・・。
秋の夜長にBBQ。
食べ物の話題

秋の夜長にBBQ。

そろそろ気温も落ち着いて、やっと秋らしくなってきました。休みの日には、高速道路を走っているとたくさんのライダーに出会います。バイクというのは爽快そうに見えて、暑さにはすっとこ弱く、彼らが目に見えて増えてきたのは過ごしやすい秋を迎えた証拠のようなものです。
秋は芸術の秋・読書の秋・・・などと揶揄されますが、我が家ではもっぱら食欲の秋が優勢。秋の夜長はBBQ・・・とばかりに、早速仕舞っておいた七輪を引っ張り出しました。BBQで結構大変なのは火起こし・・・これも楽しみのひとつではありますが、時間が掛かることこの上ない。
網の上には冷蔵庫にあるものを何でものせます。牛肉・豚肉・鶏肉・野菜・ウインナー・魚・・・特に何、と決めてなくてもなんでも美味しく食べられるのがBBQの良いところ。今日一番の人気はウインナー(シャウエッセン)・・・こいつはどこのウインナーよりも美味い!さて、少しの間は夕食の楽しみが出来ました。
田辺のしらすは美味しい。
食べ物の話題

田辺のしらすは美味しい。

海辺の街なら、全国どこの街でも捕れそうなしらす。獲れたてのものをサッと釜ゆでして干しただけなのにとっても美味しい。しかし、どこのものも美味いかというとそういうわけでもありません。あちこちの街で食べ比べもしますが、帯に短しタスキに長しの印象で、これは美味い・・・というものにはなかなかに行き当たりません。そんな中で、田辺のしらすはとても健闘しています。ですが、同じ田辺で捕れるしらすでも作っているところによって大きな差があります。私がオススメするのは江川の永井商店さんの品物。
季節や時期によって大きかったり小さかったりしますが、これは幾分仕方がない。(ちなみに写真のやつは少し大きい目かな)ゆで時間や干し方にそんな大きな違いがあるようにも思えませんが、味に大きな違いがあるのは事実です。永井さんところの品物は臭みもなく、頬張った時に独特のうま味が口の中に拡がります。そのままでもいけるし、好みによっては少し醤油を加えてもいけます。あまり大量にある時には山椒で煮付けて佃煮のようにしておくとお茶漬けに最適・・・一度試してみて下さい。
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事。
食べ物の話題

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事・・・この本は長男が貸してくれた本です。
世の中にはこの手の本が氾濫している状態で・・・いったい何を信じて良いのやら。著者の津川友介さんも同様の思いのようで・・・かくなる上は徹底的に科学論文を検証して、事実だと立証されたものだけで組み上げてみたらこうなる・・・という本を書いた・・・と中に書いていました。
数多くの信頼できる研究によって本当に健康に良いと現在考えられている食品は1魚、2野菜と果物、3茶色い炭水化物、4オリーブオイル、5ナッツ類の5つ。健康に悪いと考えられているのは1赤い肉、2白い炭水化物、3バターなどの飽和脂肪酸の3つである(本文中より)・・・とのことです。(もちろん詳しい分類や解釈は文中に詳しいのですがここでは省きます)
体に良いという5つは良いのですが、悪いという3つの中の2つ(1赤い肉、2白い炭水化物)は大の好物・・・お肉もダメ、白いご飯もうどんも餅もパンもダメとなると食生活の半分以上の楽しみは失われたも同じ。先日は何かとこじつけて好きなコーヒーやらチョコレートやらに肩入れしていたのに、これは困った事実だ。
健康に良いのだそうな・・・?
食べ物の話題

健康に良いのだそうな・・・?

世間は何かと健康ブーム。テレビを付ければ食品と健康についての番組を見ない日はないほど。中でも注目度が高いのはスーパーフードと呼ばれる食品群。そもそもスーパーフードってなに?・・・と思ってネットを探ってみると『一食分あたりにより多くの栄養価を含むアクティブな抗酸化物質を多く含む身体にクリーンなエネルギー源である』(インターナショナルスーパーフード協会による)とのこと。もう少しのぞいてみたら、なんとチョコレートの原材料であるカカオ豆もその中の一つなのだそうな。そう言えばアーモンドなどのナッツ類も最近注目されている食材であるし、コーヒーの人体に対する有益性も言われはじめているし・・・こりゃあ私の時代が来たんじゃないの?
私の好物と言えばチョコレート、中でもアーモンドチョコレートは大好物。落花生は日常的に買い置きがあると手が出るし、コーヒーは1日に最低3杯は飲む・・・写真はある日のおやつですが、ここでよけいなモノはロールのビスケットぐらいかなあ~・・・などと自分に言い聞かせて、抑制の手綱を緩めてしまう・・・だから体重も気にしているわりには減っていかない・・・チョコレートはカカオの含有量が大事だそうだし、コーヒーには砂糖やミルクが問題、ビスケットに至っては言わずもがな・・・何だか悪循環のような気がするなあ~・・・でもやめられないなあ~。
紀南観光ぶどう園。
食べ物の話題

紀南観光ぶどう園。

毎年ルーティーンで楽しみにしているのは、春の富田のトウモロコシと夏前の桃山のモモと冬の有田のミカン・・・それに今時分の田辺のブドウです。ブドウは山梨や岡山が有名ですが、ここのブドウもなかなかに美味・・・立派なものです。
田辺市稲成町、動鳴気峡の岩口池のあたりを池と反対側に折れたところを少し入ります。元々が農園なので売店はそんなにきれいではありません(失礼)。収穫の時期限定で採り入れ倉庫が販売店に早変わりするのです。そこの所を少し登ると写真のブドウ畑です。
今の時分はピオーネが主で巨峰やシャインマスカットが出始めたぐらい。必ず試食を置いてくれていますのでまずはそいつで味を確かめます・・・うむうむ、今年も上出来です。シャインマスカットはとっても甘い、でも甘さが際立ちすぎて何だかお菓子のよう。ピオーネと巨峰は甘さと酸っぱさみずみずしさのバランスが良い。甘いのは巨峰の方。いずれも美味しいのですが、私の贔屓は果物感が豊かなピオーネかな。
毎年来るもんで大将も顔なじみ。今年も上手いこと出来てるで・・・と愛想をくれます。量り売りでお家で楽しむ分だけをいただいて本日は引き上げです。