ブログblog

明るくなった!
建築の話題

明るくなった!

田辺事務所の照明器具の入れ替えが終わりました。結果、明るくなった!とっても明るくなった!明るくなりすぎた!
なんせ元が元ですから、明るくはなったのですが、今度のは明るすぎる。計ってみると1500ルクスぐらい。なんと、以前のものから5倍ほども明るくなったのですから、明るすぎる・・・と感じるのも無理のないところ。
LEDの光は直進性が強く、蛍光灯とは性質がどうも少し違うみたいで、そのために不具合を感じる方もいるらしいのですが、その上光量5倍の環境とあっては違和感があるのも仕方のないところ。パソコン画面が暗く感じる、目がしょぼしょぼする、目に刺激が強すぎる・・・これはなんとかしなければ。という訳で、今度はなんとか・・・の方法を考えています。調光できる器具ならコントローラーを付けるだけで良いのですが、どうも調光タイプの器具ではないみたい。さて、どんな方法があるでしょう?
田辺事務所の照明器具。
建築の話題

田辺事務所の照明器具。

田辺の事務所は新築から23年ほどが経過しました。これまでに少しづつ、色々なところに手を入れてきましたが、このたびは照明器具たちがいよいよ寿命を迎えたようです。
写真をご覧ください。別に何らかのスイッチ操作や加減をしているわけではありません。正真正銘ご覧の通りです。充分に明るさを発揮していない蛍光灯や片方の蛍光灯しか点いていないもの、蛍光灯でなく本体そのものがお亡くなりになってすでに蛍光灯が取り払われているいる器具・・・よく辛抱してここまで使ってきたものです。白熱灯で約1年、蛍光灯で約5年、LEDで10年、器具そのものは20年の寿命と言われています・・・順当なところでしょうか。
試しに机の上で照度を測ってみました。明るいところで350ルクス、暗いところで250ルクスほど。国の定める最低基準は事務作業をする部屋で300ルクスですから、最近ではギリギリのところで仕事をしてきたわけです。ちなみに、オフィスの適正照度は750~1500ルクスぐらい。省エネの時代ですから、この機会にLEDの器具に入れ替え、仕事環境も改善することにします。
効果のほどを乞うご期待。
R33・GT-R。
クルマの話題

R33・GT-R。

クライアントと打ち合わせをしていたところ、クルマの話になりました。どんなクルマに乗っています?GT-Rです。え~・・・あのGT-Rですか?。少し前のGT-Rです、R33。R33のGT-Rと言えば、第2期黄金期のただ中の希少車。そんなすごいクルマがこんな身近(?)にあるなんて!あるところにはあるものです。
25年も前のクルマなのに錆や塗装の劣化などどこにも見えず、古さなどみじんも感じさせません。足回りはBBSの軽量アルミに変更され、バンパーはニスモのものが付いています。幸運にも助手席に乗せていただくことが出来ました。内装も現在のクルマと見まがうばかり。助手席右足下の大きな膨らみが高性能4WDを意識させてくれます。
大きな道に合流するときに少しアクセルを開けてくれる大サービス。怒濤の加速は健在です。RB26DETTは今もしっかりと力が出ていて、8000のリミットに向かって一気呵成に吹き上がっていきます。直6の、芯をくった感じの独特の回転感があり、その勢いは一般のクルマとは完全に一線を画しています。このエンジンがレーシングエンジンをデチューンしたものであることがよくわかる一瞬です。思いがけない出来事に、昔がよみがえるような気がした一日でした。
キングダム。
本・テレビ・映画の話題

キングダム。

本当に疲れ切って、布団に入るなり寝込んでしまう・・・ならばとっても段取りが良く幸せなのですが、すぐには寝入ってしまえないことがあります。そんな時に、枕元に何か本類が欲しくなるのです。小説でも、ハウツー本でも建築雑誌でもクルマの雑誌でもなんでもいい・・・このところはマンガのキングダムがお伴でした。
最新刊が出た・・・とかで、手元に揃っていなかった10刊ほどを手に入れて、長男が持ってきてくれました。ありがたい・・・しかし、専用のケース二つに入りきらず・・・なんと60巻もあります。40巻ほどは前に読みましたが、こうなれば1巻から・・・こう思ってしまったのが運の尽き。寝ても覚めてもキングダム・キングダム・・・夜な夜なキングダム漬けの日々が始まりました。
ところがトント苦でない。そう、読んでいるとこのマンガ面白いのです。何を読んでも物語の善し悪しは読み手の感性が大きく左右します。私の中にはこのマンガに大いに感動するなにかがあったのでしょう・・・いやあ、早く続き出ないかなあ~。
お疲れ様でした!
食べ物の話題

お疲れ様でした!

何度か書きましたが、年末年始から年度末にかけて、今年は本当に大変でした。
公共物の設計中に、どうしても・・・と言うことでねじ込まれてしまった木の家。そんなこんなですっかりペースを乱してしまい、休み無し・残業続きの毎日です。
そんなペースも3月末で解消されて、これからは心機一転・・・という訳で、設計の関係者で打ち上げ。もちろん4人以内で万全の備えをして、7時半には切り上げました。
伺ったのは田辺の駅前、親不孝通り(今は味光路という呼び名か?)の若松。フグ料理がメインで、結構なお値段。なので、特別なことがなければ滅多に足を踏み入れないお店です。このお店の特徴は、なんと言っても少し甘めの独特なポン酢。先付けの酢の物からメインのてっちりまで、美味しい・・・と感じるのは何よりもこのポン酢によるところが大きいように感じます。
ひと区切りで英気を養って、さていよいよ木の家に本腰を入れるか・・・それにしてもこの内容でこのお値段は少し高いなあ~・・・お店で堪能した後は、ポン酢をお持ち帰りで買って帰って、家で色々と楽しむ・・・これが良いかも。
干しぶどう、いただきました。
食べ物の話題

干しぶどう、いただきました。

先日、娘が干しぶどうを食べているのを見つけて、俺もほしい・・・と言ったところ、こんなにたくさんくれました。
なんでも、食物繊維や鉄分やカリウムがたくさん入っていて、コレストロールがゼロ。特に生のブドウに比べて約5倍のカリウムが含まれていることが特徴で、体力回復やむくみ予防や筋肉の動きをスムーズにするのに良いのだとか・・・私たち夫婦はそんな能書きはよくわかりませんし特に期待もしていませんが、どうした訳か以前から干しぶどうが好き。
取り寄せるときに、何キロ以下は送料無料なんだけど・・・とか言っていて、ならそのぐらい取っといて・・・と言ったのは覚えているのですが、よもやこんなに大量に届くとは・・・。
良いことばかりのようですが、食べ過ぎると、カリウムと食物繊維の過剰摂取によりおなかを下したりするのだとか・・・気をつけようっと、と思っていた矢先に奥さんがおなかを壊しました・・・あんたいっぺんにどれだけ食べたの?
よく盛り返したものだ。
その他の話題

よく盛り返したものだ。

これは、和歌山市の木の家工房Mo-kuの植え込みの中にあるクチナシの写真。実はこのクチナシ、おととしの台風で半分ほどにポッキリと折れ、昨年の秋には、虫が付いたからとうちの奥さんにほとんど真ん中の幹だけに切り詰められて葉っぱなんて1枚もなくなり、冬に植え替えたときには職人さんに枝を思い切りもがれる・・・という受難続きのクチナシです。
それなのに春先のこの復活と言ったらどうでしょう。たくさんの葉を出して、まるで何事もなかったかのような勢いです。エライ・・・あんたは偉い!不死身とはまさにこのクチナシのことを言うのでしょう。
いろいろなことに神経をすり減らしながら生き延びる今日この頃。このクチナシの生命力に見習って、少しは私もたくましくなりたいものだ。
今度は反対側の山で・・・。
その他の話題

今度は反対側の山で・・・。

少し前に、山の木を切って太陽光発電パネルをあげるなんて本末転倒だ!・・・と書いたのですが、今度は反対側の山肌に、写真のような光景を見つけました。これもひどい!
太陽光や風力などの再生可能エネルギーが注目されるのは、地球温暖化の抑制に役立つため。温暖化ガスのCO2を減らしましょう・・・そのためにはCO2を発生する化石燃料を使わない・・・という筋道にそったものです。折角、地中に石油や石炭の形でCO2が閉じ込められているのに、エネルギーを得たいがために、再びCO2に戻してしまうのはよくない。その意味で言うと、折角植物(木)という形でCO2が固定されているのに、それを切り払って太陽光発電パネルをあげるのは化石燃料を使うのと同じ意味でよくない・・・と言えます。
目先の現金に目がくらみ、本末転倒を繰り返す。人間とはなんと業の深い生き物か・・・と大上段に振りかぶってみても、自分自身にも思い当たることはあります。自戒の意味も込めて、ここは一つ、もう一度振り返ってよくよく考えてみたいものです。
この国に生まれてよかった。
その他の話題

この国に生まれてよかった。

事務所にこもりっぱなしで仕事をしていたせいか、桜の時期が実感できませんでした。そう言えば、ついこの間大阪で開花宣言・・・なんてやってたんじゃないの・・・などと思っていたら、高速から見える桜は早くも葉桜。ああ、もう行ってしまった・・・と残念がっていたところ、和歌山市内・府中の桜並木はごらんの満開、なんて気持ちいいんでしょう。
よくよく見ると、ご家族やお友達のグループで桜見学の方々があちらこちらに・・・こんなに晴れ晴れとした気持ちになれるのなら、そりゃあそんな気にもなるでしょう。世間は未だコロナ・コロナで花見も禁止。でも座り込んでお酒を飲みながらドンチャン騒ぎ・・・でないのなら、花見も良いことでしょう。こんな時期だからこそ、(コロナには充分に対策を講じつつ)気の晴れることの一つもしたいというもの。
日本は世界でも珍しいくらいにハッキリとした四季のある国。季節をおおいに感じながら楽しく過ごしましょう。
出来上がった!
その他の話題

出来上がった!

長らく工事中だった阪和高速が一部出来上がって、4車線で走れるところがありました。みなべインター付近、ここが一番早くに走れるようになっています。(写真は印南インター付近、次はここかな?)
以前の情報では、早いところで今年度末、遅いところでも年の終わり・・・と聞いて期待していたものの、その後情報が交錯し、一体いつが4車線開通やらはっきりとはわからなくなっていました。しかし、出来はじめたのですねいよいよ。印南も急ピッチで整備しているので、こりゃあ今月末(年度末)にはインター付近は4車線で走れるかも。
ただ、道が出来るだけなのになぜこんなにうれしいのでしょう。詳しいことは私にもわかりません・・・でもうれしい、早く走ってみたい。なんせ今日なんて、長々の時速60キロ走行。本人は安全運転のつもりでしょうが、後ろは渋滞です。このスピードで良いのなら何で下道(国道)を走らないの・・・と密かに思いながら、追い越しても又次のに捕まる。そんなこんなで田辺和歌山間が1時間20分ほどもかかりました。これが対面2車線の限界です。
早く年末来ないかなあ~・・・ストレスなく走りたいなあ~・・・気持ちいいだろうなあ~。