木の家の建築家中村伸吾の建築設計事務所では和歌山の紀州材や自然素材を活かし無垢の材料で木造住宅を造っています。外断熱通気工法・土塗り壁・杉厚板の家などおまかせください
中村伸吾建築設計室トップページ中村伸吾建築設計室トップページ建築設計理念作品集今日の現場からコラム活動掲載記事業務内容オフィス概要お問い合せ
作品集INDEX
前の作品集へ
次の作品集へ
   
     
玄関よりホールを見る
式台上り框は桧付。壁は珪藻土塗り。天井は、杉厚板の化粧野地あらわし。天然素材は表情豊かに人をむかえる。
東側外観
腰は錆花コウ岩積み。大屋根は日本瓦、下屋はガルバニウム鋼板葺。外壁下地は全て土塗壁。植え込みのクズレ石とツツジは建主の父上がこの日のためにとっておいてくれたもの。

敷地は田辺市内、会津川河口近く、入り組んだ住宅地の一角にある。道路は北側と東側にあるがいずれも4メートル未満であり、80坪を超える敷地面積のわりには広さを感じにくい。ここに、家族5人が一体感を感じながら、のびのびと暮らしていける住まいが欲しいとの要望であった。同時に、吉相間取りであることと、南側にお住まいのご両親の立派な和風住宅とバランスの取れる外観であることが求められた。

このページのトップへ
食堂
左手に台所、正面の3枚引戸を引き込むと、居間につながる。この住まいの引戸は引き込みが基本。普段は用途別に部屋を区切ることなく広々と生活するための知恵。
ホールより玄関を見る
飾り棚は桧付。壁はエコカラット貼り。正面に見えるのは下駄箱。土間は居間を経て台所につながる。

ご主人は10年以上にわたりまちづくり団体で活躍されてきた人だ。節有りの紀州材をふんだんに使うことや、土塗り壁をはじめとするこの地に残る住文化を大切にした 家づくりをすることによって、快適な住まい心地を機械設備に過度に依存しないで実現しようとする提案や、大工、左官、建具職などの地元職人を使って地域の経済循環 に貢献しようとする提案には理解があった。建物の基本をなす構成や家相などについてはご主人と、使い勝手や工事費の検討については奥さんと役割分担されて段取りは進んだ。

このページのトップへ
居間より土間を見る
薪ストーブは家族のコミュニケーションを助けるアイテム。暖房効果を有効に引き出すため、後ろには石、床は土として蓄熱性を高める工夫。
玄関より土間を見る
左手は居間、奥に台所、手前は玄関につながる。住まいの奥にまで入り込んだ土間は工夫次第で使い方は色々。

建物は、2間×2間の4グリッド、2間×1.5間の2グリッド、計6グリッド。この部分が2層になって基本架構となる。ここに広縁、玄関、土間、台所、物入れなどの下屋が取り付き全体を形作る。大屋根は日本瓦葺き、下屋はガルバリウム鋼板瓦棒葺きとした。南側開口は庭に面するが、東側は直接道路となる。すぐに「ここに塀をして・・・」と言う話になるが丁寧に説明してご辛抱頂いた。家の廻りに塀を巡らすのは防犯上も、景観上も良くない。その代わり敷地を50センチ程高くすることと、道路との間に石積みと植え込みを設けることで、道行く人の直接の視線を避けながら、積極的にまちなみづくりに参加することとした。

このページのトップへ
2階ロフト部分
上棟時、工事の無事と家内安全などを願った「幣(ヘイ)」が今も上がる。
子供室
床は唐松板、壁は桧板張り、天井は杉厚板の化粧野地板あらわし。上部は勾配天井となり、ロフトにつながる。 建具類は原則として地元製作の木製引戸。開けてしまえば全室がつながる。風通しは上下左右善方向に確保したい。

紀南の住宅は当然「夏を旨とする」住宅である。この家も可動間仕切りで各部屋は区切りはしたが、日頃は風通しの良いオープンな空間として使われている。当然、気密・断熱にはそれなりの手当はしていても、冬場には少し大きめの熱量を発生する暖房器具が必要になる。今回は薪ストーブを勧めた。壁内にある土塗り壁は調湿体としてはもちろん、蓄熱体として大変良く機能する。蓄熱体の補助に石積みと土間をストーブの近くに用意した。今年は引っ越しのどさくさでとうとうストーブに火が入ることはなかったが来シーズンからの活躍を楽しみにしている。

このページのトップへ

2階ホール
正面には寝室への入り口。
たとえ寝室といえど、視線の問題のないところに、風通しの開口をもうける。
東側外観
道路との境界にはなるべく塀をもうけない。植え込みの緑はやわらかな印象。
玄関廻り外観
前面道路から距離がないため、植え込みと建物のGLレベルを高くすることで視線を下げる。横にはスロープを用意。
このページのトップへ
 
建物名 / 元町の家
所在 / 和歌山県田辺市元町
構造規模 / 木造2階建
主要用途 / 専用住宅
竣工 / 平成14年12月
敷地面積    /   269.35u (81.47坪)
建築面積    /   139.27u (42.12坪)
延床面積   / 200.90u (60.77坪)
1階           / 119.80u (36.23坪)
2階           /   81.10u (24.53坪)

特記事項 / 自然素材使用の家、民家型構法の家(木の国の家仕様)、竹小舞土塗り壁

        外断熱通気工法

 
このページのトップへ
 
紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室
和歌山県田辺市新万29-24  Tel. 0739-24-3824

中村伸吾建築設計室へのお問い合せ
紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室