今日の現場からdiary

市ノ瀬の平屋

  • 住宅
  • 平屋
内部和紙貼り

内部和紙貼り

仕上

室内の和紙貼りが完了しました。
リビング廻りは少し白いめの和紙を採用しています。
屋根面の垂木や野地板の色との相性も良さそうです。
柱や床の養生が取れれば、非常にスッキリとした空間となりそうです。

造作浴室の配管

造作浴室の配管

仕上

市ノ瀬の平屋の浴室は、既製のシステムバスではなく、造作の浴室です。
写真は造作浴室の配管の様子。
事前にタイルや石の割りを検討し、
目地の位置から水栓位置や排水位置を割り出します。
今回は工務店と共に、3回ほど施工図を修正して進めました。
少し悩んだのは膳板の高さ、、、決めかねたので白浜や和歌山の温泉をいくつか見て回って寸法を確認。
(地の利が生きました。)
ほどよい寸法になったと思います。

下地のパテ処理

下地のパテ処理

仕上

下地ボードに仕上げ材料を施工する前に、
ボードの継ぎ目やビス頭をパテ処理で埋めておきます。
パテ処理を施すことにより、下地が平滑になり、仕上げの施工がしやすくなります。
写真はボードのパテ処理の様子です。
白い箇所がパテ処理が完了した箇所。
見えにくいですが、ビスの頭もしっかり埋めています。

下地ボード張り完了

下地ボード張り完了

仕上

内部の下地ボード張りが完了しました。
平屋の建物ではすべての部屋が屋根に面するため、
天井が顕しとなっている部屋は必然的に壁の上部に三角形の部分が多くなります。
三角形の部分については、下地ボードも仕上の材料も四角い既製品を加工して張っていきます。
対して、2階建ての建物は少なくとも1階の壁はまっすぐの既製品で張ることができ、
屋根に面する部屋の数もおよそ半分になります。
このあたりの施工効率も2階建てと平屋建ての単価の違いに影響を及ぼす要因かもしれません。

足場の取り外し

足場の取り外し

仕上

外壁の仕上げ工事が終わり、足場が取れました。
足場が取れる段階で、外観としてはかなり完成に近づいています。
外廻りは玄関土間やデッキ工事、外構工事を残すのみとなります。
ここからは内部の仕上げの方が忙しくなっていきます。

食堂横のカウンター

食堂横のカウンター

仕上

食堂横のカウンターが取り付きました。
天板は桧の耳付き幅はぎ板。
非常にきれいな板でした。
子どもが勉強したり、パソコンでレシピを検索したり、、などなど使い勝手は様々です。
天板の下には少しモノがおけるように棚板も設置します。

外壁仕上げ

外壁仕上げ

仕上

外壁の塗装工事が完了しました。
色は前回の現場打ち合わせで決まった色で、ほんのりと薄い黄色。
軒裏の木部の色との相性も良さそうです。
外壁の塗装が終わるとそろそろ足場も外れ、外廻りの工事も進んでいきます。

下地石膏ボード貼りⅡ

下地石膏ボード貼りⅡ

造作

リビング廻りも壁下地が仕上がってきました。
奥に見える畳間とリビングは襖で区切り、襖の上は壁とせずオープンに。
暖房はリビングと畳間をひとつの空間として検討し、十分な暖房器具を設置します。
上部は屋根の垂木が現れる仕様。
大きな空間は高い天井高でのびのびと、小さい空間には見合った天井高で狭く感じることがないように。
空間の大きさと用途に応じて天井高を調整します。

下地石膏ボード貼り

下地石膏ボード貼り

造作

和紙貼り下地の石膏ボードが仕上がっていきました。
下地のラス板を張り付けた状態では、壁を見ると向こう側が見えるくらいすけすけなのですが、
板や石膏ボードが貼れてくると、それぞれの空間の形もハッキリしてきます。
これくらい仕上がってくると、また一段と現場が進んだように感じます。

棚板の取付

棚板の取付

造作

壁の板張りの進行に合わせて、差し込みの棚板も取り付けて行きます。
写真はトイレ上部の差し込み棚板。
トイレや脱衣室、収納などのあらかじめ必要と思われる場所には設計段階から棚を取り付けて置きます。
それ以外の箇所については、建て主の使い勝手や生活スタイルに合わせて随時打ち合わせを行い、
取付箇所や高さ、出幅の調整を行っていきます。