ブログblog

写真撮影をさせていただきました。
建築の話題

写真撮影をさせていただきました。

写真撮影をさせていただきました。伺ったお宅は、昨年の秋に竣工した田辺市の大きな木製引き戸の家。
緩い傾斜地に立つ木造平屋の住宅です。敷地の高低は触ることなく、そのままの傾斜の中に高基礎の住宅を建ちました。ですから擁壁などはありません。盛り上がった地面には芝生を植えて、敷地形状をそのまま楽しんでいます。
基礎の立ち上がり部分からキャンチレバーを出して、そこをベランダにしました。ベランダに面する大開口は全て木製の引き込み戸としましたので建物タイトルも、大きな木製引き戸の家・・・とさせていただきました。南の道路とは2メートルほどの差がありますから、大きな引き込み戸を全開にしてもそこを通る人の目線はさほど気にならないようで、平屋なのに2階のような景色です。
お天気が少し心配でしたが、おかげ様で頃合いの陽差しです。住まい手には大変なご苦労をお掛けしましたが、無事に撮り終えましたので、時期が来ればまた作品集などにも掲載させていただきます・・・お楽しみに。
すさみの磯で捕れたクエ・・・いただきました。
食べ物の話題

すさみの磯で捕れたクエ・・・いただきました。

先日、すさみの磯で上がった・・・というクエをいただきました。クエは磯の荒い潮岬からすさみまでの間で上がったものが一番美味しいと言われています。夕方に活け締めしたばかり・・・と言っていたとおり、私がいただいた時にはまだ魚は硬直が始まっておらず、柔らかいままの新鮮そのもの。こいつを今日はいただきます。
捌いてみると、なるほど締めが良く出来ていてほとんど血が出ません。骨が硬いわりにまだ肉が柔らかいのでどうも扱いづらい・・・大格闘の末やっとお鍋用に捌き終えました。
早速のお鍋・・・我が家では何でも良くお鍋にします。これが一番美味しくて、早くて、みんなでつつくのに良くて、お手軽で、間違いない。
魚のおいしさは皮ぎし(皮と身の間のところ)で決まります。ここのところの油の善し悪しがうま味を左右します。このクエは・・・美味い、間違いなくの上物でした。ありがとうございました!
なんか、見られているようで・・・。
その他の話題

なんか、見られているようで・・・。

橋下徹さんの講演があると聞いて、早速にチケットを手に入れました。評論家ではなく、実際に政治(地方自治)を担当した人の話にはとても興味があります。特にこの人、テレビなどでも歯に衣着せぬ物言いですから、テレビなどが入らない講演ではさぞかし面白い話が聞けるのだろう・・・と今から楽しみです。
まだ少し日程が先なので、うっかり忘れてしまわないように事務所の行事板に止めておいたのですが、たまたま位置が格言入りの日めくりカレンダーの隣でした・・・ここにあると、好まなくても橋本さんと格言が同時に視野に入るのです。そうするとカレンダーの言葉の一つ一つがだんだんと橋本さんに言われているような気になってきて・・・。
今日なんかは、うまくいかなければ自己反省・・・なんか、彼が言いそうな言葉でしょう。そういえば最近はうまくいかない事が多いなあ~・・・分かった、分かりました・・・私に何か良くないところがあるのでしょう・・・反省のない人は成長しません、大いに自己反省します。
かくして、彼に毎日の生き方のご指導を仰いでは成長を続けたい・・・と思っている今日この頃です。
平成モスラ三部作。
本・テレビ・映画の話題

平成モスラ三部作。

このところ映画づいていて、先日もロッキーシリーズのⅠとファイナルを観たばかり・・・シリーズものを所々観てしまうと他が観たくなるのは人情というもの。ネット検索して、ロッキーシリーズの残りのものを探しました・・・もちろん中古で。そうこうしているうちに、何だか懐かしい怪獣ものも見たくなり・・・怪獣というとゴジラ・・・ゴジラというとモスラの双子(エリアス、昔、ザ・ピーナッツがやってたやつ)・・・と連想が続いて、とうとうモスラを買ってしまいました。
日本で発売されたやつはどれも結構な値がしましたので、買ったのは海外発売のもの。最後のエンドロールが英語になるだけで中身は日本版と同じです。
子供だましには違いないですが、子供だましと侮ることなかれ。観ようによっては立派に感動ものの堂々の作品です。そもそも怪獣なんていないんだから、突っ込みどころはどこにでもあります・・・しかし、突っ込んでばかりで本編を楽しめないのは、観ている人にイメージする力やそこからつながるものに対する連想力が足りないからに他ならない・・・強くそう信じる私は、この映画でもあちこちで泣きそうになる。いっきに三本を観て(ブルーレイ2枚に三作品が入っている)充分に堪能しました。
モスラは地球の守り神・・・頑張れ、モスラ!
便利グッズ。
食べ物の話題

便利グッズ。

あれから早くも2回BBQをやりました。美味しくはあってもやはり火起こしが大変だなあ~・・・と話していたら長男が、これで解決できる・・・と自信満々にキャンプなどで使うBBQの火起こしグッズを買ってきました。
一番下に紙を詰めて、次には着火剤、その上に炭を入れます。コツは炭を縦に積み上げることなんだそうで・・・ハイハイと聞いていたら準備も程なく終わり、いよいよの着火です。
数分もしないうちに写真のような見事な火柱。慌てて近くの可燃物を片付けにかかる始末です。何でも縦に長い形状が煙突効果を生み、炭の火起こしの効率を上げるのだとか。それにしても見事な火付け・・・通常の3分の1、いや4分の1ぐらいのスピードで炭の準備は整います。いやはや専門道具というのは恐ろしい。当然、本日も美味しくいただきました。
加減が分からなかったので、少し炭をたくさん使いすぎ、食事が終わっても火の盛期を迎えた炭がたくさん残ってしまったのが玉にきず。次回はその辺も調整しながら・・・。
秋の夜長にBBQ。
食べ物の話題

秋の夜長にBBQ。

そろそろ気温も落ち着いて、やっと秋らしくなってきました。休みの日には、高速道路を走っているとたくさんのライダーに出会います。バイクというのは爽快そうに見えて、暑さにはすっとこ弱く、彼らが目に見えて増えてきたのは過ごしやすい秋を迎えた証拠のようなものです。
秋は芸術の秋・読書の秋・・・などと揶揄されますが、我が家ではもっぱら食欲の秋が優勢。秋の夜長はBBQ・・・とばかりに、早速仕舞っておいた七輪を引っ張り出しました。BBQで結構大変なのは火起こし・・・これも楽しみのひとつではありますが、時間が掛かることこの上ない。
網の上には冷蔵庫にあるものを何でものせます。牛肉・豚肉・鶏肉・野菜・ウインナー・魚・・・特に何、と決めてなくてもなんでも美味しく食べられるのがBBQの良いところ。今日一番の人気はウインナー(シャウエッセン)・・・こいつはどこのウインナーよりも美味い!さて、少しの間は夕食の楽しみが出来ました。
きのくに建築賞 3。
建築の話題

きのくに建築賞 3。

先日、きのくに建築賞の公開審査が行われました。会場には駆けつけたのですが、現場から急な用事で呼ばれて、いくつかのプレゼンを聞き逃しました。私が応援していたのはトーワ荘。設計は中島大介設計工房(中島大介・康代)。
事務所に帰ってネットを検索してもまだ結果の発表はなく、やきもきしていたところ、ご本人からきのくに建築賞の特別賞をいただいた・・・旨の連絡がありました。
おめでとう!素晴らしい・・・事務所を開設してからまだそんなに経っているわけでもないのに快挙です。単体の建物を設計するだけでなく、街に尽くそう・・・街と共にあろう・・・としている姿勢が実ったのでしょう。
私にも良い刺激です。お二人に続けるよう頑張ってみます。
一体感が良い。
本・テレビ・映画の話題

一体感が良い。

2週間以上にわたって繰り広げられていた世界バレーもとうとう最後の試合になってしまいました。日本の女子は世界の4強までには勝ち進めず、アメリカと5位・6位を争うことになりました。
それにしても、自分たちより10センチ以上も大きい選手たちを相手によくぞここまで勝ち上ってきたものです。アタックされては拾い、拾い、また拾い・・・ブロックされても、されても萎えることなく・・・本当に立派です。私などは相手と並んだ途端に戦意が喪失しそうな気がします。
選手たちが互いに声をかけながら励まし合うのは当然ですが、感動するのはスタッフの頑張り。画面上、手を上げている選手の後ろに小さく映り込んでいる裏方の頑張りです。番組中にほんの2回ほどしか映し出されませんが、ここぞという時の得点に狂喜する姿はとっても心に残りました。本番までの長い時間を、この心意気で選手たちを支えてきたのでしょう。よく頑張りました。あなた方も世界6位の素晴らしい成績です・・・おめでとう!
こんな所にも・・・。
その他の話題

こんな所にも・・・。

田辺市新庄で行っている古民家の改修現場の近くには小さな川が流れています。川と言っても最近の街中の川はコンクリートで固められていて、味気ないことこの上ないのですが、こんな所にも馴染み深いカニを発見しました。市内でも新庄は海に近い街ですから彼らの生息域内なのでしょう。
これはクロベンケイガニ。例えコンクリートの川といえども、少しの水草と身を隠す穴さえあればたくましく生活しています。あっちにもこっちにも・・・その気になって見てみればかなりの数がいます。今年は台風や雨が多くて秋はもう半分終わってしまったような感じです。久し振りの日光が恋しくて這い出してきたのでしょう。彼らが人目に触れるような所にいるのもあと半月ほど・・・今度会えるのは来年の春です。
晴れた、降った、風邪が酷いと大騒ぎしている間に着実に季節は進んで・・・置き去りにされていく人たちを尻目に、草も木もカニさえもしっかりと時間を刻んでいます。そう言えば私も何かやり残したことがあるような・・・ないような・・・もう少し自覚的に生きられれば良いのですが。
ピンチはチャンス。
その他の話題

ピンチはチャンス。

私の腕時計はエコドライブのThe CITIZENと言う時計です。6年ほど前に誕生日だかなんだかで家内に買ってもらいました。割と小型でベルトもケースもチタン製なので軽くて気に入っています。何よりも良いのは太陽光発電システムが組み込まれていて電池の交換が必要ないことです・・・気に入って付けていたのですが、どうやら故障したようで、今メーカードックに入っています。
という訳で写真の時計は、修理中はご不自由でしょうからお使いください・・・とメーカーが送ってくれたもの。機械ものですから故障は仕方ないとして、対応が良いことが気に入りました。実は2年目と10年目には保守点検があるとかで、4年前にもメーカーに送りました。その時もピカピカになって帰ってきましたが、今回は故障・・・申し訳ないと思ったのか代えの時計まで送ってくれて・・・かえってこちらが恐縮します。
どんなところにもチャンスは転がっているものです。故障はメーカーにとってのいわばピンチですが、丁寧な対応はそれさえ好印象を売るチャンスにしてしまうことが出来ます・・・ピンチはチャンス、そんな絵に描いたような場面に出くわしました。恐るべしCITIZEN。