ブログblog

ガスマットリング・・・これ便利。
中村今日子です

ガスマットリング・・・これ便利。

伸吾さんのお伴をして出来上がったばかりのお家に伺うと、真新しいガスコンロのゴトクの所に、汚れ防止のマットが敷いてありました。一目見て、これ便利そう!と直感しました。
困るんですよね、ガスコンロのゴトク廻りの汚れ。知らない間に汚れてしまって。ハッと気付いたときにはもう手遅れ・・・大変な思いをしながらきれいにした経験はございませんか?
これ良いなあ~・・・と眺めていたのをご覧になっていた先方の奥様が、プレゼントしてくれました。お世話になった上にいただき物までして、大変に恐縮しています。
早速に自分の家のコンロにも装着してみました。随分と安心感があるうえに、見た目もなんだか楽しそう。これで掃除も随分楽になる・・・と思うと心なしか気持ちも軽くなります。ありがとうございました。とても重宝しています。
スダレを吊りました。
中村今日子です

スダレを吊りました。

ご無沙汰しました。伸吾さんからも書いて、書いて・・・と言われているので、ちょくちょくは参加しようと思うのですが、書こうと思っていたことを先に書かれてしまったり、書いて良いものかどうか迷っているうちに機会を逃してしまったり、なかなか上手くいきません。
今日は季節の挨拶のつもりでご報告・・・窓にスダレを吊ってみました!夏場に吊ろうと、用意していたんです。連休前はお天気がどうにも定まらなくて躊躇していたんですが、このところ晴天続きなので思い切って・・・風になびく様子がなんだか風情があって良いなあ~。
たとえ中が少々見えても、カーテンでシャットアウトしてしまうよりはこの方が好きです。それに、中から見て想像するより、外から見た方が案外中は見えにくいようですし、何よりも見た目に季節感があって涼しげです。でも・・・少し早すぎたでしょうか。
戦いの日々。
中村今日子です

戦いの日々。

先日来、中庭の土の表面が誰かに掘り返されているみたい、と思って伸吾さんに相談してみたところ、そりゃあ近所の猫がウンコしに来てるんやで・・・とのこと。そんなことがあるんでしょうか?半信半疑で注意深くみてみると、ありました。本当に猫かしら・・・と疑いたくなるほどに立派なお土産が!ご丁寧に上に土を乗せて目立たないように。聞いてみると、後ろ足で丁寧に土をかけていくのも猫のウンチの特徴なのだとか。
嫌だ!何でこんなところに来るんでしょう。寄りによってこんなところでなくても、どこにでも候補地はあるでしょうに。それから毎日、私と今だ正体のしれない猫との戦いが続いています。
来にくいように・・・と棒を幾つも立ててみましたが効果無し。今度はベランダに張った網の残りがありましたので一面に敷いてみました・・・来ないで!もうこれで来ないで!祈るような毎日です。どなたか、猫が来なくなる良い方法があれば教えて下さい。
お布団屋さん まつもと。
中村今日子です

お布団屋さん まつもと。

先日、お布団の綿を打ち直していただいて以来、そう言えば、家の中にたくさんのせんべい布団があることに今更ながらに気づきまして、(もちろん、お日さまに干したり・・・の日常的な手入れはしていましたが)この際だから、何年かぶりに(本当は30年ぶりくらいに)本格的にお布団のお手入れをすることにしました。
根気にネットで綿の打ち直しをしていただけるお店を探しましたが、これが意外と少ないんですね。やっと見つけたのが、和歌山市島のまつもとさん。ここにお願いすることにして、お家のせんべい布団を持ち込むこと3回。敷き布団・掛け布団(冬・合い)全部で20枚ぐらいのお手入れ・・・全部手を入れることが出来ました。気になっていたことが出来るのはとっても気持ち良い!次は何しよう。
おかげで、綿の打ち直しの大きな機械も見せていただいたし、ご親切なまつもとさんとも知り合いになれたし、心を決めて動き出すと、なんか歯車って回り始めるものなのですね。
小山刃物店。
中村今日子です

小山刃物店。

この度、30年を超えて、先代の時代から使っていた包丁2本の柄が割れてしまったので、修理をしていただきました。お願いしたのは和歌山市吉田の小山刃物店さん。ネットであちこち探してみたのですが、一番私の思いを受け止めてくれたのがこのお店でした。
お店では、おじいちゃんのようなご主人と(失礼!)、たぶん娘さんだろうと思われる女性が応対をしてくれました。2本の柄の部分を取ってみると、出刃包丁の方は元々刃に厚みがあるのでなんとかなる・・・と言うことでしたが、刺身包丁は中まですっかり錆びていて取り替えに必要な厚みがなく、これはもう無理です・・・と言うお話しです。この刺身包丁は以前に先端が折れ、研ぎ直してもらって、それでも使っていた馴染みのある品物でしたが、30年以上の活躍に感謝しつつ、新しいのをいただくことにしました。
柄が替わって、磨いてもらうとまるで新品。家族に、こりゃあ刺身が楽しみだ・・・なんて言われて、少しプレッシャーも感じながら、何度眺めても、それでも嬉しい気持ちでいっぱいです・・・なんて小さな私の幸せなのでしょう。
枕カバー作ってみました。
中村今日子です

枕カバー作ってみました。

布団が一段落付いたので、今度は枕カバーに挑戦してみました。きれいに出来たでしょう・・・実はこれ、次男のシャツの再利用なんです。
あちこち片付けしていると、今はもう着られなくなった・・・という衣料がたくさん出てきます。ドンドン捨てられれば良いのでしょうけど、ただ捨ててしまうのももったいない気がします。何かに役立たないかなあ~・・・と考えていたときに思いついたのが、最近布団を新しくしたので、気になってしまった枕カバー・・・これにリフォームしよう、と思い立ったのです。
ボタンはシャツの時に付いていたのをそのまま利用、裏側にはポケットも付いています。まあ、ポケットがどんな役に立つのか・・・ということについては深掘りしないで下さい。
自分的には立派に出来ました。気を良くして、これから何枚かは枕カバーに替わっていくシャツが出ると思います。でも今度はミシンで・・・手縫いは結構な手間がかかりましたので。
スダレを吊ってみました。
中村今日子です

スダレを吊ってみました。

主人や子どもたちに張ってもらった網のおかげで、我が家のベランダは風の日もモノが飛んでご近所に迷惑をかける心配がないべランダになりました。でもなんか見晴らしが良すぎて心許ない。そういえば、網を張る前は、網の代わりにスダレを手すりに取り付けていたのです。ああ~そうか、その見えず隠れず感に慣れていたので、あまり見えすぎるとスットコトンに感じるのか。
というわけで、早速ホームセンターでスダレと取り付け金物を買ってきました。このぐらいは私でも・・・奮闘10分でごらんのように見事にスダレが付きました。アッこの感じなんだか良い!風も入って、外もそこそこに見えて。季節的には少し遅くなりましたが、それもご愛敬です。我ながら出来映えには満足しています。
これが綿打ち機。
中村今日子です

これが綿打ち機。

綿の打ち直しをしてくれるところが少なかったので、打ち直し機ってどんなの、なんで布団屋さんみんな持ってないの・・・と気になっていました。そこで、この際に無理を頼んで見せていただきました。
お店から作業場を経由して奥の工場へ・・・そこにドーンとあったのがこの綿打ち機。鉄骨構造の工場いっぱいに並んでいます。ェ~、こんなに大きいの!ローラー部分が竹で出来ていたり、あちこちにメンテの後があったりのなかなかの年代物でした。
お店の方に聞くと、最近はベッドが多くなってきたのと、大手の布団屋が安い品物を大量に出すので、綿の打ち直しまでして大切にお布団を使ってくれるお家が少なくなり、綿打ち機を維持していくことが大変で、ドンドンと少なくなっているのだそうです。
これだけの広さ・大きさの工場と機械を確保しておこうと思うとやはり大変なのでしょうね。帰り際に、ちゃんとしたものにしっかりと手を入れて丁寧に作ったものは寝心地が違うよ・・・と今年80になるというお店の大将が言ってくれました。出来上がりが益々楽しみです。
布団、綿打ち直しました。
中村今日子です

布団、綿打ち直しました。

いつかはしなければ・・・と思っていた押し入れの整理に取りかかったところ、長いこと手を入れていなかった布団が目に付きました。この布団、使い続けて何年になるのでしょう・・・20年・30年・・・そのぐらいの長いこと使いっぱなしでしたから、すっかりせんべいになってしまっています。捨ててしまうなんてもったいない。ずいぶんお世話になってきたのですから。
一念発起して綿を打ち直し、新しい布団として再生させることにしました。ところが、綿の打ち直しを今時やっている所は少ないようです。近くでないかなあ~・・・ネットで検索すること数日。やっと和歌山市・木の家工房Mo-kuの近くで見つけました。早速持ち込んで待つこと1週間・・・見てください、見事に再生した布団綿。あのせんべい布団の綿がこんなにふんわり仕上がるなんて・・・感激です。立派な布団になって帰ってきますように、楽しみに待っています。
木の家工房Mo-kuに 春の訪れ(花々)
中村今日子です

木の家工房Mo-kuに 春の訪れ(花々)

お久しぶりです。中村今日子です。最近、Mo-kuスタッフの手がけた花々が愛らしく開花しています。私も一時は、はまったころがありましたので、一生懸命頑張っている彼女の気持ちもわかります。
彼女の土作りや花の色合いや組み合わせなどは、個性的でした。いま、見事に花を咲かせています。彼女の幼い頃から絵を描くのが好きだったのが生かせてるのでしょう。春訪れる。
ただし、何ごとも過ぎたるは及ばざるごとし・・・張り切りすぎてあちこちが痛くなったりしないようにね。