blogスタッフブログ

日記

気温差のこの頃


先の日曜には、『孟子の平屋 完成見学会』を無事開催させていただきました。
お越しくださった皆さん、機会をくださった建て主さん、ありがとうございました!
当日はおかげさまでお天気に恵まれ、里山の見晴らしが素晴らしいロケーションを存分に堪能できました。
すべての居室からダイレクトへ外へ出られるのも、平屋の良さです。
また大きな掃き出し窓から部屋内へ取り込まれた景色のおかげで、屋内にいても野外との連続性を感じ、開放的に過ごせます。
晴れとはいっても、やはり梅雨時は一年で一番多湿な季節。無垢の木と自然素材の調湿性能が体感しやすいタイミングです。
閉めきった納戸の隅の壁や床に手で触れてみて、サッパリとした触り心地を確かめていらっしゃる方の姿もありました。

ところで、最近は日毎の温度差が結構ありますね・・・!
晴れた日と雨や曇りの日、日中と夜間で、半袖と長袖を着たり脱いだりしています。
もう夏だというのに、日が沈むとなんとなく温かいものが食べたくなり・・・なぜか、鍋や雑炊をよく食べています。
続くとバリエーションがほしくなるもの……ささやかながら、出汁を干し椎茸にしてみたり、干しエビにしてみたりしつつ、冬ような夜の食卓を楽しんでいます。
日記

白い穂の絨毯



通りがかりの空き地が、キラキラと白く輝いていました。 小さい頃からよく見るこの雑草……そういえば、なんていう名前なんでしょう。 帰って調べて見ると「チガヤ」というそうです。イネ科で、サトウキビとも近縁にあり噛むと甘いため国内ではかつて食されていたこともあるそう。茅葺き屋根の材料にもなるということなので、どこかの建築物でも知らぬ間にたくさん見ていたのかもしれません。
お天気の青空に群生の穂が揺れる様子は、とってもキレイでなんだか懐かしい感じがしました。
穂が開くのは夏・・・Mo-kuでも、この一週間でアジサイが満開になりました。  
  • ▲チガヤ
明日の日曜は、海南市・孟子の平屋で完成見学会をさせていただきます。
アジサイの天敵は水切れ……。スタッフは全員会場に向かいますので、不在となるMo-kuの水やりは、するなら今日です。晴天を信じて、たっぷりと水まきをしました。
日記

紀州材・家づくりフェア



ららぽーと和泉・2Fセンターコートでこの週末に開催中の紀州材・家づくりフェア、1日目に参加してきました。
中村伸吾建築設計室・木の家工房Mo-kuのコーナーでは、実例パネルの展示と、家づくりの進め方などについての資料をご案内しております。
明日10日(日)も引き続き開催しておりますので、お立ち寄りの機会には、ぜひお声がけください。

台風の接近なども予報されていましたが、おかげさまで気持ち良いお天気となり、休日のおでかけを楽しむ皆さんで、モール内はワイワイと賑わっています。
会場の真ん中には、無垢の紀州材による積み木のコーナーや木のボールがいっぱい入ったミニプールがあり、通りがかりの小さなお子さん達の遊び場です。
お子さん方のお友達をつくる才能は素晴らしいですね…!はじめて知り合ったお子さん同士がお互いの名前も知らないまま、ほんの数分で、手に手を取り合ってスムーズに合作をはじめていらっしゃる姿を何度も見ました。タッグによって完成する積み木も多彩……この日この場所のこの出会いから、偶然うまれるこの時だけの造形を眺めながら、ワクワクと楽しい気持ちになりました。
日記

2万㎞記念日。



愛車に乗りはじめて、5月でちょうど一年でした。
車で通勤しておりまして、行きに帰りに、まだまだ運転するのが嬉しい毎日を過ごしております。
この頃はすっかりこの車のクセにも馴染みができてきました。
ガソリンメーターはなんだか結構アバウトなので、走行距離で大体の給油のタイミングを計っているのですが……。
「!!!!!!」

いつも通り帰宅し、自宅の駐車場へ停車して………何の気なしにのぞき込んだメーターの走行距離が、あまりにもピッタリ賞!!!!!
おもわずカメラを探しました。
「今日は2万㎞記念日だ……」ナゾの特別な気分で一晩を過ごし、翌朝出勤に乗り込む時にも妙な高揚感に包まれました……。
まだまだ一年。愛車とは末永く、幸せなドライブライフを過ごしたいと思っています。
これからもよろしくね。
日記

個性的なお肉。



遠方の友人が会社の出張で大阪へ来たので、夕食を一緒に食べてきました。
ゲストのリクエストにお任せしたところ・・・・個性的なお店で待ち合わせることに。
一見おいしそうな普通のお肉のプレート。

左奥から、オーストラリア産ダチョウ、エゾジカ、国産牛のイチボのステーキ盛り合わせです。
他にも、ワニの手や、カンガルー、広島の猪など……あまり食べる機会のないお肉がメニューに並んでいました。
ダチョウが意外に美味しかったです。
少しクセのある…鶏ムネ肉と、豚モモ肉の中間……みたいな雰囲気でした。
しかし友人は、北海道から来たのになぜ大阪でエゾジカを。。地元でよく名前を見かけるから食べてみたかったそうです(笑)。
日記

うれしいいただきもの



久しぶりに『屋根下空間を楽しむ家』の住まい手さんが、Mo-ku(モーク)へお越しくださいました。平成26年に竣工されたので、4年ぶり…!
お車から降りていらっしゃる様子が懐かしく、お兄ちゃんはすっかり大きくたくましくなられていました。
そして、素敵ないただきもの……

自家栽培のズッキーニと、同じくイチゴのジャム……息子さんがお医者さんへご自身お一人で受診をされた勲章のキャンディを分けてくださいました!
ズッキーニは、こちらの奥さんにいただくまで自宅で調理する機会のなかなかなかった野菜です。 でも彩り美しく、野菜炒めにスープにと、いろいろな味付けでいただけるズッキーニはとっても重宝する野菜で、今では我が家のレギュラーメンバーになりました。最初に食べたのが、手間暇かけて育てられた新鮮で美味しいズッキーニだったという幸運も、新習慣には大きく影響したと思います。

キャンディの柄は、「はぜはら整形外科クリニック」の先生の似顔絵です。
すごく似ていらっしゃいます 笑。
「うちと一緒で、中村設計のOBさんでいらっしゃいますよね!」と奥さん。
建て主さん方は情報がなくとも、街並みから不思議と同窓の皆さんを見つけてくださいます。
お子さんがお一人で症状をお話しになり受診されると、このキャンディを1つもらえるのだそうです。
「4回くらい行ったから」と分けてくださったのですが、4個しかないうちの1個をいただき、胸が熱くなりました。

1階の土間ギャラリーでお茶をさせていただいていると、数年前には毎週こうして何度も打ち合わせをさせていただいていたのが、最近のことのように感じられました。
またこうして訪ねてきていただけて、とっても嬉しい出来事でした。
 
日記

ニオイバンマツリ



毎年4月末からお盆くらいまでは、にわかに花が気になってしまいます・・・。
もともとそんなに土を触ったことはありませんでしたし、どちらかというと億劫がって水やりも途絶えがちなくらいの性分なのですが、毎日次から次へと姿を変え、花を咲かせる植物たちを見ていると、どうにも心が浮き立ちます。
先日、街で良い匂いに引かれて振り返ると、紫と白の花が賑やかな低木がありました。
ニオイバンマツリというそうです。
1本の木に2種類の花が咲いているように見えて「フシギだなぁ」と帰って調べてみたのですが、咲く花は1種類なのだそう。咲いてからの時間経過によって、紫から白へ花色が変化するのだと書いてありました。
ますますフシギな植物です!
4月~7月が開花期と長く、さわやかな芳香もあって、常緑で育てやすい・・・・・・ちょっと、植えてみたい気持ちになっています。
見た目が可愛いし・・・。
ふと空を見上げると、ウロコ雲が出ていました。 空は一足早く、もう夏なんですね。