土壁工事U 2017年06月22日(木)

  27,864 byte

最近ではワラ縄を作っている農家さんも少ないのでビニール縄の方が手に入れやすいのですが、ビニール縄だと土の中のバクテリアに分解されやすく、直ぐにだめになります。
ですので、土塗り壁をするときは少し無理を言ってでもワラ縄ないしはシュロ縄を使って竹小舞を編んで貰っています。
 

土壁工事 2017年06月21日(水)

  35,228 byte

大屋根の瓦葺きに平行して外壁土壁の下地工事が進んでいます。土壁下地の竹小舞の行程では小さく割った竹を格子状に編み込み、ワラ縄でしっかりと固定します。
竹の編み目が粗いと土が上手く定着しないので、細かく密に編み込む必要があります。文字で起こせば「竹小舞」と一言ですが、実際には中々根気のいる大変な行程です。
 

瓦葺き工事V 2017年06月19日(月)

  40,272 byte

瓦葺きの準備が着々と進んでいます。現在は屋根へ瓦を揚げて順番に並べているところです。
日本瓦はスレート瓦や鋼板など、他の屋根材と比べてとても重いです。一度材料を全部揚げてから数日かけて一気に葺きます。
 

建物全景 2017年06月16日(金)

  26,495 byte

大屋根の下地が出来たことで建物もだいぶ様になってきました。
この建物は平屋建てですが南面へ下屋を取り付けられるように、通常の建物よりも少し高くしています。まだまだ下屋がついていないのでタッパ(建物高さ)が高いように感じますが、下屋がつけばほどよい高さになってきます。
 

耐力壁U 2017年06月13日(火)

  24,338 byte

筋交いの取り付けと同時に筋交い金物やHD金物などの柱接合金物の取り付けが進んでいます。
伝統工法で建っていても現状の建築基準法に適合しなければいけないので金物の取り付けは必須になります。
 

耐力壁 2017年06月08日(木)

  40,420 byte

筋交いの取り付けが進んでいます。
耐力壁を設計する際は強い耐力壁を一カ所にまとめるのでなく、弱い耐力壁を建物全体にまんべんなく配置するのが肝要です。
 

瓦葺き工事U 2017年06月05日(月)

  23,266 byte

大屋根の防水工事と瓦桟の取り付けが出来ました。これで大屋根の下地は完成です。
これからは先日加工していた瓦を大屋根の上に揚げて順番に取り付けていきます。
 

瓦葺き工事 2017年06月01日(木)

  27,963 byte

大屋根瓦葺きの準備をしています。軒先はよく見かける万十瓦でなく、一文字瓦で葺きます。
瓦は焼き物なので出来上がりの精度は高くありません。軒先をぴしっと綺麗に揃えて葺こうとすると、屋根に上げる前に現場で一枚一枚すり合わせなければいけないので大変です。
 

大屋根金物 2017年05月29日(月)

  26,757 byte

確認申請では求められていない事ですが、水平面の剛性というのは建物の重要なファクターの一つです。
長期優良住宅などで要求される強さを屋根面で確保しようと思うと杉板だけでは足りません。伝統工法の家を建てる時は水平面の剛性を確保するための金物や火打ちなどがどうしても必要になります。
 

大屋根工事U 2017年05月26日(金)

  23,208 byte

垂木掛けも出来たことなので野地板張りを進めています。今回の建物は伝統工法で建てるので構造用合板などを使わずに杉板で張り上げています。
 


- Web Liberty -