ブログblog

6年乗ったスイフト・スポーツ総括。
クルマの話題

6年乗ったスイフト・スポーツ総括。

オーダーしていた新型のスイフト・スポーツが販売店に届き、ただいま納車準備中です。今乗っているクルマも下取りに備えます。まずは載せ替えていたレカロ・エルゴノミックシート(腰痛防止シート)を新車時に付いていた純正シートに載せ替えます。これで、我が家のスイフト・スポーツは納車後6年を経てはじめて純正シートに戻ったわけです。タイヤ以外は何もかも純正に戻ったところで、走行5万キロ超となった、もうすぐお嫁に行くこのクルマの総括をしてみたいと思います。
まずは初体験の純正シートから。着座位置は4センチ上がり随分と上から目線になりました。目線移動より、小さめでホールド感が弱いのが気になります。私のお尻形状には合っていないようで、体の動きが止まらず、1時間も走ると腰に疲れが溜まりそうです。
タイヤは取り替え時期に純正のポテンザからプレイズに変えています。地面を掴んでいる感は減りましたが、その分いくばく横着な運転が可能になり楽でもありました。プレイズでも充分な剛性感があり、しっかりと路面状況を伝えると共によく舵の利く、コーナーが楽しめる良い操舵系です。サスも良くショックを吸収してくれていました。今となっては段差を乗り越えた時の突き上げが少々気になりますが、総じて車格のわりには運動性能が高く、走り好きの私の好みに合った出来の良い足回りです。エンジンは自然吸気の1,600。アクセルの動きに伴って、がさつではありますが良く回ります。競技に出ない限り、これで充分・・・と言える力加減です。
改善を望みたいのは変速機(CVT)です。6年前の乗り始めには、他のクルマのCVTと比べても良く出来た方だと思っていましたが、高速に乗る機会が増えたことによるのか、追い越しなどでアクセルを踏み込んだ時の回転が速度とリンクせずに上がっていく様子はあまり気持ち良くはありません。
さて、新型はどのくらいの出来なのか楽しみです。もうすぐ届きます・・・少し走ってからレポートします。
モモの季節が始まった!
食べ物の話題

モモの季節が始まった!

先日竣工したお住まいが海南市の内陸部の孟子というところにありました。田辺からだと、海南インターで降りて紀美野町方向へ、この橋を渡ると紀美野町・・・というところを左に折れて貴志川方向に向かいます。貴志川と紀美野町の真ん中ぐらいの所です。和歌山市に向かうには、貴志川を抜けて岩出から入るのが一番近い。少し足を伸ばして紀の川市のめっけもん(JA産直市場)にでも寄ろうと思ったら桃山を通るルートです。桃山にはあちこちに農場直営のモモ売り場があって、選り取り見取りの状況です・・・私たちのお気に入りは八旗農園。
そろそろかなあ~・・・なんて言いながら走っていると賑やかなノボリが見えて来ました・・・オープンしているようです。寄ってみると、田舎の(失礼!)道すがらにしては結構な人だかり。みんな一心不乱にモモを選んでいます。集団に加わってモモ選び。エライもので人の数が増えるとテンションも知らずに上がり気味です。これがバーゲン効果・・・と言うやつでしょうか?
まだ出始めの今頃は日川白鳳から・・・この後に八幡白鳳・白鳳・清水白鳳と続き、だいたい8月いっぱいぐらいまでは何かと賑わいそうです。Mo-kuに付いてから早速の味見・・・フムフム・・・個体差が大きい・・・出始めの今時分はまだ味が安定していないようです。試しに・・・と、めっけもんでも買ってきたのですが、やはりこっちは少し味が落ちます。すぐ近くでも農園によって大きく味が違うのはみかんも柿もモモも一緒。みなさんもお気に入りの味を探してみてください。
 
桜珈琲 和歌山国体道路店。
食べ物の話題

桜珈琲 和歌山国体道路店。

一昔前には、少し走れば喫茶店なんてどこにでもあったのに、このところとんと見かけません。代わりに見かけるようになったのがコメダ珈琲や星乃珈琲などのチェーン店展開をしているお店です。建物は大きく、昔ながらの喫茶店などと比べると遙かに大規模なこしらえです。どこも独自の味付けでそれなりに個性的です。
今回お邪魔したのは桜珈琲 和歌山国体道路店。寄棟の平屋建て、ガラス面積が大きくなかなかにオシャレなお店です。珈琲と共にケーキが売りらしく、入ってまもなくの所に大きなショーケース。甘いものは嫌いでは無いのでケーキセットをオーダーしました。
中庭には屋根付きの大きなテラス席(屋外席)・・・こんなのも良いな・・・と思っていたところ、そこに座っている方々には特徴が・・・そう、皆さん煙草を嗜んでいらっしゃる。最近の喫煙者はますます肩身が狭くなるばかりですが、何も外に放り出さなくとも・・・日本は何ごとに付け極端です・・・ああ、そうそう・・・肝心の珈琲とケーキは大変に美味しくいただきました。
がんこ 和歌山 六三園。
食べ物の話題

がんこ 和歌山 六三園。

ご飯を食べるところはもちろん味優先ですが、時には他のことが優先されることもあります。がんこ和歌山六三園の場合には立派な庭と建物が気になっていて、いつかは行ってみたい・・・と思っていたお店です。
家内と娘は一足お先に伺ったようです。待ち時間の間にお庭の散策・・・これが良かったらしく、いつか私(伸吾)も連れてあげたい・・・と思っていてくれたのだとか。念願叶って先日伺いました。
和歌山市内、42号線の大通り堀止の交差点をお城に向かって左に曲がると程なく見えてきます。大きな敷地で建物はなかなか見えてきません。駐車場もいくつかあって、どこに停めて良いのか分からないほど。アプローチを歩いて行くと、錦鯉の泳ぐ泉水の向こうに玄関が・・・途中左手にあるのは桧皮葺きの・・・あずま屋でしょうか?茶室でしょうか?。とにかく、玄関先からして写真のような構えですから、建物内は言わずもがなの立派さ。
通していただいたのは一番庭が楽しめる母屋の東南の角の席。見渡す限りに良く造り込まれたお庭が一望出来る席、こんなところでお食事なんていただいて本当に良いんでしょうか?・・・と心配になるほど立派な席。握りの定食を美味しくいただいて・・・おかげさまで、お値段はお庭ほど立派ではなかったので助かりました。こんな所ならまた来たいなあ~・・・慌ただしく動き回る私などとは、時間の流れが違うがごときの素晴らしいお店でした。
CX-5。
クルマの話題

CX-5。

デミオの定期点検にマツダディーラーを訪れたのを機に、マイナーしたばかりのCX-5に試乗させていただきました。新型になってからまだ一年なのに、早速にエンジンを中心に手を入れたことで話題です。
乗せていただいたのは2.2リットルのディ-ゼル車。見た目は何も変わりません。相変わらず色も良くスタイリッシュなクルマです。室内も車格に応じた落ちつきと品格を見せ、なかなかに好印象です。
今回手が入ったエンジンは体感的にも力が増しています。アクセルを踏み増した時のピックアップが良いので、街中や高速でもストレスを感じることはありません。音も静かです。ディーゼル特有の感覚は、一定走行時の音と振動で少し感じさせるのみです。
足回りは地面の不陸を良く吸収していて乗員には不快な振動は伝えませんが、車体の揺れを上手く制御出来ているとは言えません。ボディーは絶えず振幅の大きな揺れにさらされている感じなので、車酔いに弱い方には堪えるでしょう。ステアリング廻りの剛性もしっかりしている・・・とは感じませんでした。SUVというクルマの性格上か、大きさに応じた味付けなのか、全体にゆっくりめで・・・しっかりと舵が利いて気持ち良く曲がっていく・・・と言うよりは、緊張感を高めすぎないでノビノビと走る・・・という感じです。これはこれで良いのかな・・・とも思いますが、マツダのズーム・ズームや人馬一体・・・などというキャッチフレーズとは違和感を感じます。
基本はこれでも、もう少しサスがピシッと締まった、クルマとの一体感が楽しめるグレードがあれば良いのに・・・と感じた試乗でした。
僕はビートルズ。
本・テレビ・映画の話題

僕はビートルズ。

これまで、多くのマンガは私自身が買ってきましたが、ここ数年はほとんどのものを子どもたちが買ってきます。いい年をしてマンガ・・・と思うことなかれ。多くの大切なことがマンガの中にも隠されています・・・という訳で、いい大人になった我が子たちがマンガを読みふけっていてもいっこうに残念な気持ちになったりはしません。それどころか、最近はどんなものが流行っているのか、どんな傾向にあるのかかえって気になるぐらいです。
そんな私を良く分かっていて、自分たちの気に入ったものがあるとちょくちょく私の元に持ってきます。原作・藤井哲夫、作画・かわぐちかいじの僕はビートルズ・・・このマンガを私の枕元に置いていったのは長男です。
ビートルズをこよなく愛する日本のコピーバンドが、ビートルズ誕生前の時代にタイムスリップしたら・・・そりゃああなた、時代そのものが変わってしまいますよ。果たしてそうでしょうか?・・・歴史は何もかも飲み込んで、人知の及ばぬところですっかり消化してしまうのでしょうか?本人たちはどうなるのでしょう?楽曲をとられてしまったビートルズはどうなるのでしょう?
人間に考えられることは実現する・・・電話も、無線も、飛行機も、月ロケットも、火星探査機まで・・・考えられたことは現実になってきました。と言うことは、タイムマシンやタイムスリップはあり得る事なのでしょうか?・・・夢のような話も案外夢物語では無いのかも。
芳文。
食べ物の話題

芳文。

和歌山市で過ごす日が多くなるとどうしても外食が増えます。いつも食事はとても楽しみですから、それなりにリサーチします。今回伺ったのは和歌山駅の東口近くの芳文さん。駅前大通りのひろとしさんとは姉妹店になるようです。
魚中心のお店かと思いきや、メニューには中華から洋食まで・・・とっても幅広いレパートリー。別に、特にジャンルを区切りたいわけでは無いので、どんなお料理でも美味しければOKです。
エ~と・・・タコブツとカマの塩焼きとすじの土手焼きとイカの天ぷらと・・・それにご飯・・・他に2.3品頼んだでしょうか(3人分ですから少し多めです)。程なく出て来たお料理はどれも新鮮で美味しい。店内には地元の新鮮な魚を・・・とうたっていましたが、その通りの美味しいお料理でした。私が少し残念に思ったのはご飯・・・お酒を飲まない私たちにはご飯の比重はとても大きい。こいつはひろとしの方が美味かったかなあ~。
 
引っ越しました。
その他の話題

引っ越しました。

半年ぶりにグッピーたちが室内の冬水槽から屋外の夏水槽に引っ越しました。水あたりも無いようでみんな結構元気に泳いでいます。元々はこの水槽で大きくなった子達ですからもっともなことなのかも。
外に出てひと月ぐらい経つでしょうか。室内の冬水槽では目立たなかった少し大きい目の個体が目立ちます。外の方が心なしか成長が早い気もします。雨風に打たれながら少し大きい目の水槽で・・・あまり人の手が掛からない方が安気で良いのでしょうか。
それにしても気に掛かるのは水槽の方です。コーナンで買ってきたただの衣装箱・・・この箱いつまで持ってくれるのでしょう。今シーズンは頑張ってもらうとして・・・そろそろ本気で買い換えを考えないと。
ラーメン・MARUHANA(まるはな)。
食べ物の話題

ラーメン・MARUHANA(まるはな)。

久し振りにラーメンを食べに行ってきました。和歌山市のラーメン・MARUHANA(まるはな)。
高速道路を降りると和歌山市方面へ、最初の信号を右に折れると高架下をくぐって右側にあります。飲食店の集合建物の中に有り写真のような目立たない外観ですから見逃す方が多いかも・・・でも、多くの場合は、こんな所に何だろう・・・と思う行列が出来ていますからその行列が目当てです。以前は昼間の営業だけ、麺が無くなったところで閉店・・・と、欲の無いお店でしたがこの所は夜間の営業もしているようです。
スープは豚骨の醤油と塩のみ、それに太麺・細麺や硬め・柔らかめ、トッピングなどの好みを細かに聞いてくれます。私は醤油味の細麺で柔らかめ、それにモヤキャベ(もやしとキャベツのトッピング)入り。並んでいるときにオーダーを聞いてくれるので待ち時間は少なめでラーメンが出て来ます。
所謂豚骨醤油の和歌山ラーメンとは少し違ったコクのあるスープ、深みもまろやかさも申し分なし。麺にも工夫があるようでスープだけに頼った味にはしていません。トッピングと麺を次々にかき込んでもなかなかに減らない。くじけそうになる頃にやっと少しずつ先が見えてきます。ボリュームもしっかりあって750円ほど・・・これは人気が出るはずです。
墨攻。
本・テレビ・映画の話題

墨攻。

もう25年も前の漫画ですから、覚えておられる方も少なくなったことでしょう。さらに、そんなにメジャーでもありませんでしたから、ご存じの方は私の予想よりさらに少ないかもしれません。ですがこの漫画・・・実におもしろいのです。
先日来、和歌山市泊まりの機会が増えて、寝る前の楽しみに・・・と引っ張り出してきましたがたちまち止まらなくなり、全11巻を読んでしまいました。悲惨な戦闘場面は多くありますが、最近の漫画のようにとにかく闇雲に暴力的・・・ということはありません。あくまで必要があって戦いがあるのです。
時代設定は2千数百年前の中国。秦の始皇帝が中国統一(まだ中国という概念はなかったでしょうけど)をはじめた頃のお話。自らの理念を説くと共に侵略行為から民を守る防衛集団、墨家。そこの革離(かくり)という男が主人公。想像を絶するすさまじい生き方・・・時代がそうなのか・・・漫画だからとは到底思えない臨場感と迫力です。
ええ~・・・と声が漏れる驚きの結末は言わないでおきます。いやあ~、みんなが一生懸命な物語はいつ読んでも時代を超えておもしろい。