ブログblog

暖房の話・・・そのⅡ。
建築の話題

暖房の話・・・そのⅡ。

私の経験では、使っていて満足度の高い暖房器具が三つあります。一つは薪ストーブ。圧倒的な火力で家全体を暖めます。薪を集める労力とか、火の管理の手間を惜しまない方であればオススメです。二つ目は蓄熱暖房機。深夜電力でレンガを暖め、日中はレンガからの輻射熱とファンから噴き出す暖気で部屋を暖めます。一日(夜も含めて)を通して暖かい室内を造るのに適しています。簡単な設定で、後は操作フリーの暖かい冬を過ごせるのが良いところです。三つ目は床暖房。足下が少し暖かければ部屋の温度をそんなに上げなくとも快適な生活が可能です。床暖房だけでは熱量が不足することも多いので、エアコンを弱くかけて併用することをお勧めします。
いずれにしても、家全体を暖めてしまうのが快適に過ごすコツです。必要な時だけ、その箇所だけ・・・という考え方では、光熱費がかえって割高になったり、住まいの快適性を損なったりすることがあるのを知っておきましょう。
注意していただきたいのは、どんなにしっかりと断熱した住まいでも、熱源がなくては暖かくはならないことです。断熱は熱を逃がしにくくするためのもので、それ自体では熱を生み出しません。少し贅沢に感じても、せっかく大枚をはたいて据え付けた暖房設備にスイッチを入れましょう。寒い、寒い・・・とおっしゃっている方の多くに、もったいないので暖房器具は動かしていない・・・と言われる方がかなりの確率でおられるのは残念なこと。それこそ、宝の持ち腐れです
暖房の話・・・そのⅠ。
建築の話題

暖房の話・・・そのⅠ。

最近めっきり寒くなりました。秋が少なく、急に冬が来た感じです。こうなってくると、何かと話題になるのが暖房の話。特に、新しい住まいに引っ越されて初めての冬を迎える方にとっては大事な話。
長年住まいなれた家には何かと工夫や慣れがあります。この方角の風が冷たいので、冬場はこっちの面の風対策を万全に・・・とか、ここを塞げば暖房効率が良い・・・とか、随所に生活の知恵が生きている訳です。しかし、新しい住まいにはまだ工夫が施されていない上に、小さく区切られていた旧来の間仕切り習慣とは違い、居間などに大空間を造ることが多くなってきたので、ことさらに寒く感じることがあるかもしれません。ですが、断熱は新旧の建物で段違いの性能を持っていることが普通です。つまり、室内にしっかりとした熱源(暖房器具)さえあれば、新しい家は快適な環境を造りやすいのです。
それではどんな暖房方法が良いのでしょう・・・明日はその話をしましょう。
杉わっぱ。
食べ物の話題

杉わっぱ。

本日のお昼は弁当でした。田辺を離れると食事は基本的に外食になります。木の家工房Mo-kuなどで事務作業をしている時は、何か作ろうか・・・ということもありますが、食べに出かけることが圧倒的に多くなります。手軽で良いのですが、外に出ると時間もかかりますし、カロリーが高く偏りがちです。そこで、少しゆっくりとしたい時などはお弁当をリクエストします。そんな訳で、本日はお弁当だったのです。
ところで、この弁当箱変わってるでしょう。昔懐かしい杉のわっぱです。娘が九州に旅行した折に、お土産に・・・と買ってきてくれました。最近の弁当箱はプラスチックだったりビニールだったりしますが、開けた時にご飯が水分でびちゃびちゃで閉口した・・・なんてことありませんか?このわっぱにはそれがないのです。木は良く水分(湿気)を通しますから、いつ開けてもからっとしていて食べ頃です。朝の忙しい時に・・・と抵抗する家内に、無理を言った甲斐があるというものです。
本日も大変おいしくいただきました・・・ありがとうございます。
ふるさと納税。
その他の話題

ふるさと納税。

ふるさと納税が我が家のチョッとした流行で・・・そのおかげで、ここ2年ほど各地の美味しい名物をいただいています。
納税経験のある自治体からは時折案内や小物が届きます。写真は西伊豆町から送られてきたカレンダー。子ども達が、腹を開かれて干されているカツオの前で、そのまねをしています。中々にインパクトのある写真で、子ども達の表情も撮した方の着想も面白い。良いものをいただきました。そう言えばこの街から届いた干物・・・美味かったなあ。
ところで、このチョッとした気づかいが大事だなあ~・・・とつくづく思うのです。
行政と言えば、成果が直接待遇に結びつく民間とは違って、なんとなくホワーンとしたところがあるところ。そう思っていたのに、こんなに一生懸命に街のPRをしている所もあるのですね。同じようにふるさと納税したところでも、以後に何も音沙汰がないところもあれば振り込みの通知だけが届くところもあります。これだけふるさと納税が一般化してブームになってくれば、金額も地域によっては馬鹿に出来ないこともあるでしょう。、担当者の裁量や方針がその成果を大きく左右することになるのは間違いありません。西伊豆町立派・・・さて我が田辺市はどんな対応なのでしょう。
スイフト・スポーツ。
クルマの話題

スイフト・スポーツ。

我が家には今3台のクルマがあります。新しい順に、デミオ、320i・・・そしてスイフト・スポーツです。もちろん3台とも仕事に使うので結構走行距離は伸びます。デミオ、320iはまだ1回目の車検前ですから(あちこちにすり傷などがある以外は)これといった不具合はありません。しかし、スイフト・スポーツは2回の車検を終えて6年目に入っています、そろそろ不具合が出ても仕方のない頃合いになってきました・・・などと思っていたら、案の定・・・窓ガラスの開け閉めが出来なくなりました。
見てもらったところ、幸いにも簡単な接触不良・・・という事で、チョッと配線を触ってもらうぐらいできれいに直りました。しかし、安心は出来ません。私の経験では2回目の車検を終えた頃から、なんだかんだと不具合は出てくるものです・・・まるで時限装置でも入っていたかのように。クルマ自体は大変気に入っています。このクラスでこんなに気持ち良く走るクルマは他には中々ありません。少なくとも次の車検まではこのまま気持ち良く乗っていたいものです。
この件でディーラーに寄せてもらうと、発表になったばかりの新型スイフト・スポーツの試乗車を置いていました。セールス氏の、乗ってみますか・・・の一言。このささやきに応えてしまうと我慢が出来なくなる・・・人には見えない戦いに見事に打ち勝って、今度にします・・・の返答。いやあ~・・・私、随分と大人になったものです。
ちなみに、今度の新型も結構な人気で、今すぐ注文しても半年先の納車なのだそうです。それに、マニュアルミッションが9割方だとか・・・ご同輩、その気持ち分かります。
愛読書
本・テレビ・映画の話題

愛読書

秋の夜長は、これといったすることもなく・・・テレビを観ます。良い番組がない時にはDVDで映画を観ます。丁度良いのが来ている時には映画館にも出かけます。そんなのがない時には本を読みます。漫画でも小説でも何でも読みます。それもなくなってきた時に読むのがこの本です。
モーターマガジン。高校生の、まだバイクに乗っていた頃に憧れて読み始めて以来・・・もう40年を超えるでしょうか。ズッ~と読んでいます。だから編集者の癖も、編集の方向性も、レポーター諸氏のクルマに対する気持ちや考えもだいたい分かります。
分かりすぎてくると面白くなくなるでしょう・・・そう感じる方もいるかもしれません・・・ところが、不思議と深く分かれば分かるほど面白くなるのです。
最近のクルマで興味があるのは・・・スズキのスイフトスポーツ、代を重ねるごとに走りの質感が磨かれてきているようで、今回のはいよいよエンジンがターボ付にCVTが6速ATになりました。ルノーのメガーヌ、一つ下のルーテシアの出来が良かったので期待できます。アルファのジュリア、久方のFR、渾身の出来だという噂です。ボルボのXC60,端正な形をしています。
習慣になっているこの本のおかげで(せいで)クルマにはとっても詳しいです。友達連中は買い換えの時期に相談に来ます。お役に立てて何よりです。自分ではそう頻繁に車を替えるわけにもいきませんので、相談に乗る事で疑似体験が出来て嬉しく思っています。どなたかクルマ選びに困っている折にはお声掛け下さい。
久し振りの施家菜(シーカサイ)。
食べ物の話題

久し振りの施家菜(シーカサイ)。

施家菜(シーカサイ)は神戸の中華料理屋さんです。
昨年、高砂の現場に通っていた時に何回か寄せていただきました。娘が探してきたお店で、とっても美味しい。
神戸大韓民国総領事館を少し過ぎたあたりにあります。あります・・・と一口に言いましたが、場所がとっても見つけにくい。大通りから左に50メートルほど路地を入ったビルの小さな入り口に貼ってある写真の看板が目印。狭いローカを奥に突き当たるとエレベーター・・・これで4階に上がるとやっとお店です。
お味は・・・相変わらず美味しい。いつもお昼に伺うので、頼むのはランチのコース。桑田佳祐が何を歌っても桑田佳祐であるように、このお店では何を食べても施家菜(シーカサイ)風。全体を通して風味ゆたかに拡がるXO醤と八角の香り・・・たぶん。同じ神戸でも、以前に南京町の真ん中で(たまたま)飛び込んだ中華のお店とは雲泥の差があります。胸を張ってどなたにもオススメできます。一度尋ねてみて下さい。
 
下町ロケット。
本・テレビ・映画の話題

下町ロケット。

ご存じ池井戸潤の大ヒット小説。今はテレビで陸王をやっています・・・これも見てます。毎週日曜日を待ちかねてチャンネルを回しています。こんなに楽しみに見るのは、元はといえば阿部寛の下町ロケットを見たからです。
下町ロケットの第1回放送があった途端長男が、原作読んでからの方が面白いで・・・と言って渡してくれたのがこの本です。その時にはドラマにはまった後だったので、原作本は読まずに置いていました。今回陸王が始まって、そう言えばあったなあ~・・・と引っ張り出してきたのです。
いやあ~原作もやはり面白い。まるでジェットコースターのようにあっちに揺すられこっちに引っ張られ。人間万事塞翁が馬・・・誰の人生も波乱に満ちているのでしょうが、佃製作所の皆さんのそれは特に起伏が大きいようです。
いやあ~この小説、万城目学の鴨川ホルモー以来の楽しさです。
しかし困ったことが一つ。どんなに自分のイメージで読もうと思っても、ドラマの出演者の顔が浮かんできてしまうのです。佃社長は阿部寛、別れた嫁さんは真矢ミキ、財前部長は吉川晃司、神谷弁護士は恵俊彰・・・彼も彼女もみんな役者の顔が浮かんできます。こんな経験は初めて・・・この現象は・・・よっぽどドラマを一生懸命に見ていた証しなのでしょう。
山がきれい。
その他の話題

山がきれい。

全国的にはとっくに秋を迎えていて、東北や北海道ではえらい勢いで雪が降っているところもあるらしく・・・そんな報道に接すると。和歌山は暖かいなあ~・・・つくづくそう思う次第です。
そんな和歌山でもやっと山々が本格的に色付きはじめました。
写真は大阪と和歌山の県境の山々。高速を大阪方向に走ると和歌山SAを少し過ぎたあたりのところ。この地域は不思議なところで、大阪でもなく和歌山でもなく・・・どこか遠い寒い山の中のよう。
昨日などは大阪で12度近くの気温、田辺は14度ほどなのに、晴天の日中でも4.5度!さらには人工林が少なく、見渡す限りの落葉樹の山なものでごらんのような見事な紅葉。いやあ~結構な目の保養です。そうそう、春になると見渡す限りの桜が咲き誇るのもここです。
しかしこの地域。もう少し寒くなると、大阪や和歌山は大丈夫でも、ここだけ凍結・・・などということもあるので注意してください。
傷が、傷が !
クルマの話題

傷が、傷が !

このクルマは去年の年末に納車になりましたから、走り始めてまだ1年も経っていません。力はあまりありませんが走行感が気持ち良く、内装の出来も良いので家内を中心にみんな喜んで乗っています。ところが、写真では分からない傷がすでにあちこちに。
一番大きいのは(大きいと言ってもしれているのですが)最近になって長男が付けてしまったもの。やってしまった・・・と神妙な彼の顔を見て、事故だ・・・と直感した私たちは、せめて相手のない事故であってくれ・・・と祈る思いでした。相手は・・・と聞くと、走り去ったとのこと。走り去った・・・まあ倒れ込んだよりは良かったか・・・連絡先は・・・分からない・・・それは困ったことになったな。どうしようか・・・と話していたところ本人から、心配ない相手は鹿だから・・・と一言。鹿、鹿ってあの鹿。そうあの鹿。国道を走っていたところ、突然飛び出してきてボンネットに当たったのだとのこと。まあお互い大層なことがなくて良かったと言うべきか。
実はショックだったのは長男よりも家内です。新しく買ってもらって楽しみに乗っていたのに、1年も経たないうちにあっちでコツンこっちでコツン・・・せめて年末までに諸々の傷の手当てをしてあげたいと思っています。