今日の現場からdiary

龍門山を望む家

  • 住宅
竣工

竣工

完成

高台に建つ龍門山を望む家、東側道路よりの全景。
切妻大屋根の下に大空間を内包する気持ちの良い住まいが出来上がった。
段取りよく決め事を裁いてくれた男気のあるご主人と、柔らかく見守り続けてくれた奥様のおかげでとてもスムーズに進んだ現場であった。
大工職をはじめとする関わってくれたすべての職方に心からお礼を申し上げる。
大変にお世話になりました・・・皆様ありがとうございました。

居間より山を望む

居間より山を望む

完成

床は無垢の唐松板、壁は珪藻土と鷲の仕上げ、天井は杉板張り。
自然素材に囲まれた室内は清々しいものだが、引き込み式の木製建具を全開方するとさらに気持ちの良い眺望が拡がる。
時候の良い頃には前のデッキが活躍することだろう。

木製家具

木製家具

仕上

キッチンは実用性を重視してオールホーローのものを希望された住まい手であるが、家具類はオール無垢材で造り付けることになった。
写真は食器棚、箱も建具もすべて桧材、引き出しの内部板は一部杉材を使用した。

珪藻土塗り

珪藻土塗り

仕上

内壁の珪藻土塗りが仕上がった。
調湿体・蓄熱体としての期待はもちろんだが、全体にふんわりと仕上がった室内仕上げに、楽しげなアクセントを与える役目も持っている。

木製建具

木製建具

仕上

木製建具は、住まいの出来を大きく左右する要素でもある。
建具材料は特殊なので金額のバランスを取るのも難しい。
写真は居間の大開口に取りつける雨戸・・・雨掛かりが心配されるので枠は桧の柾目、戸板は杉の赤身。
大事なところでは工事費よりも品質(耐久性)を優先する。

外部デッキ

外部デッキ

仕上

外部の仕上げも急ピッチで進む。
写真は木製デッキの製作風景。
束はコンクリートに直接ではなく、足下からの水の吸い上げを防止できるようにパッキンを挟む。
木の家を長持ちさせるには木材を太く・大きく・厚く使うこと。
ちなみに、デッキ部分の板の厚さは40ミリ。

薪ストーブの設置

薪ストーブの設置

仕上

暖房器具の選択はいつも悩ましい。
生活スタイルと嗜好に応じて皆さん様々。
この住まいでは薪ストーブが選択された。
大きな玄関土間に据わるのはドブレの品物。
傍らには住まい手が自ら作られたステンレス製の薪置き。

ポーチ仕上げ

ポーチ仕上げ

仕上

ポーチの仕上げは金錆砂利の洗い出しで行った。
色違いの数種の金錆石(花崗岩)とベースのモルタルの色の組み合わせでかなりのバリエーションが創れる。
不揃いなピンコロの様子との取り合わせがいかにも手造りであることを感じさせる。

足場撤去

足場撤去

仕上

外壁塗装が出来上がり、軒樋も縦樋も付いて、いよいよ足場が撤去された。
塗り壁風の壁の上に焼き杉板の外観はいかにも木の家の風情。
屋根からは薪ストーブの煙突も顔を出した。

キッチンセット

キッチンセット

仕上

私のクライアントの中では、木製で制作するキッチンとシステムキッチンの割合はだいたい半分半分。
システムキッチンを採用するときには、オールステンであるとかオールホーローであるとかの素材感の豊かな品物をオススメしている。
どんなにきれいでも合板で出来ているものはせっかくの木の家のコンセプトには合わないように思っている。
この住まいではオールホーローを選択された。
耐久性が高くどこにでも磁石がくっつく使い勝手の良い品物である。