今日の現場からdiary

ありのままの家

  • 住宅
竣工

竣工

完成

住まいは住まい手のものだ。
どれが正しいかではない、住まい手の数だけの正解がある。
私は住まい手の思いに出来るだけ寄り添いたいと思っている。
しかし、快適に過ごすための建物の性能は、住まい手よりも設計者がイニシアティブを取って確保しなければならない。
頑固だ・・・と思われてもやるしかない。
一方、照明器具のデザインや珪藻土や紙の色などは住まい手が決める。
両者の棲み分けの加減が良い家造りに直結する。
今回も照明器具のあかりのように個性豊かな住まいを無事に完成させることが出来た。
信じてお任せいただいた住まい手ご夫婦と関わりをいただいたすべての方々に心からの感謝を申し上げる。
そして、子ども達の笑い声がいつまでも響く住まいであって欲しいと願う。

外部流し台

外部流し台

仕上

屋外にもいくつかの水栓を付ける。
庭の水やりや車を洗ったりする用途に使用するが、何しろこの家の住まい手は海の男・・・もっぱら大型の魚をさばくのにこの流し台を取りつけた。
オールステンレス製で錆びる心配はない。
野菜などを洗っても重宝するし、75センチの幅があるので魚はかなりな大物までさばける。

洗面化粧台

洗面化粧台

仕上

洗面化粧台も個性の分かれるところ。
今のところ7:3の割合で造り付けが多い。
造り付けで選ばれる洗面器は実験室にあるような写真のものが圧倒的に人気。
大きいので多人数で一斉に使用できて、底がフラットなのでバケツなどの水くみにも重宝する。

照明器具

照明器具

仕上

照明器具は住まい手が自ら選んでこられた。
ご主人は水産関係の海の仕事・・・その影響か防爆型のこの器具などは大変に個性的。
最新のLEDの器具は何とも味気ないものが多い。

キッチンセット

キッチンセット

仕上

この住まいではキッチンセットは木製。
天板をステンレスにして下の箱を桧材で造った。
台所道具を隠してしまうには扉があった方が良いが、使い勝手の良いのは扉のない方・・・奥様方のご意見の分かれるところ。

外部デッキ

外部デッキ

仕上

1階の居間の掃き出し窓の外には木製のデッキが取り付く。
一時は住まい手自ら挑戦・・・の計画であったが、これだけのものを造る時間を作り出すのはやはり大変で、大工に任せることになった。
デッキが付くと住まい手の生活に自由度が増すのはもちろんだが、これだけで室内の広さ感も大いに変わる(広く感じる)。

製作家具

製作家具

仕上

室内のほとんどの家具が桧と杉による製作家具。
写真はキッチンセットと食器棚・カウンター。少しのスペースも無駄なく、思いのままに使い切れるのが製作家具の良いところ。
引っ越しで合板の使われた家具を持ち込む心配がない(薬の心配がない)のも製作家具の良いところ。

外観

外観

仕上

屋根に薪ストーブの煙突が出て、外壁の塗装が出来て、樋類が付いて、2階のベランダが出来た・・・これで外観はほぼできあがりの状態。

薪ストーブ

薪ストーブ

仕上

吹き抜けなどがある大きな空間で快適に過ごすには暖房器具の選定が大切になる。
オススメは薪ストーブ、床暖房、蓄熱暖房機・・・この住まいでは薪ストーブが据わる。
火の揺らぎがきれい・・・と評判のネスターマーティン。

木製室内引き戸

木製室内引き戸

仕上

室内の建具はすべて無垢材で製作した框戸。四方の框は桧、落とし板(中央の部分)も小幅の桧板。
無垢の框戸であっても小幅板による横張は板の間にきれいにマッチする。