ブログblog

机の乱れは、心の乱れ。
その他の話題

机の乱れは、心の乱れ。

このところ仕事がたて込んできました。ヒマな時にはさっぱりヒマで、電話の一つも鳴らない。ところが、ひとたび忙しくなり始めると、次から次と何かしらやってくる。もっとまんべんなく平均してきてくれれば、効率も上がるし体も楽なのに・・・とも思うが、なかなか思うようには行かない。仕事とはそんなもののようです。
忙しくなってきたのを身近で感じるのは机の上の様子。いろんなものがとっちらかって、とてもちゃんとしたことが出来ているようには見えない。処理能力の限界に近づいて、色々なことを同時にこなそうと思うと、きまって机の上が汚くなります。こりゃあ悪い癖だ。
忙しいからと言って何もしなければ効率が落ちる。このままではいけないと思って片付けにも取りかかりますが、そうこうしているうちに又新しくしなければならないことがやって来て、ますます机の上は散らかる・・・なんだか悪循環。
机の乱れは、心の乱れ。そう肝に銘じて、片付けなければ・・・そうそう、とりあえずは、今取りかかっている仕事にけりを付けよう・・・あれ、これまた悪い方向に向かいそうです。
必要な時には必要なものだ。
その他の話題

必要な時には必要なものだ。

本日、先ほどから前の道の電線のメンテ工事が始まりました。結構な高さまでカゴに乗って上がっていきます。怖い!こりゃあ怖い!少し前までは、高いところなんて全くへっちゃらでしたが、このところは怖い!みんな怖くないの・・・と聞いてみると、まあいつもやってる仕事ですから・・・と言う。エラいなあ~。
聞いていて気持ちの良いのがかけ声。もっと右、そこで良い、チョイ引張れ・・・大きな声でコミュニケーションをとっていきます。時々は怒鳴り声ほどに大きくなることもあるし、口調が荒くなることもある。そりゃあ危険な作業なんだから当然だろう・・・なんて他人事みたいに思っていてはいけない。学ぶべき事は多くある。最近のあちこちで聞く声の小さいこと小さいこと。それに、ちょっとしたことでパワハラだなんだと取り上げられる。もう声も上げられない世の中に半ば辟易していたところ。私にとってはちょうど良いカンフル剤のようなもので、結構スッキリした。
声を掛け合って、一つ一つを確実にこなしていく様子は見ていても気持ちの良いもの。ホントの現場はこんななんだ・・・と身をもって知らされた思いです。お疲れ様、おかげさまでちゃんと生活出来てます。ありがとう!
ターミネーター。
本・テレビ・映画の話題

ターミネーター。

相変わらずDVDはたくさん観ています。今回観たのは、伝説のターミネーターのシリーズ。定番ではあってもやっぱり面白い。面白いから定番になった・・・とも言えます。
衝撃的だった最初のターミネーターが出たのは1984年。なんと、今から38年も前のこと。無敵の殺人マシンが未来から送られてくるというストーリーは斬新で、シュワちゃんがめっちゃ強くて怖い。こんなのにどうして勝つの・・・と思ってヒヤヒヤのし通しだった第1作。
私が一番面白かったのは、液体金属のターミネーターT_1000が出た第2作。今度はシュワちゃんはこちら(人間)側。徹底的にこちら側で、以後この関係は崩れていない。迫力もストーリー展開もメッセージ性も圧倒的で、後に出たいくつかの映画もこの第2作の面白さには追いついていないように思う。
最新作が出たのは2019年。懐かしいサラコナーと年老いたターミネーターが登場したが、面白さでは往年の名作には追いつけなかったように思う。映画で設定された人類滅亡の日付もとうに越えてしまったが、次回作が出たら又観てしまうだろうと思う。
楽しみにしています。
もったいない。
その他の話題

もったいない。

コロナ禍も、日々のテレビを見ると、劇的に治まったわけではなくてもそれなりの収束を見せ、世はウィズコロナの時代。当初は何も分からずとりあえずはマスク・手洗いの推奨で・・・でも、それが結構的を得ていたようで、世界的に見ても感染を抑え込んだ成功例と言えなくもありません。諸々の批判を浴びて、懸命に頑張ってそれなりの結果も出したのに、いわれのないマスコミ攻撃で引きずり下ろされた感のある管総理に、今となっては申し訳なく感じる次第・・・お疲れ様でした。
マスクがなくて困ったのは最初だけ、このところはどこでもたくさん手に入ります。使い捨てされてる方は多いと思いますが、我が家では1回や2回の使用では捨てたりしません。丁寧に消毒して洗って干して・・・本当は買った方が早いのかもしれませんが、資源は有限、もったいない・・・を実践しています。
ガスマットリング・・・これ便利。
中村今日子です

ガスマットリング・・・これ便利。

伸吾さんのお伴をして出来上がったばかりのお家に伺うと、真新しいガスコンロのゴトクの所に、汚れ防止のマットが敷いてありました。一目見て、これ便利そう!と直感しました。
困るんですよね、ガスコンロのゴトク廻りの汚れ。知らない間に汚れてしまって。ハッと気付いたときにはもう手遅れ・・・大変な思いをしながらきれいにした経験はございませんか?
これ良いなあ~・・・と眺めていたのをご覧になっていた先方の奥様が、プレゼントしてくれました。お世話になった上にいただき物までして、大変に恐縮しています。
早速に自分の家のコンロにも装着してみました。随分と安心感があるうえに、見た目もなんだか楽しそう。これで掃除も随分楽になる・・・と思うと心なしか気持ちも軽くなります。ありがとうございました。とても重宝しています。
府中の家 地鎮祭です。
府中の家

府中の家 地鎮祭です。

地域特化型の住宅、府中の家が地鎮祭を迎えました。
もう少し早く・・・と思っていたのですが、天気予報があんまり、大雨だ大雨だ!と脅すから日程延長で18日(水曜日)になりました。結果としては、暑いくらいの好天で、滞りなく式典を進めることが出来てとっても良かったです。元々の予定日だと、お天気が心配でテントやら雨具やら・・・用意が大変だったかもしれません。
神主さんは府中界隈を取り仕切る(?)府守神社から来てくれました。音楽はカセットテープなどで流す方が多い中、自分で笛を演奏されて・・・それだけでも感動ものです。このあたりは昔、近郷の中心地で、だから府中と呼ばれている・・・なんて土地の名前の由来話まで聞かせてくれました。
式典後には恒例(私の事務所の仕事では)の、参加者による自己紹介と工事に当たっての決意表明。元々知っている顔がほとんどでしたが、改めての一言はなんだか新鮮です。皆さん、怪我のないようによろしくお願いします。良いものを造ってください。期待しています。
ロッキー。
本・テレビ・映画の話題

ロッキー。

テレビを見ていたらバックにロッキーのテーマが流れました。元々、特に観たくて観ていたテレビでもないので、すぐにロッキーのDVDを持ってきて観はじめました。ロッキーは、もう45年も前に第1作が発表された大ヒットシリーズです。1作目を観はじめると、当時のことが色々と蘇ってきます。この映画はリアルタイムで3回観ました。
場末の、うだつの上がらない、なんてことのないボクサーが、世界チャンピオンの人気取りのためのほんの思いつきで世界戦に挑戦する・・・という話です。最初は満足にランニングさえ出来ませんでした。登ることがやっとだったフィラデルフィア美術館の階段を、とうとう駆け上がって拳を突き出したときには館内のあちこちから拍手やすすり泣きが聞こえてきたものです。不思議なことに、泣いているのは例外なく男性でした。
2ラウンド持たない・・・と言われながら、ついに最終の15ラウンドまで死闘を戦い抜いたロッキーにはもう勝ち負けは関係ありません。ロッキーには、自分がクズやろくでなしではないことの自分への証明が出来ればそれで充分だったのです。マイクを持って迫るインタビュアーを見向きもせずに、エイドリア~ン・・・と愛する人の名を叫ぶ姿からは、自分を信じて戦い抜いた人間の勇気があふれます・・・いやあ、良い映画だった。
企画を持ち込んで主演もしたシルヴェスター・スタローンはこの映画1作でアメリカンドリームを実現しました。フィラデルフィア美術館の前のロッキーの像は、今もグローブをはめた両手を突き上げて建っているそうです。
コーヒー豆、ナメクジに効果無しか?
その他の話題

コーヒー豆、ナメクジに効果無しか?

先日来、中庭のヤマボウシ廻りで大量のナメクジを見かけ、ネットを参考にしてコーヒーの粉(淹れた後のもの)を撒いてみましたが、その上に幾つものナメクジが這った後・・・こりゃあ効果がなかったか?と思っていたところ、今日、又々大量のナメクジを発見しました・・・なんてことだ!
写真の瓶の中身は塩。実はこれに取ったナメクジを入れています。もうすでに30匹ほど入っていたのですが、今日新たに20匹・・・なんぼ取っても出てくる!今のところ、コーヒー豆を撒いて良かったのはナメクジが発見しやすいこと。豆の表面にくっきりと這った跡が出るので、こりゃあ分かり易い。やっぱり役に立ってないのか、いや、ひょっとしたら、撒いたのでこれぐらいですんでいるのか。本当のところは分かりません。
ナメクジは1回に50匹ほどの卵を産むらしい。しかも雌雄同体らしいので繁殖力は強く始末が悪い。年間に4回ほど生むので、1匹が1年間で200匹に増える勘定。しかし、1匹取ると200匹の退治になると思うと、頑張って取るのも頑張りがいがあろうというもの。これからの季節は私とナメクジの根気の戦いになりそう。
木の内装は快適な空間づくりの助けとなる。
建築の話題

木の内装は快適な空間づくりの助けとなる。

室内の仕上げに木材を用いると、木材の吸放湿作用が空間の湿度をある程度一定に保ち、過ごしやすい環境づくりが可能になります。また、湿度を低く保つことでハウスダストの原因となるダニや細菌の生存しにくい環境も作ります・・・という意見があります。では、実際に木質内装の湿度の調整効果はどのくらいあるのでしょう。
壁・天井などの内装に木の無垢材を使用した部屋(A棟)と、木目調のビニールクロスを用いた部屋(B棟)で睡眠時における室内の湿度を測定した実験によると、季節にかかわらず、A棟の方がB棟より湿度が低くなっています。通常、寝ている状態では人の呼吸や発汗などによって時間と共に湿度が上昇しますが、無垢材が吸放湿作用を発揮し、その上昇を抑制したと考えられます。ビニールクロスを貼った内装では、水分をあまり吸収しない素材が表面に露出しているため、容易に湿度が上昇している様子がうかがえます。
冬期、睡眠8時間後の木質内装の部屋(A棟)では約72~73%程度の湿度なのに対して、ビニールクロス内装の部屋(B棟)では87~88%程度の数字を示しています。夏期では、同じくA棟では74~75%程度の湿度なのに対して、B棟では89~90%程度の数字を示します。
つまり、冬期も夏期も木質内装の部屋では人の睡眠中の湿度の上昇がおだやかで、抑制出来た湿度は15%程度であったということです。就寝時にエアコンのかけっぱなしで体調を崩した経験がある方々には特に参考にしていただきたい実験結果です。
本当に効いているの?
その他の話題

本当に効いているの?

ナメクジがカフェインを嫌う・・・とネットにあったので、先日の雨続きの折に中庭のヤマボウシに大量に発生したナメクジ対策として、根元に抽出した後のコーヒーかすを撒いてみました。
結果は・・・コーヒーかすの上に大量のナメクジが通った後がくっきりと・・・なんじゃこら、全然効いてないんじゃないの?このぐらいの量では足りないのか、そもそも抽出かすではカフェインが残ってないのか、木の上にいたナメクジが逃げていった後や、木に登ろうとしたナメクジが途中であきらめて逃げ帰った後で、実は結構効いているのか・・・どうも本当のところが良く分かりません。
なにはともあれ、コーヒーかすならいっぱい出るので、根気にヤマボウシの根元に撒いてみます。ナメクジには効かなくとも、結構良い肥料にはなるかもしれないので。