ブログblog

串本町、鰻・ひがし。
食べ物の話題

串本町、鰻・ひがし。

古座にうなぎ屋が無くなってから少し経ちます。あちら方面に走った時にはちょくちょく寄っていただけに残念です。串本に鰻・ひがし という、古座のお店の出店だかのれん分けだかのお店がある・・・とは少し前から聞いていました。串本のお店は以前にも探したことがあり(何回か行ったがのれんが降りていた)場所は知っていたのですが入ったのは初めてでした。
午後の1時半を少し回った頃合い。小さなお店でテーブルが4席ほどあるばかり。たった一つ空いていた入り口の席に3人で陣取り、特上2,200円也を頼みました。私たちが着席してほどなくお店の方がのれんを降ろしています。こんなに早く降ろすの・・・と聞くと、もう本日分の鰻が無くなったのだ・・・とか。明日も午前の分は少しあるが、午後の分は予約の弁当分だけでお店は開けない・・・とのこと、そりゃあなかなかにありつけないはずです。
古座のお店に似て、少し小ぶりの鰻を香ばしく焼き上げていてとっても美味しい。時節柄値段は少し高めでも納得するしかない。子どもたちには肝吸いが人気。やっとありつけた幻の(私にとっては)鰻屋の正体がやっと見られたようで満足しました。
和歌山の地魚・太陽波(SANBA・さんば)。
食べ物の話題

和歌山の地魚・太陽波(SANBA・さんば)。

自分が何を食べたいのか良く分からないときには、和歌山駅前のみその商店街に行きます。商店街としては随分とさみしくなってしまいましたが、いまだに多くの食べ物屋さんがあります。焼き鳥の五縁などもこの商店街です。
実はここに来るたびに気になっていた店があります。和歌山の地魚・・・などと書いている割には、目に付く看板は歯医者さんのもの。最近改装されて幾分飲食店が入っているのは分かるようになりましたが、それでも紛らわしいことに違いはありません。飲食店の名前は太陽波(SANBA)さんば・・・と読ませたいようです。思い切って入ってみました。
中の書き物をよくよく見てみると、どうやら駅東口の近くにあるお魚の店・美ハ波(みはなみ)の関係のお店のようです。ならば出てくるものは安心が出来ます・・・案の定、何を頼んでも美味しい。一番気に入ったのは鯛の兜(頭)の塩焼き、なんにしてもネタが新鮮だったのでしょう。香りも良く塩加減も上々です。
飛び込みの店探しも結構面白い・・・これからもちょくちょくやってみましょう。
井出商店。
食べ物の話題

井出商店。

和歌山にもたくさんのラーメン屋はあります。やはり豚骨醤油の、所謂和歌山ラーメン・・・と言われるものが主ですが、豚骨醤油の和歌山ラーメンといえば和歌山駅近くの井出商店が私はオススメです。そもそも、10年以上も前のテレビ番組でラーメンの全国大会が開かれて、それに井出商店が2連勝かなんかしたのが和歌山ラーメンの始まりです。それ以後、雨後の竹の子のように弟子だ暖簾分けだ(嘘か本当かしりませんが)・・・と瞬く間に増えていきました。今は一体何軒残っているのでしょう。
そんなラーメン屋をいくつも尋ねましたが、いずれも帯に短したすきに長しの感覚で・・・結局は和歌山ラーメンなら井出商店が安定していて良いんじゃないの・・・というのが私の結論です。ただし、今日食べてみた感想では・・・スープは良いにしても、麺に工夫がなさ過ぎる・・・と言うのが本当のところ。これならまだまだ伸びしろはあるでしょう。安穏としていたらそれこそ弟子やら何やらにその座を奪われますよ。
井出商店が好きなのには古びたたたずまいが気に入っていることもあります。お店はとにかく古くて、衛生面からもなんとかして欲しいところ・・・ところが、この写真では分かりませんが大きな交差点の角地に立つ、ちょうど良い軒の高さで日本瓦葺きのその出で立ちが良いのです。ここは簡単に変えてしまわないで残して置いて欲しいところだなあ。
大量の生姜・・・何するの?
食べ物の話題

大量の生姜・・・何するの?

ある日、家内が大量の生姜を買い込みました。テレビで見たのか、なんかの本を読んだのか・・・生姜ジュースを作るのだとのこと。なぜ途端の生姜ジュースなのか・・・は判然としませんが、とにかく第1作はほどなく出来上がりました。試しに・・・とコップに半分ほどのジョースをもらって試飲・・・これがひどかった。喉の奥まで焼き尽くすような辛みと苦み。原液ではないのか?と疑いたくなるほどの激痛に閉口し、思わず劇薬指定。反応をそばで見ていた彼女も、さすがにこれはまずいと思ったのか、早速に改良に取りかかったようでした。
2作目からは炭酸水で割ってレモンを入れて・・・ジンジャーエールに仕立てたものをいただきました。これも最初の試飲は私です・・・少し刺激は強めですが、これはいけそうです。以来何回かの手を加えながら、最近は安定感も出て、出かける時にはボトルで持ち歩くに至っています。
買い物に付き合うたびに大量の生姜を購入・・・これで一体何するの?業者の人?見ている人は色々に思っているだろうなあ~。気に入った時には徹底的・・・今日も大量の生姜の山。それでもなんとかものにしてしまったようで・・・すっかり家内のジンジャーエールに家族も馴染んだようす。生姜ジュースないの・・・最近では自分からリクエストをしたりもしています。
CHINA KITCHEN Kawabe(チャイナキッチン かわべ)。
食べ物の話題

CHINA KITCHEN Kawabe(チャイナキッチン かわべ)。

岩出のCHINA KITCHEN Kawabe(チャイナキッチン かわべ)に行ってきました。例によって娘が探してくれたお店です。岩出の紀泉台の入り口、ファミリーマートの向かいに最近出来たお店のようです。建物はあまり目立ちません・・・見逃す方がいるかも。何でも有名ホテルのシェフをしていた方が開いたお店だとかで、日によっては予約も一杯で席を取るのも難しいのだそうです。私たちが伺ったランチも、予約多数につき入れ替わり制・・・の看板が出ていました。
メニューはコース制。単品のオーダーは受けていないようです。お店オススメの飲茶ランチ(2,000円)と1,500円のコースと4,000円のコースがあるようです。中身を比べると・・・飲茶ランチがお得かなあ~・・・という訳で、オーダーは飲茶ランチ。
前菜とスープ、点心一皿と飲茶の三種盛り、本日の飲茶と野菜の蒸し物、本日のご飯とデザートでコース一式。たくさんの量がありそうですが、どれも食べ頃の少量ずつなので困ることはありません。むしろ、これもっと食べたい~・・・と思うような品物と量ばかり。その辺が絶妙にお上手なのでしょう。お上品な味付けで、所謂街中の中華とは少し違います。八角風味も控えめで、その分中華らしくない・・・と言えばそうかもしれません。私が特に気に入ったのは前菜とデザート・・・誤解無きように、どれもとっても美味しかったのですが、自分の中の中華のイメージに近く特に気に入ったのは・・・と言う意味です。
これなら毎日でも(お値段を除いては)・・・と思えるほど美味しくいただいて帰りました・・・また行きたいなあ~。
モモの季節が始まった!
食べ物の話題

モモの季節が始まった!

先日竣工したお住まいが海南市の内陸部の孟子というところにありました。田辺からだと、海南インターで降りて紀美野町方向へ、この橋を渡ると紀美野町・・・というところを左に折れて貴志川方向に向かいます。貴志川と紀美野町の真ん中ぐらいの所です。和歌山市に向かうには、貴志川を抜けて岩出から入るのが一番近い。少し足を伸ばして紀の川市のめっけもん(JA産直市場)にでも寄ろうと思ったら桃山を通るルートです。桃山にはあちこちに農場直営のモモ売り場があって、選り取り見取りの状況です・・・私たちのお気に入りは八旗農園。
そろそろかなあ~・・・なんて言いながら走っていると賑やかなノボリが見えて来ました・・・オープンしているようです。寄ってみると、田舎の(失礼!)道すがらにしては結構な人だかり。みんな一心不乱にモモを選んでいます。集団に加わってモモ選び。エライもので人の数が増えるとテンションも知らずに上がり気味です。これがバーゲン効果・・・と言うやつでしょうか?
まだ出始めの今頃は日川白鳳から・・・この後に八幡白鳳・白鳳・清水白鳳と続き、だいたい8月いっぱいぐらいまでは何かと賑わいそうです。Mo-kuに付いてから早速の味見・・・フムフム・・・個体差が大きい・・・出始めの今時分はまだ味が安定していないようです。試しに・・・と、めっけもんでも買ってきたのですが、やはりこっちは少し味が落ちます。すぐ近くでも農園によって大きく味が違うのはみかんも柿もモモも一緒。みなさんもお気に入りの味を探してみてください。
 
桜珈琲 和歌山国体道路店。
食べ物の話題

桜珈琲 和歌山国体道路店。

一昔前には、少し走れば喫茶店なんてどこにでもあったのに、このところとんと見かけません。代わりに見かけるようになったのがコメダ珈琲や星乃珈琲などのチェーン店展開をしているお店です。建物は大きく、昔ながらの喫茶店などと比べると遙かに大規模なこしらえです。どこも独自の味付けでそれなりに個性的です。
今回お邪魔したのは桜珈琲 和歌山国体道路店。寄棟の平屋建て、ガラス面積が大きくなかなかにオシャレなお店です。珈琲と共にケーキが売りらしく、入ってまもなくの所に大きなショーケース。甘いものは嫌いでは無いのでケーキセットをオーダーしました。
中庭には屋根付きの大きなテラス席(屋外席)・・・こんなのも良いな・・・と思っていたところ、そこに座っている方々には特徴が・・・そう、皆さん煙草を嗜んでいらっしゃる。最近の喫煙者はますます肩身が狭くなるばかりですが、何も外に放り出さなくとも・・・日本は何ごとに付け極端です・・・ああ、そうそう・・・肝心の珈琲とケーキは大変に美味しくいただきました。
がんこ 和歌山 六三園。
食べ物の話題

がんこ 和歌山 六三園。

ご飯を食べるところはもちろん味優先ですが、時には他のことが優先されることもあります。がんこ和歌山六三園の場合には立派な庭と建物が気になっていて、いつかは行ってみたい・・・と思っていたお店です。
家内と娘は一足お先に伺ったようです。待ち時間の間にお庭の散策・・・これが良かったらしく、いつか私(伸吾)も連れてあげたい・・・と思っていてくれたのだとか。念願叶って先日伺いました。
和歌山市内、42号線の大通り堀止の交差点をお城に向かって左に曲がると程なく見えてきます。大きな敷地で建物はなかなか見えてきません。駐車場もいくつかあって、どこに停めて良いのか分からないほど。アプローチを歩いて行くと、錦鯉の泳ぐ泉水の向こうに玄関が・・・途中左手にあるのは桧皮葺きの・・・あずま屋でしょうか?茶室でしょうか?。とにかく、玄関先からして写真のような構えですから、建物内は言わずもがなの立派さ。
通していただいたのは一番庭が楽しめる母屋の東南の角の席。見渡す限りに良く造り込まれたお庭が一望出来る席、こんなところでお食事なんていただいて本当に良いんでしょうか?・・・と心配になるほど立派な席。握りの定食を美味しくいただいて・・・おかげさまで、お値段はお庭ほど立派ではなかったので助かりました。こんな所ならまた来たいなあ~・・・慌ただしく動き回る私などとは、時間の流れが違うがごときの素晴らしいお店でした。
芳文。
食べ物の話題

芳文。

和歌山市で過ごす日が多くなるとどうしても外食が増えます。いつも食事はとても楽しみですから、それなりにリサーチします。今回伺ったのは和歌山駅の東口近くの芳文さん。駅前大通りのひろとしさんとは姉妹店になるようです。
魚中心のお店かと思いきや、メニューには中華から洋食まで・・・とっても幅広いレパートリー。別に、特にジャンルを区切りたいわけでは無いので、どんなお料理でも美味しければOKです。
エ~と・・・タコブツとカマの塩焼きとすじの土手焼きとイカの天ぷらと・・・それにご飯・・・他に2.3品頼んだでしょうか(3人分ですから少し多めです)。程なく出て来たお料理はどれも新鮮で美味しい。店内には地元の新鮮な魚を・・・とうたっていましたが、その通りの美味しいお料理でした。私が少し残念に思ったのはご飯・・・お酒を飲まない私たちにはご飯の比重はとても大きい。こいつはひろとしの方が美味かったかなあ~。
 
ラーメン・MARUHANA(まるはな)。
食べ物の話題

ラーメン・MARUHANA(まるはな)。

久し振りにラーメンを食べに行ってきました。和歌山市のラーメン・MARUHANA(まるはな)。
高速道路を降りると和歌山市方面へ、最初の信号を右に折れると高架下をくぐって右側にあります。飲食店の集合建物の中に有り写真のような目立たない外観ですから見逃す方が多いかも・・・でも、多くの場合は、こんな所に何だろう・・・と思う行列が出来ていますからその行列が目当てです。以前は昼間の営業だけ、麺が無くなったところで閉店・・・と、欲の無いお店でしたがこの所は夜間の営業もしているようです。
スープは豚骨の醤油と塩のみ、それに太麺・細麺や硬め・柔らかめ、トッピングなどの好みを細かに聞いてくれます。私は醤油味の細麺で柔らかめ、それにモヤキャベ(もやしとキャベツのトッピング)入り。並んでいるときにオーダーを聞いてくれるので待ち時間は少なめでラーメンが出て来ます。
所謂豚骨醤油の和歌山ラーメンとは少し違ったコクのあるスープ、深みもまろやかさも申し分なし。麺にも工夫があるようでスープだけに頼った味にはしていません。トッピングと麺を次々にかき込んでもなかなかに減らない。くじけそうになる頃にやっと少しずつ先が見えてきます。ボリュームもしっかりあって750円ほど・・・これは人気が出るはずです。