work flow木の家ができるまで

お支払い時期の目安
設計業務 STEP1顔合わせ 取り組みや考え方をお伝えし、実際に建物をご覧いただきながら、お互いの相性を確認しましょう。
STEP2敷地・環境調査 建設予定地や周辺状況を調査しましょう。
敷地の持つ潜在能力を最大限に引き出すお役に立ちます。
STEP3コンセプト創り 手に入れたいものが何であるかが分かっていなければ何事も始まりません。
ご家族の夢や希望を統合して、手に入れたい住まいのイメージを固めましょう。
STEP4基本設計 コンセプトに基づき、間取り計画や外観・陽当たり・風通し計画などを決めましょう。
様々な提案をしながら世界にたった一つのプランを見つけていきます。
この時点で設計監理契約の締結です。
STEP5資金計画 住まいの大きさや建築費などの目安ができましたら、資金計画についても検討を始めましょう。
STEP6実施設計 仕上げ材・設備機器・収納などの詳しい内容を打合せながら、建物の詳細を決定していきます。
STEP7確認申請 実施設計が終了すると、役所または指定確認検査機関へ建築確認要請を提出し、建築許可を取得します。
監理業務 STEP8施工業者の選定 信頼できる工事業者を選定し見積の発注をします。業者の選定、工事費の妥当性の検討や調整を行ったりするのも建築家の大切な役目です。
業者が決まれば工事請負い契約の締結です。
STEP9工事着工 地鎮祭をはこの時期です。この時点で、建物の配置と地盤の高さ設定を行い、
住まい手の確認の上で工事がスタートします。
STEP10基礎配筋検査 基礎の鉄筋が組み上がると配筋検査をします。
鉄筋の種類・太さ・組み方、型枠との隙間などを確認した後にコンクリートを打設します。
STEP11上棟 建物の基本骨格が組み上がります。
柱・梁などの樹種、寸法・継ぎ手・木組みなどの確認を行います。
STEP12中間検査 耐力壁・すじかい・金物などの建物を支える重要事項の検査を行います。
事務所の検査合格後、役所や指定確認検査機関による検査を受けます。
STEP13インテリアコーディネイト 工事の進み具合に合わせてカーテンやブラインド、机やイスなどの、
インテリアコーディネイトをトータルで考え始めましょう。
STEP14竣工 建物が出来上がると、各部の仕上げや家具・建具・諸設備などの検査を、
住まい手にも立ち会っていただいて行います。
役所や指定確認検査機関による完成検査もこのタイミングで受けます。
STEP15お引き渡し 全ての工事が無事に終了するといよいよお引き渡しです。工事費を精算し引渡証を手にされた時から、その家はあなたの住まいです。
設計事務所のしごと