今日の現場からdiary

豊中の家

  • 住宅
  • 民家型構法
  • 2階建
シラス壁下地

シラス壁下地

造作

外壁では外断熱・防水・通気工事ができたところから、仕上げのシラス壁の下地造りに入る。
シラス壁は火山灰を固めた塗り壁である。左官工事で丁寧に塗っていくことになるが、乾燥で収縮する塗り壁の場合下地が特に大切である。
ラス板(12ミリ厚の杉板)を15ミリほどの間隔を開けて通気桟に取り付ける。丁寧な仕事が出来映えに直結する・・・と心がけての作業である。

防水層の貫通

防水層の貫通

造作

外壁は外断熱を付け終わって防水・通気工事に入る。
透湿防水シート面が外壁の防水面となるので、ここの守りは殊更重要だ。
この部分を貫通する設備などの配管類に特段の配慮をしなければならない。
現場監督や現場に常駐する大工などは防水には神経質になるが、必要な時だけ現場に入る設備などの専門職はそこまで思いが行き渡らないことがあるからである。

造作材加工

造作材加工

造作

外壁廻りの木製建具枠やサッシ枠などの造作を終わり取り付けも完了した。
続いて室内建具の敷居・鴨居・額縁などの加工をはじめる。
材料は事前に運び込んでいるので乾燥も充分である。
大きな居間は大工の加工小屋としての機能も充分に果たしてくれている。

天井仕上げ

天井仕上げ

造作

2階天井は杉板本実張り。屋根形状に合わせての勾配天井とした。
勾配天井を造ると、暑いだろう寒いだろう・・・と、心配してくれる方がいる。
屋根裏が直接見えているようで気になるのだろうが、断熱層も空気層もしっかりととられているので心配はない。

2階天井

2階天井

造作

外壁と共に室内でも天井張りが始まった。
通気層との間は風の影響を受けにくいようにインシュレーションボードで区切って、その下に断熱層を置く。断熱材は透湿抵抗の低いパーフェクトバリア。

補強

補強

造作

見込みの大きな建具枠を現場製作する時には後の狂いやゆがみに対する対応が必要。
補強材は鉄のプレートで特注製作した。
これを600ピッチで梁に固定(補強)していく。

木製建具枠

木製建具枠

造作

南側にある木製の引き込み大開口の上下枠(敷居・鴨居)は既製品があるわけではないので、現場製作にて建て込む。
使用する材料は桧の柾目材。ガラス戸・網戸・雨戸が各1枚、それを2セット収納するため300ミリを超える幅(奥行き)になる。
1枚ものでは狂いや割れが怖いので、ふたつの部材をはいで(つなぎ合わせて)造った。

外壁通気 Ⅱ

外壁通気 Ⅱ

造作

外壁通気の場合には、開口部などの通気層を横断して通気(空気の通り道)を阻害する要因に対する対応は大切である。
写真は水廻りの小窓。枠との間に、上がってきた空気の逃げ場となる横の通路を必ず確保する。
当たり前ではあるが、現場では忘れられやすい事柄である。

外壁通気

外壁通気

造作

外断熱の出来たところから外壁の通気工事に入る。
通気桟は21ミリ厚、約450ピッチに施工する。
この時点で外壁の防水処理は終わっていなければならない。
設備などの、防水シートを貫通する配管類には入念な防水処理を施す。

断熱材

断熱材

造作

断熱材は透湿抵抗の低いものを選ぶ。
スタイロや硬質ウレタンを使ったのでは室内の湿気の逃げ場がない。逃げ場がない湿気が壁内に溜まらないように室内側で気密の必要がある。内壁で気密してしまうと室内そのものが湿気るので機械換気の必要がある。24時間給排気の規制はこの悪循環から抜け出るためのものである。
結露計算をしながら、透湿抵抗の低い材料で外壁や断熱層を構成すれば、自然に湿気は通気層に排出され、上記の悪循環の緩和が可能になる。