木の家の建築家中村伸吾の建築設計事務所では和歌山の紀州材や自然素材を活かし無垢の材料で木造住宅を造っています。外断熱通気工法・土塗り壁・杉厚板の家などおまかせください
中村伸吾建築設計室トップページ中村伸吾建築設計室トップページ建築設計理念作品集今日の現場からコラム活動掲載記事業務内容オフィス概要お問い合せ
作品集INDEX
前の作品集へ
次の作品集へ
   
     
居間から薪ストーブ・土間方向を見る
薪ストーブの後ろには耐火煉瓦の蓄熱壁。その後ろは階段。右手土間は玄関に続く。
構造模型
南西側景色
みかん畑の向こうに龍神温泉に続く街道。

住まい手は幼稚園に通う二人の子供さんを持つ30代のご夫婦である。300坪を超える南北に長い敷地は南側に道を挟んでみかん畑、東側にもみかん畑、西側は一段下がったところに隣家、さらに下がって幼稚園、北側には川を望む360度眺望に恵まれた自然の中にあった。初めて現場に伺った時にはまだみかん畑であった。そこを整地して新居を建つ。

このページのトップへ
南西側外観
デッキに続く4連装の掃き出し窓。上部は通風の為のランマ窓。中央部に東西方向の補強丸太、両側に南北方向の補強丸太。外壁は杉板南京下見板張り、リボス塗り仕上げ。

南東側外観
建物は敷地形状に合わせて南北に長い。この面の外壁仕上げはサイディングの上リシン吹付け仕上げ。
デッキ部分
デッキ出巾は1200。軒の出は1800。大きく深い軒は多少の雨の日でも充分に開けておくことができる。

ご夫婦からは自然と共に生活できる家であること、家族に一体感が生まれる間取りであること、そして、生活の内部にまで入った土間を持つ空間があることなどの要望が出された。土間が生活空間につながった間取りというのは民家の原風景でもある。その地に根ざした生活のあり方を自らも実践しようとされるご夫婦に共感を覚えた。

このページのトップへ
居間・食堂
住まいの中心となる居間。この空間を要に間仕切りの少ないワンルームに近い使い勝手。床は唐松エンコウ板張り、壁は紙貼り、天井はJパネルあらわし。
居間南西側
この面は全面硝子張り。
居間南西側
1間×4連の掃き出し窓が並ぶ。床は段差無し。外に見えるのは木製デッキと補強丸太。

ランマ窓
連装の掃き出し窓の上に付くランマ窓。軒が約1間出ているので少々の雨は気にならない。
居間のテーブル
もみの木の一枚天板。大きかったので脇机も切れ端で制作。この建物の木材を納品してくれた山本製材さんの取り置きしていたものを頂いた。

2間×3間のグリッドを3つつなげて、それを2層に組み上げたものを基本骨格とし、その中に、上下左右につながりのある風通しの良い居間を中心とする空間を創った。そこに直接玄関アプローチから続く土間が入り込む生活感豊かなプランを提案したところたちどころに気に入られた。以後の打ち合わせは非常にスムーズに進んだ。ただし、土間を内包し、開放感豊かな大空間を持つ木造住宅を設計する場合特に重要となる要素が二つある。

このページのトップへ
居間よりたたみ間方向を見る
2階に見えるのは多目的の板間。腰壁は棚にして、本棚、飾り棚として利用する。

一つは耐震・耐風強度の確保であり、もう一つは冬場の暖気の確保である。
窓が多く開放的であることや室内に大空間を持つということは同時に壁の量が少ないということを意味する。少ない壁に無理な強度を持たせると建物のバランスを崩したり木造の構造物にはふさわしくない金物補強が必要になる。建物強度を確保する構造壁はあまり強くないものをバランス良く入れたい。そこでこの建物では本体で不足する壁量を建物の外側で補うことを試みた。

このページのトップへ
食堂
木の家の夜は独特の雰囲気。それぞれにしっかりと存在を主張しながら調和がとれている。
暖炉
大空間を持つ住まいの暖房器具で最も有効で評判の良いのが薪ストーブ。これ一つで家中の暖房がまかなえる。
台所から玄関方向を見る
台所から土間を通じて玄関まで見渡せる。
たたみ間
居間の茶の間コーナーとして活用される。たたみは和紙を折り込んだ縁なしのもの、壁は紙貼り、天井はJパネルあらわし。

具体的には、見付け面積の大きい東西の壁から桁を持ち出し、これに杉丸太を三角形に組んだものを取り付けて、その部分にX・Y各方向の壁量を肩代わりさせることとした。今ひとつの問題は冬場の暖房である。これには薪ストーブの利用を提案した。室内に入り込む土間部分を、基礎のコンクリートとは充分な断熱をし縁を切っておいて蓄熱層として利用するのである。本来、室内に蓄熱層を持つことはその空間の熱環境を四季を通じて穏やかに保つことに役立つ。たった一機の薪ストーブが40坪弱のこの住まいを充分に温めてくれることだと思う。

このページのトップへ
階段
暖炉の後ろ、居間に入り込んだ土間の上にかぶさるように木製のシースルー階段。杉厚板にて制作。
玄関土間
居間に入り込む玄関土間。手前の玄関収納は地元で造る桧の積層材で制作。突き当たりに階段と薪ストーブ。土間は薪を置いたり自転車を置いたりして生活空間となる。
台所
キッチンセットを挟んで右側が食堂・居間。左側が台所。キッチンセット、バック棚とも桧積層材にて制作。

吹き抜けのある大空間を提案すると、「そんなことをすると空調が効かなくて大変なことになるでしょう。」と言う人がいる。「まず冷暖房設備に頼らなくても快適に暮らせるように建物に最大限の工夫を凝らしましょう。そして、足りないところを機械設備で補いましょう。」と私は答える。

このページのトップへ
キッチンセット
使い勝手も寸法も思い通り。天板は人工大理石。奥の壁打ちには冷蔵庫が入っている。壁仕上げは外装用珪藻土塗り。
台所より連装窓を見る
キッチンセットシンク下は開放。ここにゴミ箱などが収納される。床下には点検口を兼ねた収納庫。バック棚硝子に見える部分はポリカーボネート板。
居間より台所を見る
台所廻りは全て家具工事、桧積層材にて制作。バック棚のその後ろには脱衣・浴室と水廻りをまとめて配置した。

その地でどう快適に暮らすか?・・の工夫は各地に残る伝統民家のあり方がその知恵を授けてくれる。当地では低く深い軒の出、上下左右につながりのある風通しの良い空間、土塗り壁とあらわし木材による室内の蓄熱・調湿体の確保。そして、外断熱・通気工法の新しい工夫の追加が機械依存を最小にしてくれる。

このページのトップへ
階段
暖炉の後ろ、居間に入り込んだ土間の上にかぶさるように木製のシースルー階段。杉厚板にて制作。
玄関土間
居間に入り込む玄関土間。手前の玄関収納は地元で造る桧の積層材で制作。突き当たりに階段と薪ストーブ。土間は薪を置いたり自転車を置いたりして生活空間となる。
板間からベランダを見る
冬場は暖かい日差しが奧まで差し込む。
2階ホール
夫婦寝室と多目的室の間にある書斎コーナー。ご夫婦のパソコン等もここで使う。当分子供たちの勉強机にもなる。奥に薪ストーブの煙突が貫通している。二重煙突のため熱くはない、足下からホコホコと暖かい。天板は桧積層材。

龍神の家が完成してから早いもので1年になる。「薪の確保が大変だ。」とこぼしながら、それでも楽しそうに火の守をされていたご主人、家中を走り回っていた子供たち、ほほえましく見守っておられた奥さん・・。二度目の冬に充分な薪は確保できたんだろうか・・玄関脇のヤマボウシが新芽を付ける頃に久しぶりに尋ねてみようと思う。

このページのトップへ
2階板間
階段を上がったところにある板間。子供が大きくなるまでは間仕切る事はせず多目的室としておおらかに使う。
このページのトップへ
 
建物名 / 龍神の家
所在 /  和歌山県田辺市龍神村東
構造規模 / 木造2階建
主要用途 / 専用住宅
竣工 / 平成16年12月
敷地面積   /    577.00u (174.54坪)
建築面積   /       95.84u ( 28.99坪)
延床面積  / 117.95u ( 35.67坪)
1階          /    62.66u (  18.95坪)
2階          /    55.29u (  16.72坪)
特記事項 / 民家型構法の家、外断熱通気工法
 
このページのトップへ
 
紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室
和歌山県田辺市新万29-24  Tel. 0739-24-3824

中村伸吾建築設計室へのお問い合せ
紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室