木の家の建築家中村伸吾の建築設計事務所では和歌山の紀州材や自然素材を活かし無垢の材料で木造住宅を造っています。外断熱通気工法・土塗り壁・杉厚板の家などおまかせください
中村伸吾建築設計室トップページ中村伸吾建築設計室トップページ建築設計理念作品集今日の現場からコラム活動掲載記事業務内容オフィス概要お問い合せ
作品集INDEX
前の作品集へ
次の作品集へ
   
     
多目的室から吹抜けを見る
薪ストーブの煙突は吹抜けを真っ直ぐに立ち上がり、上下左右につながる大きな住空間を一台であたためる。
南側外観
ガリバニウム鋼板の切妻大屋根。外壁は杉板張り。
軒高を低くして、軒の出は大きく、シンプルな形にして基本をしっかりとおさえる。

この住宅は南紀白浜の中央より山手側(それでも白良浜までは車で5分)、最近になって白浜町の開発公社によって開発された新興住宅地に建つ。団地は地山の形状に従い、北東に向かって雛壇状に造成されている。建主が求めた場所は南西の角地、地盤は岩盤、日当たりの問題はないが風のきついのが気になる敷地。廻りには現代風の(?)住宅が建ち並ぶ。まるで住宅展示場の様相を呈する。

このページのトップへ
居間
中央に薪ストーブがすわる。暖房器具としてはもちろん、家族のコミュニケーションの中心となってくれることを期待している。
居間より食堂を見る
床は唐松板張り、壁は和紙貼り、天井の障子は照明ボックス。
食堂より居間方向を見る
1階は大きなワンルーム。吹抜けを介して2階ともつながる。玄関廻りの家具類は全て桧集成材にて製作。

当初より「木の家が欲しい」と希望されていた建主とは「住宅」というものについての考え方に大きな隔たりはなく、基本グリッドを大事にした構造や、吹き抜けを含むオープンな空間構成、高すぎない軒高、大きく出た軒の出、機械設備に頼らない自然素材の家づくり等はスムーズに受け入れて頂いた。ただし、予算の制約は厳しかったので土塗り壁を採用しないことと、家族の成長に合わせて段階的に仕上げていく家づくりを提案をした。結果、2間×3間×3グリッドの構造体と、ガルバリウム鋼板葺きの切り妻大屋根、焼き杉の外壁板、最小限の建具・間仕切り、家の中心に薪ストーブがデンと座るこの住宅の基本骨格が出来上がった。

このページのトップへ
寝室より吹抜け方向を見る
空気量を多く確保すること。風通しの良いプランとすることは、快適な住まいづくりの重要条件。

建主のご厚意で完成見学会を開催させて頂いた。その土地らしい住まい方・住宅のあり方、先人の知恵に学ぶ家づくり(風通しや日差しの制御を含めたパッシブな考え方)の重要性などを見学者に説明していた矢先に雨が降り出した。とたんに、ご近所の窓という窓がパタパタと閉まっていった。現代の平均的な住宅では、もはや小雨にさえ窓を閉めることでしか対処できないのだ。対照的に家全体を大きく包み込み、雨や日差しの制御に対して有効な屋根を持つこの住宅の開口部は大きく開放されたままであった。今更ながらに住宅のあり方の基本に立ち返ることの大切さを思い知った瞬間であった。

このページのトップへ
多目的室よりホールを見る
右手の大きな机は、桧台形集成材にて製作。4Mほどの長さがあり、壁には洗面器も組み込まれている。
お父さんお母さんの趣味の机、子供たちの勉強机として、多目的に活躍することを願っている。左手の手すりは本棚となる。

多目的室より吹抜け方向を見る
2階も大きなワンルーム。西側に寝室のみが独立する。
右からご主人、長男、奥様、長女、現場監督の芝田さん、当事務所の担当者竹林。

この住宅は住まい手と共に成長していく。北側には洗濯物干しがくっつき、竣工当時になかったポーチの階段が完成している。簡単ではあるが道路と段差のある擁壁の上部にはネットの塀が出来上がった。食堂にはお父さんが造った天然木の見事なテーブルがはいり、早くも薪ストーブの薪が用意されはじめていた。当初の計画のとおり、この住宅は家族のあり方の変化にともなってその姿を変えていくのだろう。そして、住宅は、住まい手の「ニーズ」と「思い」から来る手直しに充分応えられる基本性能を有しなければならない。やはり「住まい」とは「買う」ものではない。住まい手が自らの意志で創り上げていくものだ。その手伝いを設計という分野から応援できる事を光栄に思う。

このページのトップへ
 
建物名 / きよら台の家
所在 / 和歌山県西牟婁郡白浜町
構造規模 / 木造2階建
主要用途 / 専用住宅
竣工 / 平成15年4月
敷地面積    /    205.43u (62.09坪)
建築面積    /       88.03u (26.62坪)
延床面積   /  128.07u (38.73坪)
1階           /     71.88u (21.74坪)
2階           /     56.19u (16.99坪)
特記事項 / 紀州材使用の家、民家型工法の家
 
このページのトップへ
 
紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室
和歌山県田辺市新万29-24  Tel. 0739-24-3824

中村伸吾建築設計室へのお問い合せ
紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室