ブログblog

大切なこと。
クルマの話題

大切なこと。

納車半年を迎えて、当初よりカチャカチャ鳴ることがあったブレーキ(効きには問題ありません)を直してもらうことにしました。ディーラーの人に聞いてみると、Q5では似たような症状を示すクルマもあるらしく、対応例も全国的には結構あるようです。
という訳で、代車に同じQ5を貸してくれました。直4ディーゼルターボの2000ccでクワトロのSライン、登録は昨年の11月、走行は2000キロとすこし、色以外は同じクルマです。
ところが、乗ってみると少し感じが違う・・・これはどういうことか?全体の感じがなんだかマイルです。私のクルマ(昨年の10月初めの登録)と比較して具体的に言うと、タイヤからの入力がおだやかで、車体の動きが全体的に少し大きめ。シートも柔らかめで、舵の効きも少しおだやか、総じて言うと乗り心地が良い。タイヤの銘柄が違うのか・・・と思って確認してみましたが同じミシュランでした。
2ヶ月弱しか登録月が違わないのに乗り味が違うのは、ほんの2ヶ月の間に、未発表の細かな仕様変更があった・・・ということです。日本車では仕様変更はモデルチェンジやマイナーチェンジの機会、つまり2~3年のスパン(マツダやスバルをのぞいては)で行われますが、ヨーロッパのクルマは特に発表がなくても必要だと感じれば随時行われるようです。Q5は今年の4月にマイナーチェンジが行われました。マイナーチェンジを半年後に控えたような時期でも仕様変更を必要と認めて行ったのでしょう。おかげでスポーティーではあっても少し厳しかった乗り味が改善されています。物づくりをする現場にいる者としては、自らが生み出す物と真摯に向き合うこの姿勢は立派で見習うべきことだと感じた次第です。
火の鳥。
本・テレビ・映画の話題

火の鳥。

火の鳥シリーズは言わずもがなの手塚治虫大先生の代表作のひとつです。連休中はこのマンガを読んでました。
私が生まれた頃からある大作中の大作で、私も20歳ぐらいの頃から何度も読んでいます。何度読んでも、読み手の年齢や人生観、その時の心情などで受け取り方が変わったり、読後感が変わったりします。この作品にはそれだけ骨太な内容が込められている・・・ということでしょう。
ギャグを交えた軽妙な語り口や作画タッチから、ドンドンと読み進めては行けますが、描かれている内容はとても深刻で悲壮で壮大。その気で読むと・・・これは大変なマンガです。一つ一つの物語は完結しているので、それだけ読んでも面白い。(この表現で合っているのかどうか?)私の一番のオススメは望郷編。こいつで何回泣かされたことか!しかし、読むときにはやはりそれなりの準備をして、全巻を読み通すことをオススメします。それは、この作品が全体でひとつの、手塚治虫の人生観をあらわしているからです。
これだけ直接的に、人が生きる・・・ということについて書ききったマンガは他に知りません。何年経っても、どんな時代になっても大先生の超大作は読み応えがあります。
 
連休はゆっくりと・・・。
その他の話題

連休はゆっくりと・・・。

平日には田辺の事務所、週末には和歌山市の木の家工房Mo-kuへと行ったり来たりの生活ですから、休み無しの状況が続いていました。そこで・・・という訳でもありませんが、この連休には久し振りにゆっくりさせていただきました。どのみち盆暮れとGWは高速が込み合って身動きが取れなくなりますからちょうど良い機会です。
休み中にしたことと言えば食料の買い出しに付き合ったのと水槽の水替えぐらい・・・喰っちゃあ寝の、本当に平和な4日間でした。そうそう、買い出しの時に散歩のつもりで芳養の堤防まで行ってみたら、すごいクルマの数・・・あの堤防であんなクルマの数は見たことがありません。長い堤防沿いにはご家族連れが連なって竿を出しています。中には、イスとテーブルを持参ですっかりくつろいでのピクニック(?)の様なご家族も・・・外出自粛の余波で県外からも随分とお見えのようでした。こうなりゃあこっちが過密だなあ~・・・などと思わぬわけではありませんが、たまの休みに外へ出たい気持ちも良く分かります。そうそう、魚はあまり釣れていませんでした。主な目的が釣果でないことは承知ですが、やはり釣りには私に一日の長がありそうです。
生き残り戦略。
その他の話題

生き残り戦略。

このところの陽気で中庭のヤマボウシが一度に花を咲かせました。
よくよく見てみると、お日さまによくあたっているところに花が多い・・・陽当たりの少しでも良いところにたくさんの葉を出して光合成して・・・だからそのあたりに花が咲いて・・・それが生存の軸なのだから、あたりまえと言えばあたりまえ。低木のツツジなどはその傾向が顕著で、陽のあたりが弱いところに植わっているものではほとんど花も咲きませんし、光のある方に枝からすごい勢いで傾いて(伸びて)いきます。
生存の軸を懸命に守る(本人たちは意識してないのでしょうけど)というあたりまえのことが、当然に行われているのが自然の世界。ところが日本人はどうもこの傾向が弱い。お行儀が良くておとなしくて、世間様が気になって言いたいことの半分も言えない人が(私を含めて)たくさんいます。はたしてこのまま激動の世界で生き残っていけるのでしょうか・・・と気になる今日この頃。
はたして私たちの生き残り戦略とは・・・生存本能をもう一度強く取り戻して、木々のように少しは力強く歩みたいものです。
LION(ライオン)。
本・テレビ・映画の話題

LION(ライオン)。

私がマンガばっかり読んでいる間に、今度は奥さんがDVDを見始めました。彼女としては珍しく、だいたい2日に1本のハイペースです。テレビの番組欄を見て、これといって見たいものがないとDVDに手が伸びるようです。
昨夜見たのはLION(ライオン)というオーストラリアとインドの合作映画。インドで5才の時に迷子になった子供が、25年後にふるさとを探し出して戻る・・・というお話し。実話を映画化した感動的な作品です。
インドでは毎年8万人も迷子が発生しているのだとか。自分の子が迷子・・・と想像しただけでパニックを起こしそうになりますが、それが8万人も・・・とんでもないこと。幸運な子供は里親に引き取られるようで、主人公もオーストラリアのご夫婦に引き取られます。引き取ったご夫婦は、世にあふれる恵まれない子どもたちに手を差し伸べたい・・・という思いで、自分たちでは子供をもうけなかった・・・と言う。実の母親は、必ず帰ってくると信じて移動することなく25年間同じ所に住み続けます・・・そして、二人の母親の信念が奇跡を生むのです。
ドーン・ガーン・バーン以外の映画を久し振りに観たように思います。奥さんの御相伴にあずかれたことに感謝します。
消毒失敗!
その他の話題

消毒失敗!

やっと葉が出たなあ~・・・春だなあ~・・・そういえば随分と暖かくなったものなあ~。などと思いつつ中庭のヤマボウシを見ていると、あちこちの葉に樹液がべったり・・・ああ~、これカイガラムシ被害!
ショッキングなものを見つけてしまいました。春先に消毒したのに・・・時期が間違っていたのか、方法が間違っていたのか、薬が違ったのか・・・とにかく、あってはならないものがたくさんあります。消毒に失敗したようです。ショックです!
かくなるうえは人海戦術で、軍手をはめて葉の裏を丁寧にひっくり返し、ひとつひとつカイガラムシを見つけては退治します。
ああ~こうならないように頑張って消毒したのに!・・・泣き言を言いながらもうひと手間かけてみます。大丈夫、失敗は成功の元、こうやって人は成長するのです。
鋼の錬金術師。
本・テレビ・映画の話題

鋼の錬金術師。

SHAKARIKIを見終わってすぐに見始めたのが鋼の錬金術師。これも20年以上前に始まって10年以上前にすでに連載が終わったマンガです。長男によると、最後の2巻以外はおもろないで・・・ということでしたが、短編をくり返しながら大きな流れを紡いでいく手法のこのマンガは、絵も上手で1巻から27巻まで私には面白く読めました。
それにしても、作者(荒川弘)が銀の匙を書いた人と、とても同じ人とは思えない。それも女性だったなんて・・・これまた驚きです。男の子好きのする冒険話に、戦いのシーンの連続するこのマンガは、私の常識の中ではどう考えても男の発想の作品です。色々な設定で、色々なものを書く・・・まさしく天才です。いやあ~世の中にはすごい人が居るものです。
という訳で、最近は寝不足の眼を抱えて夜な夜なのマンガ三昧でした・・・やっとひと区切り、ああ眠たい。
SHAKARIKI。
本・テレビ・映画の話題

SHAKARIKI。

今度は次男からの課題図書。SHAKARIKIHAは熱血漢・曽田正人の20年以上前のマンガです。
坂の街に引っ越してきた5才(ぐらい)の子供・輝(テル)が、自転車と坂道に魅せられて、シャカリキにペダルを漕いで挑戦を続けるお話し。類は友を呼ぶ・・・とはよく言ったもので、いつでもどこでも、一生懸命に生きている人の廻りには一生懸命の人たちが集まる。一生懸命の人たちが集まれば、当然一生懸命の物語が始まる。人が一生懸命に頑張る物語が面白くないわけがない・・・という訳で、この物語は涙無くしては見られない、熱血スポ根青春マンガです。
テルの生き方はまさに一直線。関わる者の全てを巻き込んで怒濤の展開、自転車を漕ぐ姿だけでなく、生き方がそのものがまさにシャカリキ。必死に生きているときには、友達や家族の応援のありがたみが身に染みる・・・頑張れ!思わず口に出てしまいそう。
しかし、冷静に考えてみると、こんなに一途で頑固な子供はどうも私は苦手で、自分の近くにいなくて良かったと思う。この物語がマンガで良かった・・・わたしはもう少し緩く生きたい・・・歳かなあ~。
忍者の里。
その他の話題

忍者の里。

今、三重県名張の現場に通っています。名張や伊賀というと言わずとしれた忍者の里、あの伊賀の影丸のふるさとです。
高速を降りての道すがら、写真のようななだらかな山並みが少しの間続きます。険しくはないのですが、あまり広くない幹線道をゆっくりと走っていると、道の両脇がいかにも奥山に入っていく感じ・・・そこかしこにあるこんもりとした森が、300年前にも同じ様にあったのだと思うと、だんだんと妄想がひろがるのです。
名張の半助、そう言えばそんな名前の忍者がいたなあ~・・・あれは影丸だったか、サスケだったか、カムイだったか・・・どの物語に出て来たのだろう・・・登場人物が山中を駆け回って、川を越え滝を登って・・・立ち止まった、ああこっち見てる!・・・面白い、地域の歴史はこんな風に訪れる人を包み込むことも出来るものです。そう思うと、改めて人のよって立つアイデンティティの大切さに思い至ります。大事にしたいものです。
印南が通った!
その他の話題

印南が通った!

印南インター付近の4車線化工事が先週末ぐらいに仕上がったようです。
南部に続いて印南・・・たった2ヶ所のインター付近が改良されただけですが、走行感は随分と違います。気持ち良い!とっても気持ち良い!2車線の対向車によるストレスが無くなると、こんなに違うのか・・・と感心するほどに気持ち良い。
これで高速が少し高速らしくなって、走りもスムーズになる。なんだか和歌山市も近くなったようにさえ感じます。御坊以北の残りの工事は年末までぐらいの予定だそうです。そういえば、そのあたりの工事も随分と進んでいます。有田のサービスエリアの田辺寄りあたりが一番遅れているところでしょうか?
できれば・・・使えるところだけで良いので、夏前に少しでも開通して欲しいなあ。夏休みが始まったぐらいからの渋滞は日曜・祭日をとわず、平日でも大阪行きは夕方から、串本行きは午前中に起こります。今年はコロナの影響とかで例年とは違うのでしょうか?
少しでも良くなれば良くなったで次の欲が出て来ます。とかくに、人は感謝を忘れ、欲望は果ても切りもないものです・・・悪しからず。