ブログblog

ひと踏ん張りのいるところ。
建築の話題

ひと踏ん張りのいるところ。

ちゃんとした木の家を造っていくには設計以外にも大事なことがあります。それは、仲間づくりです。
現在の木材流通から天然乾燥材を用意することは難しくなりました。在庫を持たないことが経済的に有利であるのは自明の理・・・場所を用意して、時間を掛けて天然乾燥材を供給する製材所がいなくなったのです。土塗り壁を施工する職人も、竹や土を在庫する業者も絶滅危惧種です。無垢の木で木製建具を製作出来る建具屋が減り、木使いに精通した大工も、湿式の壁を見事に仕上げる左官も、あらわし構法の家の設備を的確に施工する技術者も少なくなりました。街中や雑誌でお気に入りの木の家を見つけても、いざ建とうと思うと簡単には実現出来ないのが現実です。
つまり、木の家づくりにはしっかりとした技術を受け継いだ、お互いの意思疎通が出来る業者仲間や職人仲間のグループ(木の家づくりのためのシステム)が必要だということです。
いずれの職能も材料も、今となっては時代に取り残された感がある分野ですが、例えそうでもここはひと踏ん張りして体制(仲間)づくり・・・この踏ん張りがちゃんとした木の家を提供するための必要条件です。
変えるところと、変えないところ。
建築の話題

変えるところと、変えないところ。

本日は朝から雑誌取材を受けました。火災に対する法規の厳しい街中でどうして木の家が出来るのですか?・・・と言うご質問。肝になるのは土塗り壁と厚板です。
土を壁の中に塗り込んでおくと火に強い家が出来ます。軒なども厚板を使って造ると防火上有効です。昔ながらの民家型工法で太い木材を使い、竹小舞の土塗り壁構法を採用すると、街中でも木の家は出来るのです。同時に、たくさんの木や土塗り壁を採用すると現代住宅で忘れ去られた蓄熱・調湿の性能にも大きな効果があるので、暑さ寒さや湿気に負けない清々しい空間が造れます・・・これらは変えなくて良いところ。
ところが、断熱・気密の性能などは昔ながらの木の家では圧倒的に不足します。ですから、しっかりとした断熱工事や湿気が部屋内に滞らない工夫を凝らした気密工事を施すことや、現代の生活ニーズに応じた間取りや内外観の意匠などは変えたいところ。
変えるところと変えないところをちゃんと認識した設計が住まい心地の良い家を造るためには必要です。
ワンダーウーマン
本・テレビ・映画の話題

ワンダーウーマン

最近は映画興行が終わってから作品がBR(ブルーレイ)などで発売されるまでの期限がどんどんと短くなっています。ワンダーウーマンも早くも並んでいました。見て楽しい・・・よりも、女優さんが好み(夫婦共に)・・・なので興味はあります。それに、発売早々50%オフ・・・この驚異の値引きにまんまと釣り上げられて買ってしまいました。
何度観てもガル・ガドットは美しい。見た目が良いだけでなく凜としたたたずまいが良い。
はじめて見たときには初めての感動や感想があるように、何度か観ていると、それ相応の理解が進み、思わぬ発見や何度か観たからこそ分かる事柄がある・・・だから、例え映画で観た作品でも、家での2度観・3度観はやめられない。
BMW X3 xDrive20d。
クルマの話題

BMW X3 xDrive20d。

先日直してもらった320iの雨漏れ跡からギュ・ギュと何やら異音がするのでディーラーに行きました。原因の特定も割と簡単にできて、直すのに40~50分お待ちください・・・とのこと。何もしないでただ待っているのも何なので、Xモデルで乗せていただけるクルマは無いですか・・・と聞いてみたところ、X1とX3の試乗車があります・・・というお返事。それじゃあ・・・とX3に乗せていただく事になりました。グレードはxDrive20d・・・そう、最新のディーゼルのクルマです。
体格は堂々としていて5人乗りでなんの問題もなさそうです。内装やダッシュボード廻りは見慣れたBMWのもの。どれに乗ってもあまり変わらない・・・というのは面白味がないようにも感じますが、一方で乗り継いでいる方には安心感があって良い・・・とも言えるでしょう。
エンジンは2L・4気筒の最新のディーゼル、仕上がりが良く音も振動もほとんど気になりません・・・などと表現するより、低回転で淡々と走る・・・や、低速トルクが強力・・・などの美点にガソリンとの違いを感じるのみで、今やネガはほとんど指摘しようがありません。(高価格であるという以外)Mスポーツグレードだったので標準よりしっかりめのサス・・・しかし、充分な快適性能。試乗車はさらにインチアップしていましたから、それがなければ少し多めに感じたゴツゴツ感は少なくなるでしょう。
軽いめのハンドルで操作した通りにクルマが動き、クルマとの一体感が高いので、大きいクルマに特有の、乗せられている感はありません。ですから、結構な大きさのクルマにもかかわらず、大きさを感じません。最近のディーゼルの良さが堪能できた試乗でした。
殿、利息でござる!
本・テレビ・映画の話題

殿、利息でござる!

久し振りの邦画です。邦画は嫌いなわけではなくて、DVD(BR)での売り出しが高いので手が出ないのです。先日のグレイテストショーマンの¥4,000ほどの出費でも随分と悩みながらだったのに、邦画はほぼ全て割引きなしの定価販売・・・よく買っているDVDは3本¥3,000、BRは2本¥3,000がほとんどなのに。
殿、利息でござる!は娘のオススメの作品。彼女もよく映画を観るようで、良いものがあれば紹介してくれます。阿部サダヲの作品はどれも面白いので期待が持てます。
これも良かった!誰も彼もが一生懸命・・・コミカル仕立ての一生懸命が実に良く描かれていて、とても好感が持てます。こけの一念岩をも通す・・・とは良く言ったもので、皆で信じてやり通せばいつか実現する・・・とても勇気をいただける映画です。しかも、これが実話に元ずく物語であるというのは感動ものです・・・日本人もまだまだ捨てたものではない・・・そう思わせてくれる映画です。
最近ではとんと聞かなくなった公の心・・・公私の公。個人の権利ばかりを主張してないで、たまには大声で公の心を語り合ってみたい・・・そんな欲求不満気味の方には特にオススメです。

 
LED電球。
その他の話題

LED電球。

自宅は建って20年ほどを迎えますから、そろそろあちこちが痛んできてもおかしくない頃です。各部のコーキングなどはすでに劣化が目立ち、近いうちに踏ん切りを付けて全面手直しの必要があります。そんな大きな更新でなくても、身近で頻繁に起こるのが電球切れ。新築当初は電球から蛍光灯への切り替えが始まったくらいの時期で、我が家でも蛍光灯を採用しています。蛍光灯の寿命は4~5年ぐらいですから、器具によっては交換も何回目かになるわけです。
最近は蛍光灯に変わってLEDが全盛です。2~3年前に国内の主要なメーカーではほぼ一斉に製造の切り替えが行われました。さりとて、電球が切れる度に器具もろともLEDに替えていくのは経済的にも大変なので、球のみ入れ替えています。口金(差し込みの口径)さえ合えば、ほとんどの器具は変更が可能です。
LEDの照明は寿命が20年(すごい!)とも言われています。(ただし、大量に出だしてからまだ10年も経っていませんから、正確な検証は出来ていないのでしょうけれど)つまり、蛍光灯の4~5倍の耐久性はあるわけです。だったら、4~5倍の購入価格でもトントン。しかも使用中の電気代が半額以下となればお得感は大きいでしょう。しかし、そもそも器具が蛍光灯用である(しかも20年使用済み)・・・ということを考えれば、器具自体にそろそろ寿命が・・・器具の不良がLEDに影響を与えて本来の寿命をまっとうできないのでは・・・だったらこの際器具から・・・そうしてしまうと高額だし・・・ああ、考えていても仕方がないので、この際は最初の計画通りに蛍光灯器具に取り替え用のLED球という組み合わせ・・・とりあえず本式に器具が壊れるまではこれで行くことにします。
本末転倒。
その他の話題

本末転倒。

木の家工房Mo-kuからは、山々の様子や畑の様子などたくさんの緑が見えます。のどかな風景は私のとっても気に入っているところなのですが、少し前から南方向の山肌が削られはじめました。またゴルフ場でも出来てしまうのか・・・と残念に思っていたところ、最近になって太陽光発電のパネルが並びはじめました。きれいな緑の山肌は見る影もなく削られて、発電所に変身です。
そもそも、CO2の削減に始まって、大きな意味で地球環境を守ろう・・・という目的で進められてきた自然由来エネルギーの導入です。建物の屋根の上や休耕地を利用するのは良いとしても、立派に自生している緑をなぎ払って作ってしまったのでは本来の趣旨に反してはいないでしょうか。目先の儲け最優先で考える風潮には飽き飽きしていたところに、こんな現実を見てしまっては気持ちも萎えるというものです。
あの山を切り開いて太陽光発電設備を作った人に支払われるお金は、一般家庭の人たちも負担しているのです。つまり、あんな設備は自然破壊だ・・・と日々心を痛めている方々も知らぬ間に徴収されているわけです。自然由来エネルギーも結構ですが、もう少し方法とバランスと規制を考えていかないと、私たちのエネルギー政策は早晩の行き詰まりを見そうな気がします。
グレイテストショーマン。
本・テレビ・映画の話題

グレイテストショーマン。

早くも、グレイテスト・ショーマンがブルーレイで売り出されました。映画館に3度も行って、その後もクルマの中でず~とサントラを聴いていることを知っている長男が、今なら20%オフで予約できる・・・と教えてくれました。新しいものを予約してまで・・・と思っていたのですが、予約特典の20%オフというのがいたく心に響き、とうとう買ってしまいました。
本編は2回ほど観て、その後は特典映像のメイキングばかり見ています。ブルーレイディスクというのは恐ろしいほどの情報量で、本編以外のオマケの特典映像だけでも数時間は入っているでしょうか・・・そいつをくまなく。
ミュージカル映画ですから、やはり圧巻なのは音楽。ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビはとんでもない天才で、どの曲も場面構成にバッチリとマッチしたなくてはならない曲。驚くのは、最初から彼らに依頼したわけではなく、どの曲も複数のアーティストが競い合うコンペ形式で決まっていたのだということ。全ての曲を彼らが書いたのはその結果なのだそうです。彼らの才能を導き出した監督のマイケル・グレイシーもまた天才。出演者はどなたも個性的で、さらにその個性が際立つ演技と演出・・・どなたも天才で・・・天才が大変な努力と段取りをして偉大な物を生み出した・・・メイキングを観れば観るほど本編が引き立ってきます。
衣替え・・・手間は掛かっても。
その他の話題

衣替え・・・手間は掛かっても。

花は植えればそれで良いものではありません。陽に当てて水をやって、時には植え替えて・・・先日、花苗を買いに出かけていた家内がプランターの整理をしていました。まだまだきれいに咲いているのに・・・と思っていたところ、実はハダニにやられて結構痛んでいたのだとか。いやあ~見る人が見れば分かるものなんですね。私などはいよいよダメにならないと、とんと気付きません。まずは痛んでいるものを始末して、土造りから・・・そのまま植え込んで終わりじゃないの?・・・さにあらず、園芸の道は奥が深いのだそうな。なるほど、好きこそ物の上手なれ・・・とはよく言ったものです。
花を扱っても魚を飼っても、とかくに生き物と付き合うのは大変です。ペットの室内犬などを飼っているお宅ではいったいどうしているのだろう・・・人ごとながら心配になります。しかし、花や土を触っているときの彼女のご機嫌を見ると、掛ける手間以上の喜びがきっとあるのでしょう。私にとっては彼女のご機嫌が何よりです。
緑の季節。
その他の話題

緑の季節。

肌寒かったり暑かったりを繰り返しながら、季節は着実に夏に向かっています。
地中海性気候中心のヨーロッパなどとは違って、日本は植物が芽を吹いて急成長をするちょうど今時分に、たくさんの雨と適度な気温に恵まれます。どこの緑も生き生きとするこの季節、木の家工房Mo-kuでも木々が勢いづいています。中心になっているのはヤマボウシの木。今年は例年になく白い花がきれいだ・・・と話していると、肥料のタイミングが良かったのかな・・・と長女。私の適切な水やりが良かったのよ・・・と家内。そうそう、そんな事やこんな事がみんな上手いこと運んだのでしょう。なにはともあれ、Mo-kuの緑達は元気です。
筑波大学の先生によりますと、紀伊半島は植物の育成に特に適した気候になっており、地方によっては回復に300年ほど掛かると思われる緑の被害も、ここでは70年ほどで回復するのだとか・・・そう言えば、私が高校時代に(45年ほど昔)山火事で焼けてしまった椿の山も、今ではどこが焼けたのか判然としないほどに回復しています。森林伐採で当座の回復が見込めない東南アジアあたりの森林とは随分と状況が違うようです。私たちは良いところに住んでいますね。