木の家の建築家中村伸吾の建築設計事務所では和歌山の紀州材や自然素材を活かし無垢の材料で木造住宅を造っています。外断熱通気工法・土塗り壁・杉厚板の家などおまかせください
中村伸吾建築設計室トップページ中村伸吾建築設計室トップページ建築設計理念作品集今日の現場からコラム活動掲載記事業務内容オフィス概要お問い合せ
木の国の家
森から住宅を考える
 
木の国の家 活動プロジェクト 中村伸吾建築設計室
和歌山県田辺市にて、山(人工林)と町(施工者・設計者・建主)とをつなぐネットワークを作り、地域のスタンダード住宅を創りだそうとしている運動が、「木の国の家」です。推進事業活動とその取り組みをご紹介します 。

                               田ノ岡比呂志 [田辺商工会議所中小企業相談室室長]

田辺商工会議所(以下、会議所)による「木の国の家」実現への取り組みは、2000年度の「地域振興活性化事業」に始まる。
この事業は、地元産出の紀州財と地域の建築関連業者の持つノウハウを活用し、紀州・木の国らしい家づくりに取り組むことによって、会議所周辺広域の産業振興と地域活性化を図ることを目的を目的としてスタートしている。

事業推進のための委員会が会議所によって組織され、建築設計・林業・製材業・建設業・学識経験者および主婦やまちの商店主ら住まい手の代表など、幅広い分野の人材に参加が呼びかけられた。行政も含め総勢20名足らずのコンパクトながら多彩な視点を持ち、活発な意見交換の可能な委員会が結成されることとなる。

委員会では討議が重ねられるうち「木の国の家」推進事業の目的が明確になり、次のようにまとめられた。

1.
新しい住宅供給システムを構築することにより、地場産業の振興を図り、地域循環型経済の活性化に貢献する。

2.
新しい住宅供給システムを仲立ちとして、環境(森)とひと(街・住まい)との関係を再構築し、紀州の環境保全に貢献する。

3.
環境(森)との関係を保ち、紀州のアイデンティティを意識した「木の国の家」を開発・建設することにより、住まう人々の快適生活を実現する。

4.
「木の国の家」を良質な紀州材で構成することにより、個人財産としての価値を高めると同時に、優良な公共財産として蓄積されることで紀南らしい街並みの形成に寄与する。

5.
地元職人の仕事量を確保し、技能の復権に貢献する。


また「住まい」としての「木の国の家」のコンセプトが、6つの文字に象徴されるものとして表現された。


木・土・石・・・・。自然素材で構成された、家族が健やかになれる住まい。
住み込むほどに輝きを増す、個人資産・社会資産として継承していける住まい。
人と人、住まいながら家族や地域との信頼関係が育まれていく住まい。
心からくつろぐ、住む人の「五感」で良さが味わえる住まい。
紀州の気候風土に適した心地よい暮らしを提供できる住まい。
地元の職人が地元の木「紀州材」で建てる、地域に根ざした住まい。


さらに委員会では、これらの「木の国の家」の目的とコンセプトを具現化するために、設計・施工・材料供給を実際に請け負うことが可能なチームの必要性が論議され、同時に住まい手を中心とした市民グループの立ち上げも検討されている。

今後、会議所としては、この仕組みを広く地域に公開し、地域密着型の開かれたシステムとして標準化し、具体的な施工事例が増えることで、より直接的な地域活性化のストーリーをつくりたいと考えている。

さらにこのシステムは「木の国の家」の実現という切り口で、自治体・会議所・関連業者が一体となっただけでなく、女性を中心に地域の住民が加わり、住宅や生活の環境からまちづくりまでの大きなテーマに主体的に取り組んでいるという意味で、新しい「地域の協働システム」の先例となりうるものである。



  詳しくは 田辺商工会議所「木の国の家」推進事業ホームページもご覧ください。
http://www.aikis.or.jp/~t-cci/kinokuninoie/index.html



このページのトップへ

 
 

                          中村伸吾 [木の国の家推進委員会委員長] 


近年、日本の住宅は、大手ハウスメーカーによる工業化の進展、ITの発達による情報の共有化などにより、全国どこでも同じようなものが建てられるようになってきた。昔は紀州には紀州の、四国には四国の家があり、それぞれ地元の木を使って、勝手を知った地元の職人の手で建てられていた。元来、住宅建築はそれぞれの地方を代表する大きな地場産業だったのだ。
それが、経済効率優先の工業化によって画一化され、住宅から「地方性」が失われてきたのである。 また、工業化による家は「木」が「木」でなくても良い状況を招いた。大壁の中にしまい込まれ、工業製品として求められる性能だけを満たしていればいいのであれば、もはや「木」は「木」である必要はない。結果、国産材は使われなくなり、環境・経済の両面で循環がうまくいかなくなり、山が荒れた。

地方の工務店や職人たちが、住宅建築を全国規模で産業化していく大手メーカーに建築現場から追いやられていく一方で、「商売になりやすい」という理由からメーカーハウスそっくりなものを、無反省に、すすんで建てる動きがでてきた。これまで守り育ててきた「技」や、「地方性」を自ら手放し始めてしまったのだ。

私たちは昔から、身近な木材を使って家を造り続けてきた歴史がある。それは取りも直さず木造住宅が、その土地の気候や暮らしにぴったり合うものだったことの証になるだろう。

「地方性」を取り戻すこと、「木に国の家」はそれを第一に考えている。紀州材を使うことはもちろん、それが構造材として現しで用いられていることなど、「木」が「木」として存分にその存在意義を発揮できる家をつくりたい。それが住まい手にとっても幸せなことなのだと考えている。
山には伐期を迎えた大量の人工林がある。現場には腕達者な職人達が待っている。木使いを心得た設計者と、山と、現場を繋ぐネットワークが「川上」と「川下」の関係を再構築するシステムの中心とならなければならない。木の家を建てたいと考える人が、誰でも普通に手に入れることが出来る家づくりシステム。そういうものを創り上げたい。

さらに望むのは、住まい手も「住宅を建築する」ということが自分たちにとってなにを意味するのか、もう一度考えてみてほしいということ。家族の将来のこと、健康のこと、財産のこと、ご近所との付合いから環境に与える影響まで。 快適に暮らすための方法を、目の前に用意された安直な回答に頼ることなく探してみてほしい。結局はそれが「木」のためにも「住まい手」にとっても最良の結果となるのだから。




このページのトップへ

 
 

                  榎本淳一/山長商店 [木の国の家推進委員会副委員長] 


「木国家 Kiguniya ( 以下、木国家)」は、「木の国の家」のコンセプトを具現化することを目的として結成されたチームで、「木の国の家」の設計・施工・材料供給を実際に請け負う組織である。

設計2社、施工2社、材料供給2社の計6社で構成され、田辺商工会議所と連携を保ちながら「木の国の家」コンセプトに基づく新しい住宅供給システムを、地域に根ざした形で構築するモデルケースとしての役割を担っている。

一般的な住宅供給の在り方は、、分業化が進み、設計・施工・材料供給を受け持つものがお互いに分断されているきらいがある。

「木国家」では設計・施工・材料供給に携わるものがお互いに緊密なコミュニケーションを図りながら「木の国の家」に関わっていく。

「民家型構法」にルーツを持つ[木の国の家」は、木構造がそのまま意匠として現れ、いわゆる化粧納まりになるため、節有りの構造部材でも仕上げて見せることを前提とした納材が必要となる。「木国家」では一定の品質で標準化された「木の国の家」を住まい手に引き渡せるよう、分業ではなく、協働する体制をとるところに「木国家」の特色がある。



このページのトップへ
 
紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室
和歌山県田辺市新万29-24  Tel. 0739-24-3824

中村伸吾建築設計室へのお問い合せ
紀州材を使った木の家、木造住宅、在来工法、民家型工法、地域密着型(和歌山県)、外断熱通気工法の住宅設計|一級建築士事務所 中村伸吾建築設計室